2020年最新|RIDLEY(リドレー)おすすめロードバイク全10台

2020年のRIDLEY(リドレー)からは、グラベルバイク「KANZO SPEED」が初お目見え。ただこのモデル、位置づけはあくまでレースバイク。レースジオメトリでオンロードもオフロードも走行性能に妥協はない。さらに今年はハイエンドモデル「HELIUM SLX」がディスクブレーキ化によるフルモデルチェンジを遂げた。リドレーの最新モデルを1台ずつしっかりチェックしていこう。

RIDLEY(リドレー)とは

2020年メタリックオレンジカラーが追加になった軽量バイクHELIUM X(左)と、新たにラインナップに名を連ねるグラベル"レーシング"バイクのKANZO SPEED(右)
2020年メタリックオレンジカラーが追加になった軽量バイクHELIUM X(左)と、新たにラインナップに名を連ねるグラベル”レーシング”バイクのKANZO SPEED(右)

RIDLEYは1996年創業のベルギーの自転車メーカーである。スタートはシクロクロスで、2005年にフルカーボンフレームの「Xナイト」を世に送り出した。またピュアロードレースにおいても、2007年のツール・ド・フランスでカデル・エヴァンスが同社製ロードバイクに乗り、優勝争いで大接戦を演じる。同年、エヴァンスが世界ランキング1位に君臨したことで、トップブランドのひとつとして名を広めた。

▶リドレーのブランド背景をもっと知る。”RIDLEY” の由来はあの映画監督だった?

自転車競技が国技とされているベルギーは、一方で古くからの街並みや石畳の舗装、そして気象状況などから、世界的にライディングが厳しいことで有名だ。そのような環境下で日々鍛えられ生み出されるバイク群。クオリティは信頼に値すると言えよう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Puck Moonen(@puckmoonen)がシェアした投稿

 ▲オランダの美人プロサイクリスト、Puck Moonen(パックムーネン)×リドレーMTB*

*)日本未入荷モデル

2020年の注目ポイントは?

まずはハイエンドバイク「HELIUM SLX」がディスクブレーキ化。リムブレーキ仕様からの形状を引き継ぎつつ、ディスクブレーキによる強力なストッピングパワーを確実に受け止めるため、カーボン積層の左右バランスが見直された。またスルーアクスル化によるホイールとの一体感は、鋭いハンドリングと高いペダリングパワー伝達を実現している。

2020年のHELIUM SLXはグロッシーなシルバーカラーをベースに、オレンジがかった赤がアクセント。ストレート形状のフルカーボンフォークはカーボン積層から新たに開発。前後12mmスルーアクスル化で、ディスクブレーキの負荷に負けることなく確実に車輪を固定。
2020年のHELIUM SLXはグロッシーなシルバーカラーをベースに、オレンジがかった赤がアクセント。ストレート形状のフルカーボンフォークはカーボン積層から新たに開発。前後12mmスルーアクスル化で、ディスクブレーキの負荷に負けることなく確実に車輪を固定。

グラベル “レーサー” のKANZO SPEED!

グラベル "レーサー" のKANZO SPEED!

2020年はニューフェイスとしてグラベル仕様の「KANZO SPEED」が登場。近年盛り上がりを見せ続けているグラベルロードバイクに対して、リドレーが出した答えは「レースバイク」だった。非常にレーシーな造りで、一般的なグラベルモデルよりもヘッドチューブが短めだ。フォークはグラベルロードながらハンドリングの軽快さをプラスしたストレート形状。フロント&リアともに12mmスルーアクスルで横剛性に強く、ペダリング効率の向上に貢献している。

おすすめ最新モデル全10台

リドレーのロードバイクラインナップは大まかに以下のように展開される

 

  • HELIUM:軽量レースバイク
  • NOAH:エアロロード
  • KANZO SPEED:グラベルレースバイク
  • FENIX:エンデュランスバイク
  • HELIUS:アルミバイク

※TTバイク除く

ここからは各シリーズごとに、モデル1台ずつ見ていこう。

HELIUM シリーズ

超軽量でありながら強靭な剛性感により、世界最高峰の数々のレースに実戦投入されて活躍してきたシリーズ。上記したようにディスク化した「SLX」に始まり、チームエディション、それらを継承した「X」がラインナップされている。

ボリュームアップしたフロントトライアングルはさらなる剛性アップに貢献。伝統の細身のシートステーを継承し、その高い振動吸収性は過酷のパヴェ(石畳)でのテストで実証済みだ。

シリーズを通してヘリウム伝統の細身のシートステーを継承。さらに「SLX DISC」(画像左)はシートステーとシートチューブの接合位置を下げることで、トップチューブと直線的な接合を回避。より振動吸収性の向上に貢献している吸収性の向上に寄与している。
シリーズを通してヘリウム伝統の細身のシートステーを継承。さらに「SLX DISC」(画像左)はシートステーとシートチューブの接合位置を下げることで、トップチューブと直線的な接合を回避。より振動吸収性の向上に貢献している吸収性の向上に寄与している。

またケーブル類のワイヤリングを見直し、ブレーキケーブルも内装化。無理のないケーブルの取り回しは、よりスムーズなハンドリングを実現している。

 

「SLX DISC」はケーブル完全内装設計。エアロ効果にも優れる(左)。「SLX TEAM」「X」でもケーブルはフレーム内蔵だ(右)。
「SLX DISC」はケーブル完全内装設計。エアロ効果にも優れる(左)。「SLX TEAM」「X」でもケーブルはフレーム内蔵だ(右)。

ストレートタイプのフロントフォークは優れた反応性とコーナーリング性を発揮し、刻々と変化するレース展開において一瞬の隙も逃さない。

HELIUM SLX DISC

HELIUM SLX DISC

  • フレームセット価格:365,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XXS、XS、S
  • カラー:HSD04As

HELIUM SLX TEAM

HELIUM SLX TEAM

  • フレームセット価格:365,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XXS、XS、S
  • カラー:R-HSLX09As

HELIUM X

HELIUM X
カラー:JP20-08As
  • フレームセット価格:243,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XXS、XS、S、M
  • カラー:JP20-08As、HELX-03Bm

NOAH シリーズ

最先端形状のエアロロードフレーム。ウィンドトンネルでの集中テストを繰り返し、あらゆる角度から優れたエアロ効果を発揮するプロファイルを獲得している。フォークからフレームにかけての一体的な造形に、コード・ワイヤー類が内装化されたハンドルから成るシルエットは模範的エアロロードだ。

新開発されたフロントフォークは「インモールドFサーフェイスプラス」テクノロジーを採用。フレーム表面の気流に微細な乱れを発生させ、この意図的な気流の乱れで、滑らかな翼形状よりも平均7%の空気抵抗低減を実現している。

 

ヘッドチューブ、ダウンチューブ、フォークにくぼみを持たせた、独自のカーボン整形技術”インモールドF-サーファス+”。ボトムには乱気流の発生を抑えるF-Wingsが装備(NOAH SL DISC AERO PLUSを除く)。
ヘッドチューブ、ダウンチューブ、フォークにくぼみを持たせた、独自のカーボン整形技術”インモールドF-サーファス+”。ボトムには乱気流の発生を抑えるF-Wingsが装備(NOAH SL DISC AERO PLUSを除く)。

NOAH FAST DISC TEAM

NOAH FAST DISC TEAM
カラー:R-NFD09As:LOTTO 2019 DISC
  • フレームセット価格:476,000円(NFD01Am/税抜)
              486,000円(R-NFD09As/税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XS、S、M(NFD01Amのみ)
  • カラー:NFD01Am、R-NFD09As

NOAH FAST DISC

NOAH FAST DISC
カラー:NFD01Am
  • フレームセット価格:476,000円(NFD01Am/税抜)
              486,000円(R-NFD09As/税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XS、S、M(NFD01Amのみ)
  • カラー:NFD01Am、R-NFD09As

NOAH FAST

NOAH FAST

  • フレームセット価格:476,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XS、S
  • カラー:NFD01Am

NOAH SL DISC AERO PLUS

NOAH SL DISC AERO PLUS

  • フレームセット価格:460,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XS
  • カラー:NSL07Cms

KANZO SPEED

KANZO SPEED

昨今人気を放つグラベル仕様バイク。36mmのタイヤクリアランスを持ち、その設計によりレーシングジオメトリーが可能となった。ハンドリングと直進安定のバランスが最適化されており、トレイルのあらゆるセクションにおいて思いのまま駆け抜けられる。様々なセットアップのスペースを残すとともに、マッドガードも装着可。

 

36Cのタイヤまで装着可能なタイヤクリアランスを持つ。俊敏性重視のロードタイヤでもダートでの走破性重視のタイヤでも。
36Cのタイヤまで装着可能なタイヤクリアランスを持つ。俊敏性重視のロードタイヤでも、ダートでの走破性重視のタイヤでも。

またフレームとフォークのスルーアクスルがバイクとホイール接合部分の剛性を高めている。さらにフラットマウントディスクブレーキにより、オンロードでもオフロードでもあらゆる条件でのバイクコントロール性を向上。

KANZO SPEED

KANZO SPEED

  • フレームセット価格:243,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:XXS、XS、S、M
  • カラー:JP20-07As

FENIX SL

オールラウンドなエンデュランスバイク。フレームとフォークは強力なディスクブレーキがもたらすストレスに対処するため、カーボンレイアップを強化している。さらに捻れを防止するためにスルーアクスル化。

 

ディスクブレーキ専用に、フレームとフォークは再設計された。ディスクブレーキの性能をフルに発揮させることで、キャリパーブレーキと比較し15%ストッピングパワーが増加。
ディスクブレーキ専用に、フレームとフォークは再設計された。ディスクブレーキの性能をフルに発揮させることで、キャリパーブレーキと比較し15%ストッピングパワーが増加。

フレームは振動吸収性の向上を狙い、シートステーとシートチューブの接合部がキャリパーブレーキバージョンのフレームよりも下がった位置となっている。一方、エンドもスルーアクスル化することで横剛性を高めており、ペダリングパワーを無駄なく推進力に繋げることに成功。

 

数量限定のグライペル記念カラー
数量限定のグライペル記念カラー

FENIX SL DISC

FENIX SL DISC
カラー:D718As
  • 完成車価格:334,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • サイズ:XXS、XS、S、M
  • カラー:JP19-02As、JP19-02Bs、D718As

HELIUM SLA

上位機種「HELIUM SLX」のテクノロジーを継承したアルミバイク。ベントされたシートステーを踏襲して軽量性と高い振動吸収性を備えており、横剛性を確保している。空力性能を考慮して作られたストレートブレードフォークは、優れた反応性とコーナーリング性を発揮して軽量化にも成功。

 

ストレートタイプのフルカーボンフォークに、ヘリウム伝統の細身のシートステーはアルミで再現。確かに上位機種のテクノロジーが息づいている。
ストレートタイプのフルカーボンフォークに、ヘリウム伝統の細身のシートステーはアルミで再現。確かに上位機種のテクノロジーが息づいている。

ケーブル類はフレーム内蔵式で、マシンの見栄えも良い。2019年に新設された「SPORTS LINE」からの一台で、廉価でエントリーライダーに優しい乗り心地を提供する。

HELIUM SLA

HELIUM SLA
カラー:JP19-03Bs
  • 完成車価格:129,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・ソラ
  • サイズ:XXS、XS、S、M
  • カラー:JP19-03As、JP19-03Bs

2019年モデルはこちらから

上記HELIUM SLAを内包する「SPORTS LINE」の新設に加え、エアロロード「NOAH」がフルモデルチェンジした2019年。昨年のモデルラインナップもチェックしたい人はこちらから。

まとめ

モットーに「BUILT FOR GLORY」を掲げるRIDLEY。それはレースに勝つことを使命としたプロから、厳しい峠を登りきったホビーライダーまで、様々な人による「栄光」を意味する。何よりも、それはRIDLEY自身に課せられた命題だ。高性能のフレーム造り、そして評価の高いペインティングで、その命題に常にチャレンジしている。あなたも乗ってみるがいい。きっとその挑戦が走りに直結していることがわかるだろう。

All photos (C)Ridley Japan
公式HP:RIDLEY

増渕俊之

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事