The SufferfestとWahooが「All In」インドアトレーニングプランを発表

時間に追われるアスリートのための包括的なトレーニングプラットフォームであり、Wahoo Fitnessの傘下にあるThe Sufferfest(サファーフェスト)は3月26日、世界的な健康危機に直面し、外出することがままならないアスリートのために特別に設計されたトレーニングプランのリリースを発表した。

4週間の「All In(オールイン)」トレーニングプランとは

4週間の「All In(オールイン)」トレーニングプランは完全にインドアベースであり、ヨガ、筋力、メンタルトレーニングに重点が置かれている。各インドアプランでは、サイクリング、マルチスポーツ、クロストレーニングなどの異なるトレーニングに焦点を当て、サファーフェストヨガと筋力トレーニングのビデオライブラリからのセッションが組み込まれている。アスリートが本質的なポジティブシンキングと目標設定スキルを身に付けられるよう、各プランにはサファーフェストのメンタルタフネスプログラムからのセッションも含まれている。数十年に及ぶスポーツの最高レベルでの知見を活かし、プランはWahooのスポーツサイエンスチームによってこの前例のない危機の最中にアスリートが屋内にとどまり、モチベーションを維持しながらフィットネスレベルを向上させるのに役立つよう設計されている。

「All In(オールイン)」トレーニングプラン

「現在のパンデミックは私たちの日常生活のあらゆる側面を混乱させました」とWahoo Fitness Sufferfest部門の責任者であるDavid McQuillenはコメントしている。「Wahoo Fitnessの全員が明日のワークアウトよりもはるかに重要なことがあることを理解していますが、運動には精神的、肉体的な心地よさや癒しの効果があることも理解しています。人々の社会的な隔絶と孤立は、フィットネスレベルを維持または改善しようとするアスリートに多くの課題をもたらします。私たちのスポーツサイエンスチームは、これらの包括的な4週間のプランを作成しました。具体的には、在宅でもアスリートが自身の目標を再定義し、責任を持ってトレーニングし、肉体的、精神的な改善、向上を助けます。」

その時その時のチャレンジや仮想イベントとは対照的に、これらのオールインプランは構造化されており、進歩的であり、アスリートがオーバートレーニングになることを防ぎつつ健康を維持できるように十分なトレーニング負荷を提供するように設計されている。それぞれのプランは焦点が異なる領域を提供し、屋外やグループアクティビティの代わりをするように設計されている。サイクリストはライドの数や筋力トレーニングレベルを変えることができる。

非常に多くのシーズン前半のレースのキャンセルを管理するために、クロストレーニングに集中しているアスリートはこの時間を利用し、主要な身体的目標の達成をサポートするために必要な筋力とフィットネスレベルを向上させられる。一方、ヨガに焦点を合わせたプランは、アスリートが徐々にハードなセッションに取り組めるよう設計されており、これまでヨガをしたことがない人にとって特に重要である。

誰もがプランにアクセスできるようにするために、The Sufferfestはプロモーションコード「ALLINSUFPLAN」を通じて、新規ユーザーに無料の月額サブスクリプションを提供している。詳しくはhttp://thesuf.com/ALLINを確認して欲しい。

The Sufferfestについて

The Sufferfest(サファーフェスト)は、日々時間に追われるサイクリストやトライアスリート向けの包括的なトレーニングアプリケーションである。ユーザーはトップコーチによって設計されたワークアウトライブラリや、100ものトレーニングプラン、サイクリスト向け筋力トレーニング、サイクリスト向けヨガ、10週間のメンタルタフネスプログラムにアクセスできる。The Sufferfest 4DPプラットフォームは、アスリートごとの完全なパワープロファイルをもとにメニューをパーソナライズして、最も効果的なプランを作成する。スマートトレーナー、パワーメーター、ケイデンスセンサー、心拍数モニターを利用することで、アスリートは特定の目標に向けてトレーニングし、パフォーマンスデータを分析できる。サファーフェストはiOS、macOS、Windowsで利用できる。詳細はthesufferfest.comにアクセスして確認して欲しい。

Wahooについて

ジョージア州アトランタにあるWahooは、ランナー、サイクリスト、一般的なフィットネス愛好家向けのセンサーとデバイスの完全なエコシステムを構築している。Wahooの受賞歴のある製品には、KICKRファミリーのスマートトレーナーとアクセサリー、ELEMNTファミリーのサイクルコンピューター、TICKRファミリーの心拍数センサーが含まれる。jp.wahoofitness.comでWahooの全製品とアプリの詳細をご覧いただきたい。


LINK:Wahoo Fitness Japan株式会社

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事