ラファが弱虫ペダルサイクリングチームとのパートナーシップを発表|自転車レースをより身近な存在に

この度、Rapha Racing株式会社は弱虫ペダルサイクリングチームと2年間のパートナーシップ契約を結んだ。2020年シーズンよりロード、MTB、シクロクロス、さらには拡大しつつあるグラベル系を含め広いジャンルを通して日本の自転車レースをより身近な存在としていき、特により多くの子供達に夢を与えられるように展開していく。

ラファがチームとパートナーシップを組む事により、単にジャージを作るだけではなく、レーサーとの距離が縮まり、レースの世界を変えていく影響を与えることができる。渡辺航先生の作品とともに新たにストーリーを伝え、ファンとの交流を深めていく。「弱虫ペダル」は日本にとどまらずアジア方面でも高い人気を誇り、シクロクロスでは遠征予定の北米やヨーロッパへも影響を与えていく。

当然ラファがデザインしラファカスタムで作るチーム・キットにも注目が集まる。渡辺先生が新しいジャージ用に書き下ろした「集中線」をあしらい積極的にレースする選手の躍動感を更に高める。そして、ラファといえば商品毎に隠れた場所に縫い付けられているストーリーラベル。ストーリーラベルは渡辺先生から、競う選手への強いメッセージが書かれている。

ファンの為にコア・ジャージに始まり、多数のアクセサリーの販売を準備中。調整中となるがファン向けのチーム・プレゼンテーションにて受注会を行う予定である。

渡辺航先生からのコメント

この度世界的自転車アパレルメーカーRaphaさんの協力を得て「弱虫ペダルサイクリングチーム」の新しいウェアキットが完成しました!
どこにも似ないオリジナリティとシンプルなデザイン、着心地もよく、疲れを軽減、一度見たら忘れない強いインパクトはレースで目立って勝ちを目指す力になると確信しています!
皆様も応援よろしくお願いします!

渡辺航先生イラスト

弱虫ペダルサイクリングチームについて

人気コミック「弱虫ペダル」オフィシャルチームとして2014年に発足。チームの主眼として世界に通用する若手選手の育成に取り組み続けており、活動は国内レースにとどまらず海外レース参戦や海外チームへの選手派遣も行っている。またロードレースのみならずシクロクロスレースやMTBレースにも積極的に取り組んでおり、特に6シーズンに渡りチャレンジを続けているシクロクロスに関しては、直近となる2019-2020シーズンにおいて男子エリート&男子U23の全日本選手権ダブルタイトルを獲得している。

ラファについて

ラファはロードサイクリストのための高品質で美しいウェアを作るために2004年に設立された。都市を行くコミューターから世界最高レベルのプロチームまで、すべてのロードサイクリストが袖を通すブランドになった今も、サイクルウェアの革新のために限界に挑戦し続けている。また、ラファは情熱的なサイクリストがメンバーとして集う、サイクリングクラブとしては世界最大の世界的なコミュニティ、ラファ サイクリング クラブ(RCC)を擁している。ラファの販売スタイルと独自のブランドバリューは、カフェと自転車文化をひとつの場で提供する、クラブハウスというラファ直営店の世界的なネットワークによって体現化されている。

 

LINK:Rapha Racing株式会社

LINK:弱虫ペダルサイクリングチーム

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事