Wahoo は ELEMNT GPS サイクルコンピューターシリーズにe-バイク向けANT+ LEVプロトコルの通信機能を実装

テックフィットネスのトップブランドであるWahooは、人気のGPSサイクルコンピューターにANT+ LEVでの通信機能を実装した。これにより、同プロトコルを採用するe-バイクと接続し、各種情報をELEMNTに表示することが可能となる。

(ジョージア州アトランタ-2020年3月10日)- GPSサイクルコンピューターとスマートトレーニング製品のグローバルリーダーであるWahoo Fitnessは10日、ELEMNTファームウェアの新しいアップデートを発表した。この更新により、ユーザーはELEMNT GPSサイクルコンピューター(ELEMNT、ELEMNT BOLT、および ELEMNT ROAM。以下、ELEMNT。)を、ANT+ LEV通信に対応したe-バイクと接続することができる。

LEVはLight Electric Vehiclesの略称で、軽量な電動車両全般を指す用語。ANT+ LEVプロトコルは、ANT+に規定されているデバイスプロファイルの一つであり、現在の速度、走行距離、バッテリー残量と範囲、現在の状態などさまざまな情報を車両側から表示デバイスに提供する。ANT+ LEVに対応したデバイスは、これらの情報をユーザーに伝えるために使用される。

現時点で ELEMNT との接続確認が取れているブランド、機種は以下の通り。

  • SPECIALIZED:
    ANT+通信を備える全ての2019、2020年モデルの Turbo Bikes(CREO SL、LEVO SL)
  • GIANT:
    ANT+通信を備える2020年モデルの eMTB(TRANCE E+ PRO、FATHOM E+ PRO)

今回の更新により、ライド情報の記録、GPSナビゲーション、およびe-バイクの車両情報が一つの表示デバイスで利用可能になり、大きく市場が伸びているe-バイクのユーザーにとってシンプルかつ強力な選択肢を提供することができる。

wahoofitness.comでWahooの全製品の詳細をご覧いただきたい。

ELEMNT ROAM 上にて ANT+ LEV 情報が表示されている様子 (日本語設定時には日本語で表示される。)
ELEMNT ROAM 上にて ANT+ LEV 情報が表示されている様子
(日本語設定時には日本語で表示される。)

 

ELEMNT Companion app 上にてライド後の e-バイク使用モードの履歴を表示している様子 (日本語設定時には日本語で表示される。)
ELEMNT Companion app 上にてライド後の e-バイク使用モードの履歴を表示している様子
(日本語設定時には日本語で表示される。)

Wahoo について

ジョージア州アトランタにある Wahoo は、ランナー、サイクリスト、一般的なフィットネス愛好家向けのセンサーとデバイスの完全なエコシステムを構築している。Wahoo の受賞歴のある製品には、KICKR ファミリーのスマートトレーナーとアクセサリー、ELEMNT ファミリーのサイクルコンピューター、TICKR ファミリーの心拍数センサーが含まれる。
jp.wahoofitness.comでWahoo の全製品とアプリの詳細をご覧いただきたい。

LINK:Wahoo Fitness Japan 株式会社

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事