世界で18億円超の販売実績!オフロード対応 折り畳み式アシスト自転車「MATE X」の日本限定モデルが登場!

CAMPFIREで4月8日よりクラウドファンディング開始

MATE BIKE INTERNATIONAL(本社:デンマーク コペンハーゲン、代表者:Christian Adel MichaelとJulie Kronstrom姉弟)は、海外のクラウドファンディングで18億円、3万人を超える支援を集めた、極太タイヤ採用の折り畳み式アシスト自転車「MATE X」を「CAMPFIRE」にて2020年4月8日(水)より予約販売開始した。

海外のクラウドファンディング実施時には速度規制により日本の道路は走行できない仕様であったが、日本の方から多数のリクエストを受け、日本の公道を走行可能な日本限定モデルを開発した。

URL: https://camp-fire.jp/projects/view/235477

「MATE X」について

2016年に海外のクラウドファンディングで7億円を超える支援を集めた折り畳み式アシスト自転車「MATE」の新モデル。従来同様、衝撃を吸収するフルサスペンション機能や、バッテリー残量や速度が一目でわかる小型モニターを搭載。またUSBポート搭載でスマホの充電も可能となる。さらに、3ステップで簡単に折り畳め、高さ78センチ、長さ103センチ、幅59センチにまで縮小する (展開時は高さ124センチ、長さ180センチ、幅65センチ)。

MATE X
簡単に折り畳めむことができる

極太タイヤを装備

幅4インチ(10cm)、直径20インチ(51cm)の極太タイヤで安定した車体コントロールとハンドリングを実現。雨や雪の日など荒天時にも対応可能で、パンクなどのリスクも軽減する。

また、従来の「MATE」に極太タイヤを装備しただけでなく、タイヤに合わせて、従来のモデルよりもフレームやハンドルはより大きく、長く設計されている。

豊富なカラーバリエーション

車体のデザイン変更に伴い、カラーも一新。サブデュードブラック (マット)、ホワイトアイス、バーントオレンジ、デザートストーム (マット)を追加。カラーリングを通じて、「もっと自由に、さっそうと、誰も知らない道を」というMATE Xのコンセプトを表現している。

豊富なカラーバリエーション

豊富なカラーバリエーション

プロジェクト概要

プロジェクト名:「MATE X」今話題の高性能お買い得な折りたたみ電動自転車を日本で公開!
期間:2020年4月8日(水)~5月23日(土)
URL: https://camp-fire.jp/projects/view/235477
目標金額:3,250,000円
リターン(返礼品):
MATE X 250 149,000円(税込・送料込)※早期特典42%OFF
MATE X 250+ 159,000円(税込・送料込)※早期特典48%OFF
MATE X 750 169,000円(税込・送料込)※早期特典54%OFF

商品仕様

商品仕様

MATE BIKE INTERNATIONALについて

Christian Adel MichaelとJulie Kronstromの姉弟が創業した、デンマークのコペンハーゲンに拠点を置く自転車メーカー。2016年に「MATE X」の前身となる「MATE」を発表し、クラウドファンディングで7億円を超える資金を調達した。

公式ホームページ: https://www.mate.bike/


株式会社CAMPFIREについて

同社はあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししている。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2020年3月30日時点)までに31,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ210万人以上、流通金額は186億円に達した。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくっていく。


株式会社CAMPFIRE: https://campfire.co.jp
クラウドファンディング「CAMPFIRE」: https://camp-fire.jp

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事