通勤通学にもおすすめ! 自転車ショップ店員に聞いたお手頃のロードバイク5選!

春はサイクリングのベストシーズン。ロードバイクをはじめるのにもぴったりの季節です。今回は動画クリエイターの今田イマオさんがワイズロード上野本館におじゃまして、スタッフのかなざわさんに春からロードバイクを始めたい方に向けて、おすすめのバイクを5台紹介してもらいました。

価格帯としては8万円台から12万円台まで、比較的お求めやすいものを厳選してご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

TREK・Domane AL

TREK・Domane AL

TREKはアメリカ3大ブランドの1つ。最大のシェアを誇る総合自転車メーカーです。プロが使用する最高のレーシングバイクから入門編まで幅広いラインナップがあり、“BEST IN CLASS”の理念のもと、それぞれの価格帯で最高のバイクを提供しています。

TREK・Domane AL

TREK・Domane AL

ペダルが付属

エントリーモデルのDomane ALは、税抜き85,000円。10万円を切る価格ながら、ロードバイクでは珍しくペダルが付属しています。

しかも、ペダルはトゥクリップつき。ペダルがついているかどうかはメーカーにより異なりますが、ついていると初心者は手が出しやすいですね。

  • フレーム素材:アルミ
  • コンポ:シマノ・クラリス
  • 価格:85,000円(税抜)

Cannondale CAAD Optimo Sora

Cannondale CAAD Optimo Sora

CannondaleはTREK、SPECIALIZEDと並ぶアメリカ3大ブランドの1つ。CAAD Optimoは、キャノンデールのエントリーロードです。

ちなみに価格は10万円。さきほどのドマーネと比べると、付いているパーツのグレードが1グレード上になります。フレームはアルミ、トゥクリップ付きのペダルが付属でつきます。

Cannondale CAAD Optimo Sora

アルミ溶接が美しい!

Cannondale CAAD Optimo Sora

キャノンデールの魅力は、アルミフレームの中でも特に溶接が綺麗なこと。その美しさはパッと見、カーボンと見紛うほどです。手軽に始めたい方におすすめします。

  • フレーム素材:アルミ
  • コンポ:シマノ・ソラ
  • 価格:100,000円(税抜)

FUJI BALLAD OMEGA

FUJI BALLAD OMEGA

FUJIと聞くと「日本のメーカー?」と思う方も多いでしょう。FUJIは日本で誕生し、100年以上の歴史を持つ自転車メーカー。輸出先のアメリカで評価され、今はアメリカのメーカーとして、世界的なブランドになっています。

FUJI BALLAD OMEGA

FUJI BALLAD OMEGA

男のロマン!クロモリフレーム

FUJI BALLAD OMEGA

FUJI BALLAD OMEGAは、今回ご紹介するバイクの中で唯一のクロモリフレーム。クロモリはアルミに比べ剛性が高く、細く美しいフレームのバイクが作れます。

細くてカッコいいフォルムはクロモリの特徴。アルミやカーボンとはまた違った乗り味があるので、クロモリ指名で探すファンも多いそうです。

「このギラギラのカラーリングがいいですよね!男の子心がね、ウズウズする」とイマオさん。これぞ男のロマンですね!

  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポ:シマノ・ソラ
  • 価格:115,000円(税抜)

▶クロモリの特徴と魅力についてはこちら

Bianchi Via Nirone 7

Bianchi Via Nirone 7

Bianchiはイタリアを代表するブランド。現存する最古の自転車メーカーとしても知られています。ビアンキを象徴する色がイタリア語で「天空」を意味するチェレステ。男性にも女性にも人気があります。

ビアンキをはじめとするイタリアブランドの自転車は、オシャレだけど価格が高いというイメージをお持ちの方も多いでしょう。Bianchi Via Nirone 7は、SORA仕様で12万円。気になっている方には、ぜひ実物を見ていただきたいです!

Bianchi Via Nirone 7

Bianchi Via Nirone 7

内装式ワイヤーで見た目すっきり

ワイヤーは内装式で見た目もスッキリ

こちらのモデルは、ワイヤーが内装式。外に出ている外装式に比べてすっきり感があり、美しく見えます。内装式のワイヤーはこの価格帯ではかなりお得感がありますよ!

サドルもチェレステ仕様

サドルもチェレステカラー

なんどサドルもチェレステ仕様。このモデルを買わないと付いてこないサドルです。

荒北さんも乗っているビアンキ

ビアンキといえば『弱虫ペダル』の荒北さんが乗っているブランド。荒北さんに憧れて、ビアンキを求める方も多いそうです。これから実写映画も公開されるので、さらに「欲しい!」という方が増えるかもしれませんね。

▶荒北さん以外のキャラクターが乗っているモデルはこちら

  • フレーム素材:アルミ
  • コンポ:シマノ・ソラ
  • 価格:125,000円

PINARELLO PRIMA

PINARELLO PRIMA

ピナレロはイタリアらしい洗練されたデザインと高性能で知られる名門ブランド。上位モデルでは50万円台も普通という高級ブランドですが、こちらはSORA仕様で128,000円。憧れの名車が12万円台ではじめられるのは驚きですね。

PINARELLO PRIMA

PINARELLO PRIMA

ONDAフォーク搭載!

ONDAフォーク

ピナレロの特徴は、波打つカーブを描いたフロントフォーク。「ONDAフォーク」を搭載することにより、カッコよさと快適性の両立を実現しています。

PRIMAに採用されているのは、東レのT-600カーボンを使用した少し前のデザイン。これがあるとひとめでピナレロだとわかるので、ピナレロ好きの方にはたまらないですね!

  • フレーム素材:アルミ
  • コンポ:シマノ・ソラ
  • 価格:128,000円

 


今回ご紹介したのはごく一部です。気になる方はお店に足を運んで、相談してみましょう。その際、予算・用途などを伝えると、ご自分に合ったバイクが選びやすくなります。お店に行く前に、ぜひ動画をチェックしてみてください!

 

Bianchi VIA NIRONEはワイズロードオンラインストアから購入相談予約が可能です。

その他ロードバイクのラインナップはこちら 

 

取材協力:ワイズロード上野本館

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事