自転車で行こう! 自転車通勤を応援する #biketowork2020 7月2日(木)渋谷で実施

特定非営利活動法人バイシクル エコロジー ジャパン (以下、バイシクル エコロジー ジャパン) は、新しい社会のニューノーマルとして自転車を積極的に活用する社会の実現に向けて、最寄り駅までではなく目的地までを自転車で移動しようという「Bike to」キャンペーンを6月上旬に開始し、そのキャンペーンの一環として、自転車通勤を応援する「Bike to Work 2020」( ハッシュタグ #biketowork2020 ) を7月2日(木)渋谷のFREITAG STORE TOKYO SHIBUYAにて開催する。

Bike to Work 2020(ロゴ)

「Bike to Work 2020」は、自転車をもっと日常の移動手段の一つとしてアップデートしようという試みで、すでに自転車通勤をしている人はもちろん、興味を持っている人たち、そして既存の公共交通機関に代わる移動手段を探している人たちを応援しようというもの。7月2日の午前中、キャットストリートに面したFREITAG STORE TOKYO SHIBUYAの駐車場には、この活動にご賛同していただいた企業やショップにご協力いただき、自転車との楽しいライススタイルの提案やキャンペーンの説明、自転車通勤の悩み相談や簡単なバイクチェックなど、自転車に乗っていてもそうでなくても誰でも気軽に立ち寄れるスペースを展開する。アイスコーヒー片手に自転車談義など、普段忙しない通勤時間を少し早めに出かけて立ち寄ってもらうことで、新しい仲間や情報に出会える場を提供する。

「Bike to Work」はバイシクル エコロジー ジャパンが2007年11月に開始した、自転車通勤をしている人や始めたい人へのきっかけづくりの取り組みで、当時、環境問題や地球温暖化などへの注目が高まり、生活スタイルの改善への一つとして、国内保有台数が7千万台以上あるといわれた自転車を活用したBike to Work(自転車通勤)を推進しようと、東京のみならず、北は北海道から南は九州の福岡まで合計7都市において実施してきた。その後、東日本大震災を経て都心部では自転車通勤が注目を集めたこともあったが、諸外国の大都市における自転車通勤やシェアサイクルの活用など自転車利用が過去10年ほどで著しく活性化する中、東京における自転車通勤は増加傾向にありつつも、新しい生活スタイルとして定着するまでにはまだ至っていないとバイシクル エコロジー ジャパンでは捉えている。

6月初旬に立ち上げた「Bike to」キャンペーンは主にSNSを活用して、自転車で目的地へ向かうこと「Bike to ◯◯」を応援、そして仲間やコミュニティで共有、シェアすることで、ムーブメントを醸成することを試みる。自転車で目的地に向かう姿や目的地での写真などを、#biketo と #bicycleecologyjapan のハッシュタグをつけた投稿を促している。投稿の一部はバイシクル エコロジー ジャパンのSNSやブログなどでもリポストやシェアしている。

これまでの環境問題や健康促進といった文脈で語られることが多かった自転車の活用は、新型コロナウィルス感染症と共存する新しい社会のニューノーマルとして、今世界中で注目されている。例えば #biketo 及び #biketowork2020といったバイシクル エコロジー ジャパンの活動に賛同いただいたサイクリングブランドのラファでは、ブリティッシュサイクリングが主導する自転車利用促進活動「#ChooseCycling」というキャンペーンをグローバルで発信し、さらに都市部での自転車の普及やしっかりとした走行インフラの整備を推進する団体を対象とした年間150万ドル(約1億6千万)の寄付を行うことを発表している。

自転車を活用した健康的でより豊かなライフルスタイルへの一歩を、「Bike to Work 2020」では後押しする。

Bike to Work 2020 開催概要

日時:2020年7月2日 午前9時頃~11時頃まで (※雨天延期)
※前日17時時点で翌日降水確率50%以上の場合は予備日7月9日(木)に延期
※延期の場合はバイシクル エコロジー ジャパンのSNS等で告知します
場所: FREITAG STORE TOKYO SHIBUYA キャットストリート側駐車場
東京都渋谷区神宮前6-19-18
実施内容:

  1. 自転車できた人もそうでない人も一息つける場所の提供
  2. 自転車を活用したライフスタイルの提案、自転車通勤に関する情報発信等
  3. #Biketo や#biketowork2020 そして#choosecyclingといったハッシュタグをつけたSNSポストを通じたムーブメント醸成の訴求
  4. 空気入れ等簡易的なメンテナンスツール等の提供 等

主催:特定非営利活動法人バイシクル エコロジー ジャパン
協力:FREITAG, Bicycle Coffee, Rapha, 430, Pelago BICYCLES, WBASE (順不同)
お問合せ:バイシクル エコロジー ジャパン info@bejapan.org

Bike to キャンペーン SNS投稿について

  1. バイシクル エコロジー ジャパンのSNSアカウントをフォロー
    Instagram @bicycleecologyjapan
    Twitter @BEJapan
    Facebook @bejapan
  2. 自転車でどこかに行く、あるいは行った、という写真を、#biketo #bicycleecologyjapan のハッシュタグをつけてSNSに投稿(Instagramを推奨します)
    ※ 今後Bike toのInstagramのスタンプを登録予定

特定非営利活動法人バイシクル エコロジー ジャパンについて

バイシクル エコロジー ジャパンは、世界規模で抱えている環境問題を小さな事から変えていく為に、人力を動力とした移動手段として、またスポーツ文化として200年もの間貢献してきた「自転車」を軸とした環境保護活動を進める。バイシクル エコロジー ジャパンは1970年代にアメリカで提唱された、バイシクル(自転車) と、エコロジー(環境保護)を組み合わせた造語である「バイコロジー」を概念と理想に掲げ、自転車活用による健康への効果や災害時の役割についての研究、自転車通勤促進、交通安全講習、持続可能な自転車ライフスタイルの提案、サイクリング道路の整備推進、自転車による持続可能な循環型経済社会を創ること等の活動を薦める事を使命とする。


LINK: 特定非営利活動法人バイシクルエコロジージャパン

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事