8月14日公開『弱虫ペダル』自転車

映画『弱虫ペダル』の使用自転車を一挙紹介!永瀬廉の機体はクロモリ!伊藤健太郎はあのロードバイクで山攻め!?

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで67巻が既刊されている大人気コミック。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされている「弱虫ペダル」がついに8月14日(金)に実写映画として全国公開!

©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

本作の主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ さかみち)。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなった坂道が、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのためにレースでの勝利を目指す、熱い青春ストーリーだ。

原作ファンや自転車ファンのみならず、実際にロードバイクデビューを果たした人が続出するほど、かつてない自転車ブームを巻き起こした『弱虫ペダル』。初の実写映画化となる今作でも、坂道を演じる永瀬廉(King & Prince)をはじめ、クールな新人エース今泉役の伊藤健太郎や、浪速のスピードマン鳴子役の坂東龍汰らキャスト陣が初のロードバイクに挑戦!ハードなトレーニングを積み、実際にロードバイクを走らせた撮影が敢行された。そんな彼らが撮影で使用したロードバイクは、原作で坂道たちが乗っている自転車と同じブランド、カラーリングになるよう特注で用意されたこだわりの機体となっている!
今回は、撮影中のメイキングカットを中心にチーム総北の自転車を一挙ご紹介。CG一切なしで撮影された迫力ある走りを支えたロードバイクの数々をご覧あれ!

シンプルながら坂道の走りを支える愛機!「クロモリ」(映画オリジナル)

坂道の走りを支える愛機!「クロモリ」(映画オリジナル)
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)の実家であるサイクルショップカンザキが坂道のために用意した一台。フレームには、アルミやカーボンよりも上質な走り心地とされているクロモリが使われており走りやすい設計がされている。スポーツの経験がない坂道だが、「クロモリ」と出会うやいなやすぐに乗りこなし、周囲が驚くほどの急成長を見せ、そのポテンシャルを開花。ママチャリで身に着けた軽やかな走りとその小柄な体格から、激しい登り坂を得意とするクライマーとしての資質を見出される。仲間との出会いを経験し「クロモリ」で走る喜びを感じ坂道!彼の驚異的な走りに注目だ。

一年生エースの今泉が乗るのはオールラウンドな一台!「SCOTT 19 ADDICT 30」(SCOTT)

(右)「SCOTT 19 ADDICT 30」(SCOTT)
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

中学生時代から注目されてきた今泉が乗るのは、軽量なオールラウンダーモデルとしてアスリートからも根強い人気を誇るSCOTTのADDICTシリーズ。どのような場面でも高いレベルの走りが要求されるオールラウンドタイプの今泉にぴったりのモデルだ。一見クールに見える今泉だが、根は熱い気持ちの持ち主で負けず嫌い。一年生エースとしてのプレッシャーを感じつつも愛車であるSCOTTとともにひたすら練習を繰り返し、チーム総北をけん引していく存在を目指す!

“浪速のスピードマン”鳴子の燃え上がる闘志色!?「PINARELLO ANGLIRU Carbon T600」(PINARELLO)

「PINARELLO ANGLIRU Carbon T600」(PINARELLO)
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

目立つのが大好きでとにかくスピードにこだわる鳴子が乗っている機体は、イタリアの名門ブランドPINARELLOのANGLIRU。燃え上がるような赤色と弓なりのフレームが特徴的な一台は、闘志をむき出しにしてエネルギッシュな走りを見せる鳴子とベストマッチ。そんな鳴子は爆発的な加速を見せるスプリンタータイプで、苦手な山道では少し遅れをとることがあるが、下りではそのスピードぐんぐんあげていく。彼の最初の戦いは、総北メンバー一年生のレース対決!ライバル視する今泉との対決ともあって気合十分の鳴子。果たして軍配は誰に上がるのか!?

有名ブランドの名機が多数登場

©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

8月14日公開『弱虫ペダル』自転車
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

その他、チーム総北のキャプテンである金城真護(竜星涼)は、「TREK Domane SLR 8」と共にエースとして貫禄のある走りを見せ、坂道がお手本とする三年の巻島裕介(栁俊太郎)は「TIME VXRS サイズL」で長い手足を活かした軽快なダンシングを披露。そして、巨体を生かしたスプリンターである三年の田所迅(菅原健)は「SPECIALIZED TARMAC SPORT」に乗りそのパワーを余すことなく発揮していく!坂道と同じ一年生で自転車経験者の杉元照文(井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.))も愛車の「COLNAGO A2-r TIAGRA(2020モデル)」とともにチーム総北として勝利を目指す!

坂道が千葉から秋葉原へ通う際に乗っていたママチャリ
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

ちなみに、坂道が千葉から秋葉原へ通う際に乗っていたママチャリは、撮影用に3台の自転車が用意されており撮影に応じて使い分けられた。細かなところでは、安全を祈ってつけられるお守り(さるぼぼ)が自転車につけられているなど細かな演出も散りばめられている!

坂道が千葉から秋葉原へ通う際に乗っていたママチャリ
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

今回紹介したロードバイク以外にも、有名ブランドの名機が多数登場する本作。原作の設定を忠実に再現しつつ、実写ならではの迫力を臨場感たっぷりに描いた本作をスクリーンでぜひ体験してほしい。

【作品概要】

  • 主演:永瀬廉(King & Prince)
  • 出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、
    井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
  • 原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
  • 監督:三木康一郎
  • 脚本:板谷里乃・三木康一郎
  • 主題歌:King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)
  • 制作プロダクション:デジタル・フロンティア
  • 協力:ワイズロード
  • 製作:「弱虫ペダル」製作委員会
  • 配給:松竹株式会社
  • 公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/
    公式twitter:@yowapeda_eiga  公式Instagram:yowapeda_eiga
  • 制作スケジュール:2020年2月 クランクイン/8月上旬完成予定
  • クレジット表記:©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
  • ストーリー:
    主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通う、運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道(永瀬廉)。あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、””自転車選手としての思わぬ才能を発揮することになる。坂道の良き仲間でライバルでもある今泉俊輔(伊藤健太郎)や、マネージャーの寒咲幹(橋本環奈)、同じ自転車競技部のメンバーとともに自分の限界や壁を越え、初めて出来た「仲間」とともに、レースで走る喜びを見出していくー。
    誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したりー。
    あなたもきっと応援したくなる、誰かに想いを伝えたくなる、今年一番熱い青春ストーリー!

2020年8月14日(金)全国公開!

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事