キャノンデールの新型アルミロードバイク「CAAD OPTIMO」のワイズロード限定オリジナルモデル「CAAD OPTIMO 4 CLARIS」2020 年 8 月2日(日)より発売

キャノンデールの新型アルミロードバイク「CAAD OPTIMO」のワイズロード限定オリジナルモデル「CAAD OPTIMO 4 CLARIS」が販売開始

この度、株式会社ワイ・インターナショナル(本社:東京都豊島区東池袋 1-27-8 代表取締役社長 鳥居 恵一郎)では、キャノンデールの新型アルミロードバイク「CAAD OPTIMO(キャドオプティモ)」のワイズロード限定オリジナルカラー「CAAD OPTIMO 4 CLARIS(キャド オプティモ 4 クラリス)」を 2020年 8月2日(日)より、全国 36 のワイズロード店舗およびワイズロードオンラインストアにて発売を開始した。

ワイズロードで完成車を見る

キャノンデールの「CAAD OPTIMO」は、入門モデルとして高い人気を誇るアルミフレームのロードバイクで、今回フルモデルチェンジを実施した。新型のコンセプトは「レースで優勝を狙える」「スムーズでスピーディーな走り」「お手頃な価格」で、長年アルミロードバイクの最先端を走り続けてきたキャノンデールの経験と技術をつぎ込み進化している。同社の上位モデルである「CAAD13(キャド 13)」のフレームデザインを踏襲し、ペダリングとハンドリングのしやすさが向上。丈夫で軽量、快適な乗り心地のフレーム設計は、より高いパフォーマンスを発揮する。

CAAD OPTIMO 4 CLARIS(キャド オプティモ 4 クラリス)


この度発売となるワイズロード限定オリジナルカラーは、グロスブラックにゴールドロゴを施した高級感のあるデザインに仕上げた。このカラーリングは、キャノンデールのハイエンドモデル「SUPER SIX」からインスパイアされたもの。また、コストパフォーマンスの高い部品を採用することで、さらに価格を抑えることが可能になった。試走した弊社スタッフ全員が「この価格では、信じられないパフォーマンス」と評価している。そのため、初めてのロードバイクから走りにこだわりたい、という方にオススメの一台に仕上がっている。

ドロップシートステーを採用し路面からの衝撃を吸収、コントロール性と乗り心地がアップ
ドロップシートステーを採用し路面からの衝撃を吸収、コントロール性と乗り心地がアップ

「CAAD OPTIMO」ワイズロード限定オリジナルモデル 概要

モデル名:CAAD OPTIMO 4 CLARIS(キャド オプティモ 4 クラリス)
価格:¥90,000+税
オンライン商品ページはこちら

株式会社ワイ・インターナショナルについて

創業:1898年(明治31年)
本社所在:東京都豊島区東池袋 1-27-8 池袋原ビル 5F
事業内容:スポーツサイクル・自転車部品・用品の国内販売、オリジナル商品の企画・製造・販売、スポーツサイクルのメンテナンス・チューンアップ
代表者:代表取締役社長 鳥居 恵一郎
店舗数:直営店舗 Y’s Road36店(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、愛媛県、広島県、福岡県)
ホームページ:http://www.ysroad.net/

LINK: 株式会社 ワイ・インターナショナル

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事