tern ミニベロ ROJI クロスバイク 2021

2021年最新|Tern(ターン)クロスバイク・ミニベロおすすめ全10台【ROJI】

シャープで都会的なTernのセカンドライン「ROJI BIKES」。「路地」を意味する名からわかるとおり、日本限定で始まったプロジェクトも今やアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国に拡大するまでになった。2021年モデルでは「SURGE X」「SHORT HAUL」「GRIT」の3台が新しく名を連ね、いずれもROJIらしさが漂っている。ストリートユースとしての利便性と実用性を兼ね備えた最新アーバンバイクを一挙に紹介しよう。

TernのROJI BIKESとは

カルチャー、ファッション、ライフスタイルなどのエッセンスを取り込むことで誕生したのが「ROJI BIKES」
カルチャー、ファッション、ライフスタイルなどのエッセンスを取り込むことで誕生したのが「ROJI BIKES」

2021年、設立から10年の節目を迎える自転車メーカーTern。先日、e-bike&折りたたみ自転車を紹介したが、今回はクロスバイク&ノンフォールディングミニベロのライン「ROJI BIKES」にクローズアップしてみよう。

▶ROJI BIKESのはじまりを知る

→「日本人のためのバイク「ROJI」

2021年のROJIは”らしさ”抜群の3台が登場

ノンフォールディングのミニベロとアーバンクロスバイクを展開するROJIシリーズ、2021年は目新しいモデルがラインナップ。ひとつずつ紹介していこう。

SURGEの最終兵器!ミニベロエアロロード、X(カイ)登場

フロントのバトンホイールも標準装備

SURGEはミニベロロードシリーズ。その王者として据えられたのがこのSURGE X(サージュ カイ)だ。開発コンセプトはROJI BIKESのフィロソフィーである「Form & Fit」の具現化。日本人の体型やライフスタイルにフィットさせつつ、シンプルで都会的なデザインを目指した。

SURGEシリーズは本機を合わせて4モデルあるが、ディスクブレーキ式はこの1台のみ。ドロップハンドル仕様でコンポーネントにシマノ・105を搭載、フォークはフルカーボン、フロントバトンホイールもカーボン製が採用されている。エアロシェイピングされたホリゾンタルフレームがなんともエッジの効いたモデルだ。

surge X tern 2021
SURGEシリーズ中もっともエアロ感を主張したフレーム。インターナルケーブルでスッキリと。ドライブトレインはシマノ・105の 2×11スピード。

漕ぎ出しが軽い&小回りが効くという小径車の利点にハイスペックな高速走行性能が加わり、都会では無敵の走りを見せるだろう。

ROJIでもミニベロカーゴバイクが登場、SHORT HAUL

shorthaul tern

次は、SHORT HAUL(ショート ホール)。ベーシックデザインはe-bike編でFRAME’s ChoiceとしてピックアップしたHSDとよく似ており、ローステップで低重心化した積載力抜群のカーゴバイクだ。電動アシストは不要、または価格面で手が届かないという人にもおすすめ。

アップライトなポジションで乗りやすく、ライダーの身長許容範囲が広いため家族でシェアすることも可能。MTB用ライザーハンドルバーを採用するなど、HSDとくらべてどこかストリートライクなのもROJIらしい。

大きな特徴である超ロングなオリジナルリアラックはもちろん標準装備。加えて純正フロントラックや、リア用ラージトレー・パニエバッグなども取り付けられる拡張性の高さはさすが。

26インチホイール × BMXハンドルバー = GRIT

grit tern

最後にGRIT(グリット)。BMXハンドルバーが大きな特徴のクロモリ製クロスバイクだ。ディスクブレーキとワイドタイヤで、街中の舗装路だけでなく砂利道やオフロードまで、オールラウンドにライドを楽しめるグラベルバイクを意識した一台となっている。ROJIはそもそも日本で始まったプロジェクト。GRITも26インチホイールを採用するなど日本人の体型やライフスタイルにフィットしつつシンプルで都会的、実にROJIらしいモデルだ。

FRAME’s Choice is…

エントリー層にとって性能と価格のバランスが良い一台をピックアップする「FRAME’s Choice」。ROJI BIKESでは「GRIT」をチョイス!

GRIT

ワイズロードで完成車を見る

多彩なROJI BIKESのラインナップの中でも、特に異彩を放つ「GRIT」。前述のとおり2021年のニューモデルだ。まず、見た目に惚れた。クラシカルな細身のホリゾンタルフレームに、26インチホイールと1.95インチの太めなスモールブロックタイヤを履いた姿。パーツもブラックとシルバーが混在して一見そぐわない様相だが、奇妙にマッチ。アスファルトから悪路までを走破する、マルチパーパスバイクとして高いポテンシャルを秘めている。

ワイルドなツーリングテイストにBMXのツーピースハンドルと、不思議な魅力を醸し出す1台。

ドライブトレインは街乗りに適したシマノ・アルタス。スムーズで直感的なシフティングが楽しめるだろう。天候を問わず安定した制動力を誇るディスクブレーキは、より軽いタッチで使える油圧式。この価格帯で油圧式ディスクブレーキ採用は嬉しいポイントだ。また、ナローワイドチェーンリングでチェーン脱落のリスクも軽減。余分なチェーンガードやリテーナーをプラスするのではなく、潔くフロントシングル&ナローワイドチェーンリングとするあたりがROJIらしい。

ナロー(細い)とワイド(太い)の歯を交互に配し、チェーンをがっちり噛むナローワイドチェーンリング。ブラックとシルバーのパーツが噛み合う様も面白い。

旧さと新しさをミックスしたようなバイクであり、コミューティングから休日の冒険としてオフロードにも挑戦できるモデル。都会的であり、スローライフ的でもある「GRIT」は、あなたのサイクリングを無限の可能性に変えてくれる「相棒」となってくれるだろう。価格は68,000円(税抜)で、セカンドバイクとしても気軽に購入できるのが魅力だ。

ワイズロードで完成車を見る

ミニベロ・クロスバイクおすすめ全10台

クールな佇まいが魅力的なミニベロロード「SURGE」シリーズに、シャープなクロスバイク、ミニベロカーゴバイクまで、どれもが個性を放つバイク揃いだ。

SURGE X(カイ)

SURGE X(カイ)
カラー:Matte Black

ワイドなダウンチューブが特徴の攻撃的で美しいフォルムが目を惹く、SURGEシリーズのハイエンドモデル。ベースとなるSURGEフレームをモディファイし、よりエアロ感のあるデザインとなっている。ディスクブレーキ投入に合わせ、上下異径のテーパーヘッドチューブを採用してステアリングの剛性をアップ。また、絶妙な振動吸収をもたらすカーボンフォークを装備し、既存のROJI BIKESのミニベロ同様ブレードが長く、ステアリング位置を高く設定することでふらつきを軽減することに成功している。現在においてROJI BIKESの「最終兵器」だ。

  • 価格:238,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・105
  • フレームサイズ:520
  • ホイールサイズ:20インチ(451)
  • カラー:Matte Black

SURGE PRO

SURGE PRO
カラー:Delta Green

先鋭的なデザインとこだわり抜かれたグラフィックが自慢の一台。見る者の心を奪い異次元へと誘うシルエットで、エアロ形状のフレームワークがアクティブでダイナミックな乗り心地を提供する。計算されたホリゾンタル設計のトップチューブは、乗降時がスムーズになるなど美しさと利便性を両立。カーボンフォークは専用設計で、ロングブレードを採用することで車体全体がシャープな印象を与えながら安定したコーナーリングを行うことができる。また、自分だけの一台を作ってもらうべく、フレーム&フォークセットでの販売もあり。

  • 価格:172,000円(税抜)、100,000円(フレーム&フォーク/税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • フレームサイズ:470、520
  • ホイールサイズ:20インチ(451)
  • カラー:2 Tone Black×Yellow、2 Tone Black×Red、Delta Red、Delta Green、Delta Blue

SURGE UNO

カラー:Brass

2018年に登場した人気モデル。ROJI BIKESを代表するSURGE(下記)をベースに、エアロ形状のフレームフォルムとブルホーンバーの絶妙なバランスが未来的であるフロントシングル車だ。ミニベロとして高い完成度を誇る一台。トラックエンドをOLD120mmにした専用フレームを使用し、ホイールを入れ替えて固定ギヤとして乗ることも可能。また、すべてのデカールはリフレクターとなっており、夜間の安全性はもとより、きらびやかに輝く様は夜光虫のような怪しい魅力がある。

  • 価格:72,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:N.A
  • フレームサイズ:500
  • ホイールサイズ:20インチ(451)
  • カラー:Matte Black、Brass

SURGE

カラー:Green Gun Metal

街中の移動だけではなく、ロングライドなど多彩なシーンでの活躍が期待できるベーシックな一台。エアロ形状のフレームワークがアクティブでダイナミックな乗り心地を提供し、スムースウェルド加工が美しい。よりスポーティさが強調されており、ライダーを新たな水準へと沸き立たせる。コンポーネントはシマノ・クラリスの2×8段。インターナルのレバーケーブルがよりすっきりとした見た目になっている。こちらもロングブレードのフォークを採用することで車体全体が鋭い印象を持ち、かつ安定したステアリングが可能。

  • 価格:92,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • フレームサイズ:470、520
  • ホイールサイズ:20インチ(451)
  • カラー:Matte Black、Stone Silver、Green Gun Metal

SHORT HAUL

SHORT HAUL
カラー:Matte Beige

ROJI BIKESがカーゴバイクを作ると「こうなる」といった完成度が高い一台。ローステップで跨ぎやすく、フロントシングル×リヤ8段。コンポーネントはシマノ・アルタスを搭載する。チェーン脱落防止のガードを標準装備し、タイヤは太めでエアボリュームが心地よいシュワルベ社製の小径車用「Big Apple」を履く。また油圧式ディスクブレーキにより、様々な路面状態でも安定した制動を発揮。ロングテールのスペースを活かしたオリジナルリヤラックも装備しており、最大積載重量は25kg。純正のアクセサリーはもちろん、市販のパニアバッグなども取り付け可能で、小径カーゴとしては圧倒的な積載キャパシティを持つ。

  • 価格:89,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • ホイールサイズ:20インチ(406)
  • カラー:Dry Orange、Matte Beige、Matte Black

RIP

RIP
カラー:Matte Black

コンセプトは「ストリートとスポーツの融合」として開発されたクロスバイク。シンプルでアシンメトリーなグラフィック、TTバイクのようなエアロフレームが目立つモデルだが、リヤセンターを短めに設計することでチェーンの駆動ロスを軽減し、漕ぎ出しを軽くするなど機能面でも一目置かれる存在だ。アクティブでダイナミックな乗り心地を提供し、スムースウェルドとインターナルケーブルが優雅さを表現。サイズによってホイールは650Cと700Cが用意されており、ストリートに馴染むライザーバーは見た目だけでなく、650Cで下がったヘッド位置を最適なポジションに戻すことにも貢献している。

  • 価格:79,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • フレーム&ホイールサイズ:460(650C)、500(650C)、540(700C)
  • カラー:Burnt、Matte Black、Ice Gray

GRIT

GRIT
カラー:Ember

ワイズロードオンラインで完成車を見る

舗装路だけではなく、砂利道やオフロードなどオールラウンドに楽しめるフロントシングルの一台。フレームは細身で頑丈なクロモリ製で、MTBとグラベルバイクのハイブリット的ジオメトリーを採用し、振動吸収性に優れたしなやかな乗り心地を提供する。悪路走行を想定してBBハイトは高めに設定しつつ、短めのチェーンステイとの相性によって車体をコントロールしやすくなっている。ハンドルは温故知新を感じさせるLow RiseのBMXバーを採用。またブラックとシルバーのコントラストが斬新なパーツアッセンブルにより、他車にはない独特な雰囲気を醸し出す。26インチホイールにより、太いタイヤでも車輪径が大きくなりすぎず、小回りが効く仕様となっている。

  • 価格:68,000円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • フレームサイズ:480、520
  • ホイールサイズ:26インチ
  • カラー:Ember、Matte Khaki

ワイズロードオンラインで完成車を見る

CREST

カラー:Blue×Gray

ワイズロードオンラインで完成車を見る

見た目に華麗なホリゾンタルシルエットが生み出すスポーティさと利便性、実用性を兼ね備えたアーバンコミューター。ヘッドチューブからのステアリングコラムを長めに残しているため、スペーサーを入れ替えることで最大80mmのポジション変更を可能としている。また、Ternの姉妹ブランドでアクセサリー展開している「BioLogic」のエルゴ形状ロックオングリップを、この価格帯では珍しく装備。走行時に発生する手首への負担を大幅に軽減している。フレームは単純な丸チューブではなくセミエアロ形状で細かいこだわりを施し、ロングブレードのフォークを採用することでミニベロ特有のハンドリング時のふらつきを軽減。より安定したコーナーリングを行うことができる。

  • 価格:53,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • フレームサイズ:460、500
  • ホイールサイズ:20インチ(451)
  • カラー:Matte Black、Matte Gunmetal、Blue Gray、Matte Gray、Matte Sage、Matte Ochre

ワイズロードオンラインで完成車を見る

CLUTCH

CLUTCH
カラー:Sun Yellow

4つのサイズ展開で2種類のホイールサイズ(650C/700C)を用意し、さらに6色展開することで、より一層日本人の様々な体格と個性をフォローするクロスバイク。こちらも長めのコラムによりアップライトなポジション選択が可能になり、スペーサーを入れ替えることで前傾姿勢をとることができる。グリップもやはり「BioLogic」のロックオングリップ。コンポーネントはシマノ・アルタスを搭載する。シンプルなフロントシングルだが、リヤをワイドギヤ(8段)にすることで24段変速の約71%をカバーする。チェーン脱落防止のガードも標準装備。

  • 価格:53,000円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • フレーム&ホイールサイズ:420(650C)、480(650C)、510(650C)、540(700C)
  • カラー:Aegean、Matte Beige、Matte Black、Matte Khaki、Matte Gray、Sun Yellow

AMP F1

AMP F1
カラー:Cooper

逆スローピングなトップチューブが特徴的なF1フレームとBMXスタイルを融合した、クロモリ製の目新しいミニベロバイク。ストリートを体現したフォルムをタウンユースに色付け、ディスクブレーキとクッション性の高い極太ブロックタイヤ、多段化の仕様が次世代バイクを連想させる。フロントシングルで、コンポーネントはシマノ・アルタスの8段。標準ではBMXバーが搭載されており、見た目だけでなくジャストなポジションを作り出すことが可能だ。カスタムでハンドルを換装し、自分好みのスタイルにすることもできる。その個性的な見た目だけではなく、安定感のある走行性能と走破性はブランドの新たな看板モデルとなるだろう。

  • 価格:63,000円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • フレームサイズ:460、500
  • ホイールサイズ:20インチ(406)
  • カラー:Cooper、Iron、Matte Sand

Ternのe-bikeや折りたたみ自転車を見てみる?旧モデルもチェック

まとめ

どれもエッジがあり、独創性に優れたROJI BIKESのラインナップ。一台一台に個性があり、眺めてみるのも楽しい。それでいて実用性がある走行性能を持ち、他人とは違うバイクを探している人にはうってつけだ。価格もさほど高くなく、手が出せる絶妙な設定となっている。注文の多いライダーを黙らせるROJI BIKES。あなたに乗って欲しいと囁いているようだ。

All photos © Mobility Holdings
LINK: Tern

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む