レインコートは自転車ママとパパの必需品!おすすめをタイプ別にご紹介

毎日の通園・通勤や買い物に大活躍の子供乗せ電動アシスト自転車。しかし、雨の日は乗るのを諦める方も多いようです。

梅雨の時期や夏の突然の雨など、子どもはレインカバーを付けているから大丈夫だけれど、運転しているママやパパはびしょ濡れになってしまうこともありますよね。雨の日に自転車に乗るなら、レインコート・ポンチョなどのレインウェアは必需品です。

実際に使っているママが、おすすめのレインウェア、使ってみて感じたことをお伝えします。レインコートとあわせて使いたい、あると便利なグッズもご紹介します!

目次

雨の日はレインコートが◎

自転車の傘差し運転はNG!危険なのでやめよう
自転車の傘差し運転はNG!危険なのでやめよう

生活防水の基準を満たした電動アシスト自転車は、雨の日も安心して乗ることができます。
ただし、自転車の傘差し運転は、交通ルール違反!片手での運転はもちろん、傘を固定して運転することも禁止されている自治体もあります。

傘差し運転が禁止されているのは、危険だから。強風の時などは、傘を固定していても破損したり、転倒や怪我のリスクがあります。また、視界も悪くなるので、通行している方との事故リスクも上がるからです。

雨の日に乗るなら、レインコートがおすすめ!とはいえ、警報レベルの大雨の日などはモーターやバッテリーに水が侵入すると壊れる可能性があります。雨風が強い日は、自転車の使用を控えましょう。

自転車用レインウェアは3タイプ

自転車用のレインウェアは、特徴の異なる3つの種類があります。

  • レインコート
  • ポンチョ
  • セパレート

移動距離(走行時間)使い方(使用するシーン)で選ぶのがおすすめです。

レインコート


Chou Chou Poche レインコート

袖ありで、羽織るタイプ。コートと同じデザインなので、通勤時や街乗りで違和感がありません。自転車から降りた時も、着たままでいられます。膝下まで長さがあり、足元が濡れにくいこともメリットです。

ポンチョ


【楽天1位 2冠】レインポンチョ

着脱が楽なタイプ。通気性のよさが魅力です。
軽量なものが多く、コンパクトに畳めるので、持ち運びにも便利!
カラーやデザインも豊富なことから人気があります。

大きめサイズを選べば、リュックを背負ったまま着られるため、荷物も濡れません。
前カゴやチャイルドシートごと覆えるタイプもあります。
ただし、足元が濡れやすいので、防水の靴か長靴が必要です。

セパレート(上下セット)


SOMETHING EDWIN レインスーツ

ジャケットまたはレインコートとパンツの組み合わせ。
着脱がやや手間ですが、防水性が高く動きやすいので、長時間着る方にオススメです!

自転車用レインコート選びのポイント

自転車用レインウェアは濡れない・安全に走れるものを選ぼう
自転車用レインウェアは濡れない・安全に走れるものを選ぼう

防水性

雨の日に濡れずに自転車で走るために、1番大切なのは「防水性」です。
防水性は製品に表示されている「耐水圧」を見ればわかります。耐水圧とは「どのくらいの水圧に耐えられるのか」を示す数値のことで、防水性を判断する基準になります。

使用するシーンによって、必要な防水性は違ってきます。一般的な傘の耐水圧は250〜500mm程度。レインウェアの場合、小雨であれば5,000mm、大雨の中の走行であれば10,000mm以上が目安となります。

防水性に加えて、生地表面に撥水加工が施されたものは、雨水を弾いてくれるので、表面がベタつかずに快適に過ごせます。泥やホコリなどの汚れもつきにくいから、お手入れも楽チンです!

また、レインウェアの「構造」も重要なポイント!縫い目・ファスナー・袖口などは水が染みこみやすい部分です。
縫い目のテーピングや止水ファスナー、ファスナーを隠すフラップ(前立て)がついているか、水が入りにくい袖口のデザインか、などもチェックしておきましょう。

透湿性

防水性だけを重視してレインウェアを選んでしまうと、梅雨の時期や夏場、長時間の走行では蒸れてしまうこともあります。自転車で移動した後、レンウェアを脱いでお出かけしたいのに汗でビッショリ……なんてことも。
快適に走るためには、防水性や撥水性に加えて「透湿性」も確認しておきたいですね。

「透湿性」とは生地がどれ位の湿気を通せるかを示す数値のこと。1㎡あたり24時間に通すことのできる水分の重さ(g)で表され、数値が高いほど蒸れにくくなります。
最低でも5,000g、できれば8,000g以上のものを選ぶのがおすすめです!

顔が濡れない

フードの深さ、調節できる紐が付いているかどうかもチェックポイント
フードの深さ、調節できる紐が付いているかどうかもチェックポイント

子どもを園に送り届けた後にそのまま通勤するママにとって、化粧が落ちてしまうのはイヤなものですよね!

傘を差さずに乗る自転車用レインウェアは、フード付きが基本。しかし、フード部分が浅かったり、風で脱げやすかったりすると、顔や髪の毛が濡れたり、メイクが落ちてしまったりする可能性が高くなります。また、フードを被って走行すると、視界が狭くなりやすいため注意が必要です。

レインコートを選ぶときは、フードが深めで視界を遮らないものを選ぶことがポイント。ツバが透明なもの、風で脱げないようフード紐がついていて開口部を調整できるものを選びましょう。

手元が濡れない

袖部分が絞ってあったり、絞れるようになっていれば、水が入り込むのを防ぐことができます。
手の甲カバーがついているタイプなら、ハンドルを握った状態でも手が濡れないのでオススメです。

足元が濡れない

[ピラルク] サイクルモードレインコート

丈が長めのタイプを選ぶと、走行中の太ももや足元が濡れにくくなります。
ただし、丈が長すぎると危険!身長の高くないママは、走行している時、裾が足に引っ掛かってしまうこともあるからです。

デザイン

せっかく着るなら、機能だけでなく、見た目にもこだわりたいですね。
お気に入りのデザインやオシャレなカワイイデザインのものを選べば、憂鬱な雨の日も自転車に乗るのが楽しくなること間違いなしです!

安全性

めくれない

レインウェアを着用して走行するとき、気をつけなければいけないのが安全性です。裾部分が車輪やチェーンなどに巻き込まれたり、裾がめくれて視界が遮られたりするケースが報告されており、国民生活センターでは注意を呼びかけています。

参照:自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について|独立行政法人国民生活センター

レインポンチョは、長すぎるものは避けるなど、自分に合ったサイズを選ぶこと。
裾が絞れるなど、めくれないように工夫されたものを選ぶのがポイントです。
セパレートタイプなら、パンツの裾部分が絞れるものを。マジックガーターというアイテムを使うのもよいでしょう。

目立つ色

雨の日には車からの被視認性、つまり「目立ちやすさ」が低くなる傾向にあります。そのため事故が起こりやすく、雨の日の交通事故件数は晴天時の5倍ともいわれています。

被視認性をアップするには、白や黄色、オレンジなど明るいカラーや暗い中でも映える蛍光色など目立ちやすいレインウェアがおすすめ。反射板(リフレクター)付きや目立つデザインのものも良いですね。

脱ぎ着しやすさ

通園先や職場で意外に重要なのが着脱のしやすさ。脱ぎ着しやすいレインポンチョにも、羽織るタイプ、被るだけのタイプがあります。
私は被るタイプを選びました!前開き式のポンチョの場合は、スナップボタンだと走行時に外れやすいこともあるので注意しましょう。

持ち運びやすさ

雨が降るか降らないか微妙な時ってありますよね。雨に備えて持ち運ぶのであれば、収納袋付きやポケットの中に全体をしまうことができるパッカブル仕様のものが便利です!

私は収納袋付きタイプをチョイスしました。荷物としてはややかさばるものの、袋にゆとりがあり、急いでいる時はザックリ畳んで収納できるので助かっています!

自転車ママにおすすめのレインコート 6選

7440 サイクルモード レインコート

カジメイク kajimeiku PIRARUCU ピラルク

軽量で劣化しにくい防水素材「TPUラミネート」を使用した着心地のよいレインコートです。フード部分に別売りのレインバイザーを装着可能!レインバイザーは、コート付属の収納袋に入れて一緒に持ち運ぶことができます。

前裾に雨を防ぎバタつきを抑えるアンダーガード(三角マチ)が付いているのもうれしいポイント。自転車ママも下半身部分が濡れずに走れます。
フロントファスナーは雨の侵入を防ぐ二重フラップ仕様。フード、袖口が調節可能でしっかりフィットさせられるため、水が入り込む心配もありません。

左右のポケットは小物の収納に便利。スナップボタンとフラップにより中の物が落ちにくくなっているので、自転車に乗るときも安心して使えます。

  • 価格:税込4,480円
  • 耐水圧:5,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:-
  • サイズ:M、L
  • カラー:ベージュ オリーブ ギンガム

※収納袋、リフレクター

MTY Pickapack Rain Coat (MTY ピッカパックレインコート)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

アウトドアの有名ブランド『THE NORTH FACE』のレインコートです。最大の特徴はベビーカバーがセットになっていること。ベビーカバーは抱っこだけでなくおんぶにも対応しており、自転車に乗る時以外にも幅広いシーンで使えます。

男女兼用のため、長身のママはパパと兼用できることを考えるとリーズナブルかも。産後はもちろん、妊娠中も使えるのはうれしいポイントです。
ベビーカバーは内側ポケットに、コート本体のフードもビルトイン仕様で収納が可能なデザインだから、自転車から降りてもそのまま動けますね!

  • 価格:税込4万9,500円
  • 耐水圧:◯
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:◯
  • サイズ:S、M、L
  • カラー:ブラック、ユーティリティブラウン
  • 重量:

※収納袋、リフレクター

HARAINY(ハレニー)レインコート

Chou Chou Poche(シュシュポッシュ)

楽天市場のランキングで1位を獲得した人気のレインコート。かわいいデザインでカラーバリエーションも豊富にあり、8種類から好みの色・柄のものを選べます。

膝が隠れるロングタイプは、足元が濡れにくいことがメリット。ゴム紐で裾が絞れるのでめくれにくく、伸縮性があるため足さばきを妨げません。縫い目の内側にはシムテープ加工が施されていて、雨の侵入を防いでくれます。

大きめの袖はハンドルごとカバーできて、手が濡れることもありません。内側に絞り袖が入っている二重袖となっており、防水性も抜群です。
大きな透明ツバなど、傘の差せない自転車で、雨の日も濡れずに走るための機能が充実しています。

身幅調整プリーツが付いており、リュックを背負ったまま着用できるのはうれしいポイントです。

  • 価格:税込4,999円(執筆時楽天価格)
  • 耐水圧:防水加工
  • 撥水性:撥水加工
  • 透湿性:-
  • サイズ:M、L
  • カラー:レースブルー、レースピンク、モッズプチドット、カーキプチドット、ネイビーストライプ、カジュアルボーダー、カントリーフラワー、ミッドナイトスター
  • 重量:

※収納ポーチ、リフレクター

ハローエンジェル レインコート

自転車ママたちの声から生まれた「濡れない」レインコート。ウエスト・裾のドローコード(調整可能な引き紐)でシルエットが調整できるため、走行中に濡れないだけでなく、その後の移動でもコート感覚でオシャレに着られます。見た目のかわいさと実用性の高さが評価され、2018年度のグッドデザイン賞、2019年度にはキッズデザイン賞を受賞しています。  

フード部分には3箇所のドローコードがあり、フードが風でめくれないので、顔が濡れたり視界が遮られることもありません。前面のダブル防水ファスナーは、正面から雨が染み込むのを防いでくれます。

さらに下半身が濡れるのを防ぐためのレッグカバーも付属!ズボンのような見た目ですがマジックテープ式なので着脱もラクラク、人前でもサッと取り外せるので便利です。
袖に隠せるハンドルカバーは、取り出せば手の甲が隠れるサイズ。手が濡れずに走れます。

撥水加工のマイクロファイバー生地と防水加工生地の2層構造で乾きやすいことも魅力。通勤でもオフの日でも使いやすい5色から選べます。

  • 価格:税込9,350円
  • 耐水圧:-
  • 撥水性:撥水加工
  • 透湿性:-
  • サイズ:M、L、LL
  • カラー:ブラック、ベージュ、ネイビー、カーキ、ワイン
  • 重量:-

※収納袋、レッグカバー、止水テープ

SUKIYO レディース メンズ 魔法レインコート

リーズナブルな価格設定と豊富なサイズ展開が魅力のレインコート。ママはもちろん体格のよいパパが着られるサイズも選べます。
最大の特徴は、4つのモードに切り替えが可能なこと。隠れボタンの開け具合によって

  1. 歩行モード
  2. 自転車用モード
  3. 通勤&通学&登山用モード
  4. オートバイ用モード

に変形できるので、幅広い用途に使えます。背中のボタンを外せばリュックがすっぽり入るから、リュック派の方も安心ですね。首元のフード紐で、開口部を調整できます。

  • 価格:税込3,880円(参考価格)
  • 耐水圧:-
  • 撥水性:3重撥水加工
  • 透湿性:-
  • サイズ:L、XL、2XL
  • カラー:イエロー、ブルー、ホワイト、ブラック
  • 重量:450g / 500g

ひざ下ぬれない レインコート

leccyba(ルクシーバ)

名前の通り「ひざ下が濡れない」レインコート。前面に股下カバー、横にはマチがあるので可動域が広く、めくれないから自転車で膝下まで濡れずに走れます。

コートのように羽織る前面ファスナー式のため着脱も楽ちん!首元はマジックテープ式なので、スナップボタンのようにボタンを合せる必要がなく、上から手で押さえるだけで留められます。

雨水の侵入を防ぐ機能も充実。手元カバーもついており、手も濡れません。取り外し式の透明なツバが、化粧崩れや顔・髪が濡れるのを防いでくれます。前からの雨が気になる日には、別売りのレインバイザーの取り付けも可能です。

背中には大きいベンチレーションがあり、通気性抜群!ゆったり設計で、リュックや冬の厚着にも対応しています。背中・袖・頭に反射するラインのリフレクターが付いているので、夜間も安全に走れます。

  • 価格:税込3,480円
  • 耐水圧:-
  • 撥水性:-
  • 透湿性:-
  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:ネイビー、オリーブ、ベージュ、ミント、ブルー、レッド
  • 重量:330g

※収納袋、リフレクター

自転車ママにおすすめのレインポンチョ 7選

ST-300 ウィズレインハイポンチョ Plus

カジメイク kajimeiku サムシング something

ムササビシルエットが特徴的なロング丈のポンチョ。ゆったりとした作りで、リュックもスッポリ収まります。ドルマンスリープは着脱しやすく、腕を動かすときも邪魔にならず自転車を運転しやすいことがメリット。男女兼用のフリーサイズだから、ママとパパで共有できるのもうれしいですね。軽量なので持ち運びにも便利です。

フードには絞り、袖口にはマジックテープが付いており、フィット感を調節可能。水が入り込むのも防げます。手元カバー付きだから、ハンドルも濡れません。別売りのレインバイザーも装着可能です。

背中に反射ラインのリフレクター付き。夜間走行時の安全性にも配慮されています。

  • 価格:税込5,480円
  • 耐水圧:5,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:-
  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:パッチワーク デニムストライプ デニム フェードブルー ギンガム
  • 重量:330g

※手甲カバー、リフレクターパイピング、リュック対応

3340 ハイポンチョ

カジメイク kajimeiku

楽天ランキング1位を獲得したレインポンチョ。男女兼用のフリーサイズだから、女性だけでなく男性にも人気があります。

カジメイクは日本で初めて雨ガッパを作った老舗レインウェアメーカー。レインポンチョにもカッパと同じ生地が使われており、防水性は抜群です。3340 ハイポンチョは、防水素材として実績の高い耐水圧8,000mmのPVCラミネート生地を採用。生地が厚めで長時間の雨でもしっかりと防水してくれます。

柄のあるST-300に対し、3340 ハイポンチョはシンプルな無地。見た目は違っていても、デザインはどちらも同じムササビ型シルエットです。手元カバーやフードの絞り、袖口のマジックテープなど防水機能が充実している点も共通しています。背中に付いている大きめの反射ラインにより被視認性がアップ、夜間も自転車で安全に走れます。

3340 ハイポンチョとST-300が大きく違うのは、防水性、重量の2点。3340 ハイポンチョの方が生地が厚く、防水性が高い一方で、重さがあります。柄の有無だけでなく、自転車に乗る距離やお使いのシーンで選ぶのもよいでしょう。筆者の私はこのレインポンチョのモカを愛用中です。

  • 価格:税込2,980円
  • 耐水圧:8,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:-
  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:ワイン、ブラック、ラベンダー、アイスグレー、モカ、ピーチベージュ、カーキ、マスタード、ディープブルー 
  • 重量:700g

※手甲カバー、リフレクターパイピング、リュック対応

chibito ママの通園レインポンチョ

トレンチコートのように着られるおしゃれなレインポンチョ。自転車で快適・安全に走るための機能も充実しており、通園から街歩きまで幅広いシーンで活躍します。晴れ雨兼用だから、肌寒い日の羽織としても使えますよ。

生地の織り目まで埋めた防水生地を使用。縫い目の裏側にシムテープを施しており、防水性は抜群!長時間の雨でも濡れずに走れます。ハンドルベルトをハンドルと一緒に握ると、手も濡れません。左右の手と体で傘のような形状になり、雨が足の外側に滑り落ちるため、足も濡れにくくなっています。ハンドベルトはマジックテープ式だから、万が一転倒した場合には外れるので、手が動かせないといった心配もありません。

生地、防水層、トリコットというメッシュ生地の3層素材で蒸れにくく、さらりとした肌触りで快適に着られます。風の抵抗を受けにくいデザインなので、走行中のバサバサともさようなら!後ろが長いので、お尻を覆って座れるためお尻も濡れません。抱っこにも対応、自転車から降りた時は、着たまま子どもを抱っこして歩けます。

  • 価格:税込20,900円
  • 耐水圧:11,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:8,500g/㎡/24h
  • サイズ:着丈:前69cm、後ろ87cm
  • カラー:青の食卓(ライトカーキ)、カモフラージュ ※他は廃盤
  • 重量:330g

※ポケッタブル、手元までカバーする袖、背面に反射材

Kiu(キウ) レインポンチョ

雨の日が楽しくなるカラフルでおしゃれなレインポンチョ。色・柄も豊富で、20種類の中から気分や好みに合せて選べます。

見た目だけでなく、自転車で濡れないための機能も充実。耐水圧10,000mmという高い防水性に加え、止水ファスナー、縫い目にはシームテープを採用。顔が濡れにくいツバ付き、ハイネックだから口元もカバーしてくれます。頭の後ろ部分にあるドローコードで、フィット感を調整可能です。袖が邪魔になるときは、袖まくり用のベルトで留めておくこともできますよ。

持ち運びに便利な収納袋付き。アフトドアやフェスにもおすすめです。

  • 価格:税込4,730円
  • 耐水圧:10,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:-
  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:南国花鳥 オフ・ブラックなど全20種類
  • 重量:480g

※収納袋

ノースフェイス アクセスポンチョ(ユニセックス)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

ノースフェイス アクセスポンチョ(ユニセックス)
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

自転車に乗る時だけでなく、キャンプや登山、フェスなどでも使えるオシャレなレインポンチョ。3サイズ展開のユニセックスモデルだから、男女を問わず着られます。

防水・透湿性に優れた2.5層構造のハイベントRは、ザ・ノース・フェイスが独自開発した素材。蒸れにくく快適、軽量で取り扱いやすいことから人気があります。裏地に細かな凹凸があり、汗をかいても肌にはりつかず、厚い日もさらっとした着心地です。

雨の日も自転車で安全・快適に走るための機能も充実!フードの首元にはフィット感を調整できるドローコード付き。後部のアジャスターにより、視界を遮らずに走行できます。袖のバタつきを押さえるボタンも付属しています。

  • 価格:税込16,500円
  • 耐水圧:◯
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:◯
  • サイズ:WM、M、L
  • カラー:ブラック、ユーティリティブラウン、ビンテージインディゴ
  • 重量:約395g(Lサイズ)

※収納袋

ワークマン レディース高撥水レインポンチョ

ワークマン  レディース高撥水レインポンチョ

「ワークマン女子」で話題のワークマンから高撥水のレインポンチョが新登場!ゆったりとしたフリーサイズだから中に着ている服を選ばず、カバンをかけたままでも着られます。

汚れがつきにくいことも、高撥水のメリット。アウトドア映えするカラーで、自転車だけでなく、ワンちゃんのお散歩、スポーツ観戦やキャンプなどのレジャーでも大活躍しますよ。

透明なツバ部分は、折りたたみ可能。持ち運びに便利な収納ポーチも付属しています。【数量限定】

  • 価格:税込2,900円
  • 耐水圧:5,000㎜
  • 撥水性:◯
  • 透湿性:5,000g/㎡/24h
  • サイズ:フリーサイズ
  • カラー:ベージュ×ブラック、カーキ×ブラック
  • 重量:-

※収納袋

公式オンラインストアで見る

自転車屋さんのポンチョ 窓付き水玉 D-3POWMT

フロントタイプ(前乗せ)のチャイルドシートや前カゴがスッポリと収まるレインポンチョ。レインカバー代わりに使えるので便利です。チャイルドシートにレインカバーを装着していても使えます。
手やハンドル、前カゴの荷物も濡れないので安心!前の裾が長いから子どもと一緒に被れて、ポンチョのなかで乗せ降ろしや移動も可能です。

前から後ろに風が抜けるから、蒸れにくく快適。前カゴやチャイルドシート、レインカバーに付属のクリップを留めておけば、めくれや風飛びを防げます。クリップは万が一転倒したときもパッと外れるので安心です。

フロントタイプ、前カゴのない自転車には使用できません。また、一部適合しない車種、レインカバーがあるためご注意ください。

  • 価格:税込4,031円(執筆時楽天価格)
  • 耐水圧:防水・止水加工
  • 撥水性:撥水加工
  • 透湿性:-
  • サイズ:男女共用【身長150cm~175cm】
  • カラー:水玉ベージュ
  • 重量:約410g

※収納袋、背中に反射ライン付き

セパレートタイプのおすすめ 3選

SOMETHING サムシング ST-600 ウィズレインスーツ

細身のシルエットと落ち着いたカラーがおしゃれなレインスーツ。ジャケットはギンガムとデニムドットの2種類から選べます。自転車から降りても違和感がなく、普段遣いからアウトドアシーンまで幅広く使えるのが魅力。「防水性は高いけど、レインスーツはデザイン的にちょっと…」そんな風に思っていた方も、これなら着られそうですね。

フードはドローコード、後頭部のベルクロ(マジックテープ)でフィット感を細かく調整可能。顔が濡れにくく、視界もキープできます。袖口のベルクロ、裾部分のドローコードは雨風の侵入を防ぐ効果あり。裾を絞れば自転車の運転中にジャケットがずり上がるのも防げます。

  • 価格:税込3,278円(執筆時Amazon価格)
  • 耐水圧:10,000mm
  • 撥水性:撥水加工
  • 透湿性:-
  • サイズ:S、M、L、LL
  • カラー:ギンガム、デニムドット
  • 重量:重量: 440g(上280+下160, Lサイズ)

※収納袋

ワークマン レディースレインスーツ

ワークマン レディースレインスーツ

軽量で動きやすいフィールドコア(FieldCore)のレインスーツ。ゆったりしつつも女性らしいシルエットがうれしいですね。フードがロールアップして簡単に収納できるので、首元もスッキリ。釣りなどのアウトドアやワンちゃんのお散歩にもおすすめです。

フィールドコアはワークマンオリジナルのアウトドア&カジュアルブランド。仕事着の機能性はそのままに、幅広いシーンで活用できるアイテムをリーズナブルな価格で提供しています。

生地の裏側はメッシュになっているから、汗をかいても肌にはりつかず快適!フード紐を絞れば、顔が濡れるのを最小限に抑えられます。右肩後ろの反射プリントが被視認性をアップ。鮮やかなロゼ、レイクブルーのジャケットは、暗い時間帯も目立つので安心です。

  • 価格:税込2,900円
  • 耐水圧:5,000mm
  • 撥水性:-
  • 透湿性:2,000g/㎡/24h
  • サイズ:M、L、LL、3L
  • カラー:フロストグレー、ロゼ、レイクブルー
  • 重量:重量: 約360g(Lサイズ)

※収納袋、反射プリント

公式オンラインストアで見る

ワークマン
レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)
レディース透湿レインパンツSTRETCH(ストレッチ)

ワークマン レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)
レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)
ワークマン レディース透湿レインパンツSTRETCH(ストレッチ)
レディース透湿レインパンツSTRETCH(ストレッチ)

防水性が高いレインスーツをお探しなら、おすすめなのがワークマンのストレッチパーフェクト。ジャケットとパンツを組み合わせることで、レインスーツとして使えます。

ジャケットは、発色がキレイな一目でわかるビビットカラー。耐水性はもちろん、軽量でストレッチが効いているので動きやすく、透湿性にもすぐれているから、防寒対策やウォーキングなど幅広いシーンで活躍しますよ。

フードは収納できるロールアップ式。後ろが長いサイクルカットは、自転車に乗る時や作業中も背中が出にくいことがメリット。裾にはすべり止めも付いているので、めくれ上がりも防げます。

パンツは汚れが目立ちにくいカラーだから、アウトドアにも使いやすい!軽量でストレッチが効いているので動きやすく、膝の曲げ伸ばしもラクラクです。

  • 価格:税込2,900円(ジャケット)、1,900円(パンツ)
  • 耐水圧:10,000mm
  • 撥水性:-
  • 透湿性:8,000g/㎡/24h(ジャケット)5,000g/㎡/24h(パンツ)
  • サイズ:S、M、L、LL、3L(ジャケット)S、M、L(パンツ)
  • カラー:ロゼ、ライムイエロー、ネイビー(ジャケット)コン(パンツ)
  • 重量:重量: 約300g(ジャケット)約210g(パンツ)(Mサイズ)

※収納袋つき

レディースレインジャケット STRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)を公式サイトで見る

レディース透湿レインパンツSTRETCH(ストレッチ)を公式サイトで見る

私、使ってます!レインポンチョ

レインポンチョを使い始めたのは、プレ幼稚園がきっかけです。コロナ禍で旦那さんが車通勤になったため、昼間は車が使えません。去年までは、雨の日は外出を控え、必要なときはベビーカーにレインカバーを付け、私は傘を差して徒歩で移動していました。

しかし、息子の行動範囲も広がり、今後、幼稚園のプレに通うことを考えるとチャイルドシートのレインカバーはもちろん、私自身のレインコートも必須だと思ったので探し始めました!

最初は楽天やAmazonで色々見ていたのですが「正直、何をどう選べば良いのかわからない…」という状況だったため、楽天市場で口コミ件数が多く、評価もバランスが取れている商品を何個かピックアップして選びました!

選んだのは、「カジメイク kajimeiku 3340 ハイポンチョ」です。
柄物よりもシンプルな無地のものが好みだったので、全部で9色の中から少し明るめのベージュっぽいカラー「モカ」をチョイスしました。
実際に着用してみると、どこかが濡れてしまうという心配もなく、しかも蒸れにくいので、雨の日も快適に自転車に乗れています!

子どものオムツや着替えなどなどまだまだ荷物が多いので、リュックを背負ったままレインウェアを着ても違和感なく快適に走行できるのはうれしいポイントです!

最初は顔まわりを絞ってそのまま走行していたのですが、風の影響もあって顔が濡れてしまいました。
ST-300 ウィズレインハイポンチョ Plusと異なり、3340 ハイポンチョはレインバイザーがつけられません。そのため、別の店舗でレインバイザーを別途購入しました!メーカーは不明です。
少し荷物にはなりますが、移動後に予定がある方はレインバイザーを併せて購入することをおすすめします。

私の身長は157cmです。坂道が少し急な場合は走行中に前側部分が足に引っかかるときがあるので、身長によっては注意が必要だと思います。

また、レインコートの横幅が広がるタイプではないので、自転車に座った時にどうしてもひざ下が濡れてしまうことがあります。
降りた後の移動や用事などのため、私は長靴を履く選択をしていませんが、長靴を履くか、マチがあるタイプならそういった心配もないと感じました!

とはいえ、トータルバランスを考えると、満足しています。今ではこのレインウェアが無くては雨の日の外出や移動が困難ですし、帰宅時や移動時にレインウェアを脱いだ際に丁寧に畳まなくても、ささっとコンパクトに収納できるのはありがたいです。まだまだこれからも愛用したいと思います!

あると便利なレイングッズ

レインコートやポンチョと一緒に揃えたい、あると便利なアイテムをご紹介します。

レインバイザー

V-002 レインバイザー

レインウェアに加え、レインバイザーがあれば、顔も濡れずに自転車で走れます。透明タイプだから視界がクリアで安心!花粉予防、UVカット機能のあるものは紫外線対策にもなりますよ。

レインバイザーは、簡易的なフェイスマスク、飛沫感染防止補助にも使えます。顔が濡れずメイクが落ちないのもうれしいポイントです。

ブーツ

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

自転車ママたちの注目を集めているブーツ。バードウォッチング用に作られたものですが、軽くて柔らかい素材を使用しているから脱げにくく動きやすい!自転車も漕ぎやすく、幅広いシーンで使えるため人気があります。

カラーバリエーションが豊富で普段着に馴染みやすいカラーが多く、カモフラ柄もあって見た目もおしゃれ。サイズ展開が豊富なので夫婦でお揃いや色違いも楽しめます!履き口が絞れるので、雨水が入り込むのを防げます。

折りたたんでコンパクトに収納できるのはうれしいポイント!通園先の懇談会などに参加するとき、下駄箱が小さいと入らないけれど、バードウォッチング長靴ならコンパクトに入れられますね。

シューズカバー

[moofun] シューズカバー

長靴の利用が難しい方におすすめなのがシューズカバー。靴を履いたまま使えるので便利です。靴も足も濡れないので、自転車移動後に通勤する方にもおすすめですよ。

シューズカバーには透明なものやロング、使い捨てなどさまざまなタイプがあります。雨の日対策にはまず防水性をチェックしておきましょう!自転車用には滑りにくく、ペダルを漕ぎやすいものが適しています。小さく折りたためるタイプなら持ち運びも出来るので、カゴに入れておけば、急な雨に備えられますね。

カバン用レインカバー

Wpc.レインバッグカバー

雨の日もお気に入りのバッグでお出かけしたいなら、レインバッグカバーがあると便利です。撥水・防水加工がしてあり、雨からバッグを守れます。

Wpc.レインバッグカバーは色と柄のバリエーションが豊富。小さく折りたたんで持ち運べるので、エコバッグやサブバッグとしても使えます。
お気に入りの物を見つけて憂鬱な雨の日の外出もハッピーに!

Frelaxy リュックカバー

リュック派にはリュックカバーがおすすめです。お手持ちのリュックに被せるだけで、雨を防げます。

Frelaxy リュックカバーはカラー・サイズ展開が豊富。15リットルから90リットルまで5サイズの中から自分の使っているリュックにピッタリのものが選べます!

明るいカラーや被視認性の高い反射材がついたタイプも選べるので、自転車はもちろん、夜間に歩くときも安心です。
持ち運びに便利な収納袋付き。通勤時や電車利用の際はしまっておけば、急な雨にも慌てずに済みますね。

バスケットカバー

ソラーユ (Sorayu) リボン付き バスケットカバー 

前や後ろにカゴがついている自転車をお使いなら、撥水・防水性のあるカゴカバーをかけておけば、荷物が濡れるのを防げます。

ソラーユ (Sorayu) リボン付き バスケットカバーは、開口部のワイヤーが最大の特徴。ファスナー、巾着タイプよりも開け閉めしやすいことが魅力です。開口部を立ち上げると、カゴの高さの倍以上の荷物もラクラク入ります!

カラーバリエーションも豊富。明るい色、くすみ系など10色のなかから選べます。自転車とコーディネートするのも素敵です。
前用・後ろ用、ワイドサイズ・エクストラサイズがあるので、お使いの自転車に合ったものを選んでくださいね!

まとめ

レインコートはその日の雨の状況やその後の予定によって、手軽なポンチョタイプを選んだり、セパレートタイプを選んだりすることもできます。移動距離や走行時間も考えて選んでみましょう。憂鬱な雨の日の移動が、レインコートのお陰で気持ち的にかなり楽になること間違い無しです!

レインコート以外のグッズも「あったらいいな!」と思うものばかり。ご自身の使用頻度や予算、優先順位と相談しながら揃えてみてくださいね!

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYあき

埼玉県出身。独身時代はクロスバイクで通学や通勤をする程、自転車に乗る事が当たり前の生活を送っていました。結婚を機に坂の多いエリアへ引っ越したので自転車を使っていませんでしたが、電動自転車デビューをしてからは息子とのお出掛け範囲も広がりました!

他の記事も読む