小説 弱虫ペダル

【新刊情報】読書って、こんなに楽しいんだ!読書が苦手な子どもたちも読破出来る!大人気コミック「弱虫ペダル」の児童向けノベライズシリーズ最新刊を発売!

岩崎書店、秋田書店大人気コミックの児童文庫(フォア文庫)版の第6巻を発売!

児童書出版社、株式会社岩崎書店(代表取締役社長:小松崎敬子、本社:東京都文京区)は、「小説 弱虫ペダル 6」(原作:渡辺航/ノベライズ:輔老心)を、2021年6月28日に発売した。

 「小説 弱虫ペダル」シリーズに込めた願い

岩崎書店には子どもたちの「活字離れ」をなんとかして食い止めたいという、児童書出版社としての切なる願いがあり、知名度が高く、ストーリーが抜群に面白い作品を、手に取りやすいカタチの「読み物」で提供しよう!ということで、選び抜いた作品が、秋田書店の大人気コミック「弱虫ペダル」だった。

秋田書店の全面協力の下、スタートしたのが児童向けノベライズ版『小説 弱虫ペダル』シリーズで、今回は第6巻目となる。

読書が苦手な子どもたちに特におすすめ

本に苦手意識を持つと、読書をする習慣がつかなくなり、子どもたちの「活字離れ」が進んでしまう。

「小説 弱虫ペダル」シリーズの最大の特徴は、渡辺航先生の漫画のカットがふんだんに挿入されていること。カットの入れ方も、漫画のコマ風にひと手間ふた手間工夫をこらしているから、「弱ペダ」の空気感・躍動感にたっぷりひたれる。漫画につられて、気がついたら文字を読み進めていた、ということも。読書が苦手な子どもたちに特におすすめだ。

渡辺航先生の漫画のカットをふんだんに挿入!
渡辺航先生の漫画のカットをふんだんに挿入!

読者の声

(11歳・女性)
私はいままで小説は読んだことがあります。けれど、最後までよみきったことがありません。でも、この本は続きが気になるのでどんどん読めます。私は初めて小説を全部読めたのでうれしかったです。それに、続きが気になるので弱虫ペダルを「もっと読みたい」と思いました。

(11歳・女性)
坂道が今泉、鳴子においつこうとがんばっていて、死にそうなぐらいがんばっていて、すごくて、すごすぎてびっくりして、私は坂道がすきだったけど、もっとすきになりました。ときどきわらえるところもあって、はやく次のページをよみたいと思っていると、いつのまにかよみおわっていて、すごくむちゅうになれました。

(10歳・男性)
面白くてわくわくしました。小野田のあきらめない心もすごくて感動しました。

最新第6巻の内容

  • 「おめーならできるよ……登りで百人ぬけ。そしたらかならず追いつ!!」
    インターハイ1日目の後半、いよいよ山岳コースだ。クライマーとしての役割をまかされた小野田坂道だが、集団落車にまきこまれて最下位に!絶体絶命だ。この絶望的な状況から、坂道はどうやってはいあがろうとするのか!?
最新第6巻の内容

書籍情報

  • 書名:小説 弱虫ペダル 6
  • 原作:渡辺航
  • ノベライズ:輔老心
  • 出版社:株式会社岩崎書店
  • ISBN:978-4-265-06576-9
  • 体裁:新書判(フォア文庫)
  • 定価:748円(本体680円+税)
  • 発売日:2021年6月28日
    ※商品の店着状況により店舗ごとに発売開始日が異なります。
  • 販売場所:全国書店、ネット書店、他

Amazonで見る

楽天ブックスで見る

紀伊國屋書店で見る

『小説 弱虫ペダル』特設サイト

作者紹介

  • 原作者:渡辺 航(わたなべ・わたる)
    漫画家。長崎県出身。MTBやロードバイクなど自転車をこよなく愛し、『弱虫ペダル』の連載を続けながら、多くのアマチュア自転車レースに参戦している。
  • ノベライズ:輔老 心(すけたけ・しん)
    ライター。兵庫県出身。『スーパーパティシエ物語』『いやし犬まるこ』(岩崎書店)など著書多数。

LINK:株式会社 岩崎書店

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む