【2021年最新】FUJI(フジ)クロスバイク・ミニベロ・e-bikeおすすめ全10台

【2021年】FUJI(フジ)クロスバイク・ミニベロ・e-bikeおすすめ全10台

ストリートテイストが魅力のFUJIのクロスバイク、2021年モデルでは “SUB” が誕生した。SUVならぬSUBはやはり「Sports Utility Bike」。街乗りからスポーティなライド、アドベンチャーライドまでこなす、日常と非日常をクロスオーバーさせる魅力的な1台だ。

新モデルとともに、21年のクロスバイク・e-bike・ミニベロをあわせて紹介しよう。

FUJIのクロスバイク

FUJI(フジ)はその名のとおり、日本をルーツとするアメリカンブランドだ。ラインナップは幅広く、本格エアロロードレーサーがあるかと思えば、クラシックなクロモリロードに、フラットバーのシングルスピードバイク、はたまたストリートテイストのトラックバイクまで、どれも “FUJIらしい” バイクといえる。

fuji-brands

特に今回ピックアップするクロスバイクやミニベロ・e-bikeのジャンルでは、ストリートっぽさに加えラグジュアリー性も考え抜かれているように思う。

▷FUJIブランドをもっと知る

→「FUJIというブランド

ニューフェイスは街乗りからオフロード走行までこなす “タラワ”

2021年は街乗りからオフロード走行までこなす“タラワ”

2021年モデルの注目は新しくラインナップに加わった「TALAWAH」だ。読み方は「タラワ」。ジャマイカなまりの英語であるパトワ語で「恐れない強い心」という意味がある。

FUJIの「LIFE STYLE」バイクの中でSUB(Sports Utility Bike)という位置づけになる。アドベンチャーライドといったパワフルな走行を得意としながらも、シティーユースにもうまくハマる一台 。

それがどういうことか、装備やスペックを紐解いていくと頷ける。

TALAWAH

ワイズロードで見る

走りの要、足回りは、650Bホイールに27.5×1.75という太めのタイヤを採用。おおよそ44〜45C相当でエアボリュームは十二分、悪路走行にも強い。

タイヤ外周は700Cホイールに25〜28Cタイヤを履かせたときと近くなるため、速度保持性能もある程度700Cに近いクラスを期待できるのだという。

また、各パーツを街乗りに徹した仕様にすれば新しい顔も見せる。

TALAWAH ハンドルとサドル
FUJIのカスタムデモ機。実用的でありながら洒落たパーツチョイスでじっくり眺めたくなる。

上の画像はFUJIのデモ機だが、ハンドルバーはフェアウェザーをチョイス。楽な姿勢で乗れるように、少し手前にスイープしたものを採用している。

サドル、グリップはそれぞれブルックス、PDW。細かい点においてコンフォート性あふれるパーツアッセンブルが、毎日乗り回したくなる1台に仕上げてくれている。キャリアやラックをつけるとまた違った乗り方ができるだろう。

TALAWAH

多彩なカスタムが可能で、街中を駆け、トレイルまで対応する、そんな楽しみが詰まった一台だ。

FRAME’s Choice is…

エントリー層にとって性能と価格のバランスも良いものを編集部目線でピックアップする「FRAME’s choice」。

RAIZ DISC

ワイズロードで見る

今回は定番クロスバイク「RAIZ DISC」。FUJIのラインナップをよく知る人には「当たり前じゃん」と言われそうだが、スタイル、設計、乗り心地を含め、これ以上のチョイスは考えにくい。

名の通りディスクブレーキ仕様(しかも油圧式)で、サイズやカラーリングも豊富。フロント&リアキャリアの台座もあり、たくさんの荷物を積載できるのも優秀だ。

RAIZ DISC

ワイズロードで見る

駆動系パーツは信頼のシマノ製で統一、コストダウンされがちなブレーキパーツまでしっかりシマノ製。それでいて7万円強とは嬉しい価格設定だ。

高いクオリティとポテンシャルで完成の域にある本機。これ一台あれば、タウンコミューティングからフィットネスまで多彩なライドができる。

FUJIの代表格であり、クロスバイクの「見本」となるような機種に、まったく隙はない。あなたにもぜひチョイスしてもらいたいe-bike一台である。

最新おすすめクロスバイク&ミニベロ&e-bike全10台

ここからはクロスバイク・e-bike・ミニベロの各モデルを1台ずつ紹介する。(シングルスピードを除く)

FEATER CX FLAT

FEATER CX FLAT
カラー:Caramel Wine

シングルスピードの名機「FEATER」の名を冠にしたフラットバーグラベルロード。ディスクブレーキとブロックタイヤを採用することで、タウンユース向けでありながらタフでより快適なライディングを可能としている。

標準で35Cのタイヤを履き、多少の悪路も厭わない走破性もポイントだ。

  • 価格:85,800円(税込)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・ターニー&アルタス
  • サイズ:43、49、52、54、56、58cm
  • カラー:Caramel Wine、El Black、Ultra Metal

MADCAP

MADCAP
カラー:Asphalt

ワイズロードで見る

コンポーネントにシマノ・クラリスを搭載したフラットバーロード。アシンメトリック・チェーンステーなどを採用したレースジオメタリーに、カーボンフォークとインナーケーブルルーティング仕様となっている。

流麗なフレームワークにスムース処理された溶接箇所がクラスを超えた高級感を演出し、街中ではロードバイクさながらの機動性を発揮する。

  • 価格:101,200円(税込)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:46、49、52、54、56cm
  • カラー:Matt Black、Asphalt

TALAWAH

TALAWAH
カラー:Ivory

ワイズロードで見る

クロモリフレーム特有のしなりに加え、1×10ドライブトレイン、650Bホイールに27.5×1.75の太めのタイヤを標準装備することで、街乗りから多少の悪路まで走り切るのが魅力の一台。

雨の日でも高い制動力を持つ油圧式ディスクブレーキ、フロントフォークにはダボ穴が左右3つずつ備え付けられており、ライダーの多様な要望に応えるマルチパーパスバイクだ。

  • 価格:97,900円(税込)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・デオーレ
  • サイズ:15、17、19、21”
  • カラー:Matt Black、Ivory、Nickel

RAIZ DISC

RAIZ DISC
カラー:Gray Neon

ワイズロードで見る

後述「RAIZ」のディスクブレーキ版。雨でも制動力が落ちにくい油圧式。コンポーネントはシマノ・アルタス。駆動系のみならずブレーキパーツもシマノ製に統一することで、優れた操作性とメンテナンス性を獲得している。

ダイナミックな走行フィーリングを持ち、ライザーハンドルは一層軽快な乗り味を実現。全色マット仕上げの成熟したカラーリングも見ものだ。

  • 価格:71,500円(税込)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • サイズ:15、17、19、21、23”
  • カラー:Matt Black、Gray Neon、Matte Fire、 Ice Blue、Sunsea Snad

RAIZ

RAIZ
カラー:Matte Black

ワイズロードで見る

「テンションが上がる乗り心地」がコンセプト。バイクとライダーの一体感を追求すべく、フレーム設計からパーツのアッセンブルもひとつひとつこだわっている。駆動系はシマノ製パーツで統一。メンテナンス性を踏まえ、フロントはダブルクランクを採用している。

また、大切なのはカラーリング。ビビッドな色で質の高い塗装が施され、気分を高揚させてくれるだろう。

  • 価格:64,900円(税込)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • サイズ:15、17、19、21、23”
  • カラー:Matt Black、White、Bright Orange、Dark Navy、 Aqua Blue

BALLAD

BALLAD
カラー:Bronze

FUJIが誇るアーバンクロモリバイクのベストセラーモデル。スキンサイドタイヤにポリッシュリムなどクラシカルなパーツを採用しながらも、ロードジオメタリーで組まれたバテッドクロモリフレームにより、スポーティかつスタイリッシュな走行性能を持つ。全6サイズで、女性にもちょうどよいサイズの選択が可能。

  • 価格:75,900円(税込)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • サイズ:43、49、52、54、56cm
  • カラー:Bronze、Ivory、Steel Navy

FARPOINT

FARPOINT
カラー:Champagne Gold

ワイズロードで見る

グラベルロードとして人気を博している「JARI」のフレームをベースに作られたe-bike。シマノの「STePS」シリーズ最軽量「E5080」を採用して、悪路にも強い走行性能を持つ。

5つのボトルケージが装着可能で、バッテリーはシートチューブ裏に設置。フロントトライアングルの自由度を上げることで、フレームバッグの装着も容易としている。

また、オフロード走行時にドライブユニットを保護する「EXTRNL PRO」を搭載しているのも特徴のひとつだ。

  • 価格:306,900円(税込)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・アリヴィオ
  • カラー:Champagne Gold

MOTIVATOR

MOTIVATOR
カラー:Matte Black

FUJIの「LIFE STYLE」バイクを彷彿させるe-bike。街中に溶け込むというコンセプト通り、ダウンチューブ内蔵式のバッテリーを採用してスタイリッシュさを実現している。

デイリーユースを想定して軽量化(Mサイズで16.5kg)に成功。5段階のアシストモードを搭載することで街中のあらゆる状況に応じた走行が可能となっている。

また、LEZYNE製アルミCNCボディのLEDライトを標準装備して、夜間のライドも問題ない。

  • 価格:251,900円(税込)
  • フレーム素材:アルミ
  • メインコンポーネント:シマノ・ソラ
  • サイズ:S、M、L
  • カラー:Matt Black

HELION R

HELION R
カラー:Chrome Red

ドロップハンドル式で、スポーツ走行を難なくこなすミニベロ。洗練されたジオメタリーの細く美しいカスタムバテッド・クロモリフレームに、STI仕様のシマノ・クラリスをコンポーネントに採用しており、ロードバイクさながらの本格走行を可能とする。

2021年モデルよりアヘッドステムとなり、コックピット周りは調整の自由度が格段にアップ。

  • 価格:97,900円(税込)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:44、50、55cm
  • カラー:Chrome Red、Gunmetal

HELION

HELION
カラー:Navy

FUJIの定番ミニベロ。軽快な走行を可能とする「HELION R」と共有のバテッドクロモリフレームに、フラットハンドルをセット。フラットバーはシティサイクルからの乗り換えハードルも低く、取り回しが楽なので、用途を選ばず日常のパートナーとして最適な一台といえる。

スキンサイドタイヤにポリッシュリムを装備したクラシカルな風情は、ワンランク上のライフスタイルを演出。

  • 価格:72,600円(税込)
  • フレーム素材:クロモリ
  • メインコンポーネント:シマノ・アルタス
  • サイズ:44、50、55cm
  • カラー:Mimosa、British Green、Navy

ロードバイクや前年度モデルはこちらから

まとめ

今回紹介したラインナップは、e-bikeを除き「LIFE STYLE」というカテゴリーに属するものだ。あなたの生活様式を変えるには、自転車が一番だと思う。

移動手段としても、オフの時間を費やすにも、体力づくりにしても、自転車は様々な利点がある。そんなことを考えながら「LIFE STYLE」バイクを見つめてみよう。

きっと、ぴったりな一台があるはず。セカンドバイクにも最適である。生活に根づいた自転車。それがFUJIだ。

All photos © AKIBO

公式HP: FUJI


Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む