SHIBUYA SLOW STREAM

【7/10〜11開催】「スロウな渋谷」を楽しむリバーサイドの催し「SHIBUYA SLOW STREAM」がリニューアル! 第1弾のテーマは「うごく」

話題の電動キックボード「LUUP」試乗体験など、まちを遊びこなすためのブースが出店

2021年7月10日(土)〜11日(日)、Camp Inc.は新コンセプト・新ビジュアルになった屋外イベント「SHIBUYA SLOW STREAM」を開催する。「SHIBUYA SLOW STREAM」は、渋谷ストリーム前の2つの広場から並木橋までの渋谷リバーストリートで定期開催していく、川が流れるようなスロウテイストが心地よいローカルな屋外イベント。新コンセプトは主催・企画運営・プロデューサーのチーム全体でまちの課題に向き合い制作し、新ビジュアルは姉妹ユニットSTOMACHACHE.、野田久美子氏が手がけている。リニューアル第一弾は「うごく」をテーマに、移動式の図書館やモビリティツールの体験など、まちを味わうためのヒントを渋谷を楽しむローカルパーソンに提案する。

SHIBUYA SLOW STREAM Webサイト トップページ
SHIBUYA SLOW STREAM Webサイト トップページ

新SHIBUYA SLOW STREAM3つのポイント「スローテンポ」「ローカル」「未来の渋谷川」

新しくなった「SHIBUYA SLOW STREAM」は、「渋谷を流れるスロウなひととき みんなでつくる“いつものトクベツ”」をコンセプトに、以下の3つのポイントでリニューアル、Webサイトをオープンする。

【1】 スローテンポな渋谷ももっと楽しんでほしい

渋谷といえば、最新トレンドが行き交うアップテンポな側面がピックアップされがちだが、少し南に下るとゆったりした時間の流れるエリアもある。そんな渋谷駅新南口すぐの渋谷リバーストリートは、渋谷の農家を中心に結成されたNPO「アーバンファーマーズクラブ」が運営する畑や、一息つけるくつろぎのベンチも多くある場所だ。

「SHIBUYA SLOW STREAM」は、この場所を訪れる人にそんな「スロウな渋谷」があることを知ってもらい、このまちをじっくり楽しんでほしいという想いから誕生した。生まれ変わった渋谷川沿いが、このまちで働く人や近隣で暮らす方々に親しんでもらうこと、ひいては暮らしのなかの新たな風物詩となることを期待している。

【2】 催しものであり、ローカルメディアでもある

今回のリニューアルに際し、「SHIBUYA SLOW STREAM」のWebサイトがオープンした。Webサイトではイベントの開催情報だけでなく、渋谷川周辺のローカルメディアとして、地域の方々に対してはもちろん、日ごろ渋谷リバーストリートを通り道やひと息つく場所として利用している方々が、足も気持ちもとめたくなるようなトピックを、新たな切り口で紹介していく。

新ビジュアルは、年齢やジェンダー、国籍や障害といった違いにかかわらず、どんな人も歓迎する包容力のある姿勢と、渋谷川沿いの人や水のおだやかな流れ、木漏れ日といった雰囲気を、姉妹ユニットSTOMACHACHE.がイラストで表現し、デザイナーの野田久美子氏によるアートディレクションで制作された。

STOMACHACHE.によるイラスト
STOMACHACHE.によるイラスト

なお、サイトはクラウドメモアプリ「Notion」を用いて構築し、従来のCMSサイト以上に、誰でもかんたんに投稿や編集ができる仕様である。“ちょっとトクベツ”な地域の催しものとして、地元の方などの参画がスムーズに行われることを見越した設計をしている。

▼公式Webサイトはこちら

  • プロジェクトマネジメント:服部優稀(Camp Inc.)
  • ディレクション:須藤翔+横田大(Camp Inc.)
  • アートディレクション:野田久美子
  • イラスト:STOMACHACHE.
  • Web開発:林田隆宏(ideomatic)

【3】 サステナブルな渋谷川をみんなで実現

2018年の渋谷ストリームの竣工と合わせて、官民連携による渋谷川の再生、広場や代官山方面へとつながる遊歩道の整備、清流の復活を目的とした水の放流や植樹などの環境整備が進み、今ではカルガモなどの生き物も訪れるようになった。一方、いまだ川へのゴミの投げ入れの問題や、季節によっては害虫の発生といった課題もある。「SHIBUYA SLOW STREAM」は、イベントを通じて参加者と共に渋谷川周辺の景色や環境に目を向け、その保全に取り組むことで、居心地の良い水辺空間の創出に寄与していく。

話題の「LUUP」も出店! リニューアル第1弾は、「うごく」を通してまちをもっと楽しく​

リニューアル後の新「SHIBUYA SLOW STREAM」第1弾は、「うごく」をテーマに開催。パンデミックの影響で移動のしにくい昨今ではあるが、「身近な範囲で動く」「心を動かす」など、小さな「うごく」は、どのような状況でもできることだ。

そこで今回は、移動式の図書館や新しいモビリティツールの体験など、まちを味わうためのヒントを主に渋谷周辺で遊び・働き・暮らす方々に向けて提案する。これまでマーケットメインで開催していたイベントに、参加型・体験型のアクティビティも加わり、さらに地域に根ざした活動を行っていくことで、「場」でくつろぐ時間や「場」そのものを楽しみ、周辺環境にも目を向ける機会となることを期待している。

▼ノベルティ付きイベント

  • 名称:「“うごく”を体験して、おみやげをGETしよう!」
  • 内容:「ミニチャリレース」(会場:渋谷ストリーム前 金王橋広場)または「LUUP」(会場:渋谷リバーストリートC区画)のブースで試乗会に参加すると、オリジナルミニサコッシュ、「TORQUE TABLE」10%OFFクーポン、「Sora Japanity」グリーンティーバッグをプレゼント。(※1日先着100名、一人1点まで、なくなり次第終了)

【参加方法】

  1. 「ミニチャリレース」または「LUUP」のブースで試乗体験をする        
  2. ブース内にあるQRコードにアクセスし、「SURUTOCO」ブース(会場:渋谷リバーストリートC区画)へ向かう
  3. 「SURUTOCO」ブースでノベルティをゲット(ミニサコッシュのシルクスクリーン体験は同ブースで実施しています)

【ノベルティ内容】

ノベルティイメージ
ノベルティイメージ
  • オリジナルミニサコッシュ(「SHIBUYA SLOW STREAM」ロゴ入り)
    その場でデザイン2種・カラー5色からお好きな内容を選び、シルクスクリーン体験ができます
  • 「TORQUE TABLE」10%OFFクーポン
    渋谷ストリーム4Fにある「TORQUE TABLE」で提示するとお会計時に10%OFFになるクーポンチケット
  • 「Sora Japanity」グリーンティーバッグ
    コロナ禍で活躍する人々を応援するプロジェクト「We are one. お茶で安らぎをまわそう。」より、日本茶ブランド「Sora Japanity」の香味深いシングルオリジンの日本茶ティーバッグ一煎分

▼出店者

[体験]

[展示・ショップ]

▼開催概要

  • 名称:SHIBUYA SLOW STREAM #3 「うごく」
  • 日時:2021年7月10日(土)〜11日(日)12:00〜19:00
  • 開催場所:渋谷ストリーム前 稲荷橋広場、金王橋広場、渋谷リバーストリート
  • 公式Webサイトはこちら
  • 協賛:TORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT、Sora Japanity
  • 主催:渋谷ストリーム
  • 協力:熊井晃史
  • 企画・運営:Camp Inc.
  • ※会場内では、感染症対策としてマスク着用、手指消毒(会場内アルコール消毒設置)を出店者及び来場者さまにお願いしている。
  • ※やむを得ない事情によりイベントは予告なく内容変更・中止する可能性がある。予めご了承いただきたい。
  • ※イラストはイメージ。

◆ ​Camp Inc.について

Campは、パートナーの想いに向き合い、コミュニケーションデザインの観点で課題を見出し、その解決に取り組む、クリエイティブエージェンシーです。

コンテンツや場の編集、クリエイティブディレクション、イベントのトータルプロデュースなどさまざまなアプローチで、ジャンルを問わずインディペンデントに活躍する作家やクリエイターとともに、わたしたちの未来にとって必然性あるコンテンツをつくります。https://campinc.tokyo/

LINK:株式会社Camp

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む