キャニオン 2022モデルのシクロクロスバイク、カラーとコンポーネントをアップデートした「インフライト」を発売

キャニオン 2022モデルのシクロクロスバイク、カラーとコンポーネントをアップデートした「インフライト」を発売

キャニオンからカラーとコンポーネントをアップデートした2022モデルのシクロクロスバイク「インフライト」が登場した。

シクロクロスバイク「インフライト」

シクロクロス世界選手権4冠。ワールドカップの常勝マシン。世界最高峰の舞台で安定した成功を収めてきたインフライトは、現代のシクロクロスバイクの中でも圧倒的な存在感を示している。そして日本ではいよいよ9月から始まる新シーズンへ向けて、この最高のバイクが再び勝利のシーズンを迎えようとしている。

2020シクロクロス世界選手権を制覇したマチュー・ファンデルプール。2連覇、3度目の世界選手権勝利。Copyright: Canyon
2020シクロクロス世界選手権を制覇したマチュー・ファンデルプール。2連覇、3度目の世界選手権勝利。Copyright: Canyon
2021シクロクロス世界選手権を制覇したマチュー・ファンデルプール。3連覇、4度目の世界選手権勝利。Copyright: Canyon
2021シクロクロス世界選手権を制覇したマチュー・ファンデルプール。3連覇、4度目の世界選手権勝利。Copyright: Canyon

インフライトシリーズは「形状は機能に従う」という哲学のもと、難易度を高める現代のシクロクロスレースの要求に応えるべく、隅々までシェイプアップされている。中でも特徴的なトップチューブの屈曲部「ショルダーキンク」は、メイントライアングルに肩を入れるためのスペースを確保し、さらにシートポストの露出を増やすことで快適性の向上を同時に実現している。

トップチューブの屈曲部は、インフライトの機能性を象徴している Copyright: Canyon
トップチューブの屈曲部は、インフライトの機能性を象徴している Copyright: Canyon

2022モデルの特徴

2022モデルは印象的なニューカラーとエキサイティングなコンポーネント仕様をラインナップし、これまで以上にフレッシュでスピーディなパッケージで登場した。シクロクロス専用のギア比、複数のパワーメーターオプション、1xおよび2xドライブトレインの完成車をラインナップ。つまり、2022モデルインフライトは、レースコースを支配する準備を完了し、しかもそれをスタイリッシュに実現してくれるのだ。

4度世界選手権を制覇したインフライト CF SLXは、テクニカルに進化する最先端のレースコースに対応したもの Copyright: Canyon
4度世界選手権を制覇したインフライト CF SLXは、テクニカルに進化する最先端のレースコースに対応したもの Copyright: Canyon

2022モデルのハイライトは、4つの新色と3モデルそれぞれに最新のコンポーネントを搭載したこと。フラッグシップモデルであるインフライトCF SLX 9は、トッププロに供給されているものとまったく同じCF SLXフレームを使用し、SRAM Force eTap AXSグループセットを搭載。スパイダー内蔵のSRAM Force eTapパワーメーターは、レースやトレーニングの記録、モニター、分析を可能にし、あらゆるライドから最大限の効果を引き出す。Reynolds AR41カーボンホイールは、41mmのディープリムプロファイルにより、軽量で深い泥の中でも素早く転がる。性能と快適性を考慮して選択されたこのバイクのタッチポイントには、振動吸収力の高いCanyon S14カーボンシートポストと一体型のCanyon H31エルゴコックピットを採用している。

SLXクラスのDNAを受け継ぎ、最高のコストパフォーマンスを実現した、SLクラス。写真はインフライト CF SL 8 Copyright: Canyon
SLXクラスのDNAを受け継ぎ、最高のコストパフォーマンスを実現した、SLクラス。写真はインフライト CF SL 8 Copyright: Canyon

CF SLモデルは2グレードをラインナップ。インフライト CF SL 8は、ミドルクラスのバイクでは前例のないハイエンドな性能を備えた、シリアスなレーサー向けのバイクだ。キャニオンでは初となるSRAM Rival eTap AXSグループセットを搭載し、インフライトCF SLクラスで初となるパワーメーター、SRAMのスピンドル一体型Rival AXSを搭載。また、Reynolds AR41カーボンホイールを採用している。

鮮やかなオレンジの、インフライト CF SL 6 Copyright: Canyon
鮮やかなオレンジの、インフライト CF SL 6 Copyright: Canyon
新しいアルペシン・フェニックスチームカラーをまとった、インフライト CF SL 6 Copyright: Canyon
新しいアルペシン・フェニックスチームカラーをまとった、インフライト CF SL 6 Copyright: Canyon

エントリーモデルとなるインフライト CF SL 6は、シマノGRXドライブトレイン、シマノGRX油圧ディスクブレーキ、チューブレスレディのアルミホイールDT Swiss Cross LNを搭載し、レースに対応したパフォーマンスをより手頃な価格で実現している。また、全モデルでSchwalbeシュワルベのハイエンドタイヤであるX-One ALR TLEチューブレスレディタイヤを採用している。

▶キャニオン公式ストア インフライト特設ページはこちら

2022モデル インフライトラインナップ

  • Inflite CF SL 6 | Shimano GRX 600 | 219,000円*
  • Inflite CF SL 8 | SRAM Rival eTap AXS | パワーメーター搭載 | 389,000円*
  • Inflite CF SLX 9 | SRAM Force eTap AXS | パワーメーター搭載 | 469,000円*

※表示価格について

ドイツから日本への配送料 ¥23,000 が別途かかる。またキャニオンの購入は、お客様がドイツ・キャニオン社から直接購入し、お客様が個人輸入される形態となる。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれない。消費税額は輸入通関時に税関にて個別に決定されるため、事前に税額を案内することはできない。なお、自転車の関税は無税となっている。消費税はお客様が注文品を受け取る際、配達員の方へ現金にて支払う必要がある。  

なお、シクロクロスのレース情報はAJOCC(一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会)ウェブサイトに網羅されており、国内レースは9月からの開幕である。

▶AJOCCウェブサイトはこちら

◆メーカー直販ならではのサイズ診断システムと、30日間返品保証

パーフェクトポジショニングシステム(PPS)を使用すれば、わずか5分でサイズ診断することができる。長年、日本を含む全世界からのオンラインサイジングで収集したデータを使用しており、信頼できる結果が得られる。サイズ診断の鍵となる身長と股下寸法を入力するだけだ。

さらに安心してご購入いただくために、自転車を注文して受け取った後でも、商品到着後30日以内であれば返品を受け付けている。そのため万が一、フレームサイズが合わなかったり、実際のカラーが気に入らなかったという時でも、返品することができる。

キャニオン公式ストア パーフェクトポジショニングシステム(PPS)

キャニオン公式ストア 30日間返品保証

LINK:キャニオン バイシクルズ ジャパン

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む