trek Roscoe

トレックの「Roscoe」が新たなトレイルハードテールとして進化を遂げて登場

ハードテールマウンテンバイクとして人気のRoscoeが、これまで無かった“トレイルハードテール”へと進化して登場した。

140mmのロングトラベル、29×2.6のホイールとタイヤ、そして新たなジオメトリーは、ハードテールの“気軽さ”と、まるでフルサスペンションのような“楽しさ”を提供する。

新しいRoscoeは、安心かつ自信を持って下りたい初めてのマウンテンバイカーからキビキビとした操作性を求めるベテランライダーまで、お手頃な価格でこれまでのハードテールでは行けなかった場所を走り切れるようになった “トレイルハードテール”バイクである。

ハードテールの“気軽さ”とまるでフルサスペンションのような“楽しさ” 

トレック「Roscoe」

下りの安定性が向上 

  • フルサスと同じ140mmのトラベル量 
  • 29×2.6インチのタイヤ 
  • より寝かせたヘッドチューブ角 
  • 低くなったBBドロップ 

コントロールが向上 

  • 短くなったチェーンステイ 

登りの効率が向上 

  • 立たせたシートチューブ角

ターゲット

  • 初めてマウンテンバイクをやってみたいと思っているが、 安心した走りが欲しい方 
  • フルサスの手入れの手間を省き、純粋に楽しむ時間を費やし、キビキビとした操作性を好むベテランライダー 
  • 予算を抑えて楽しみたい初心者から本格派まで
トレック「Roscoe」

高速域でも高い安定性を発揮

トレック「Roscoe」

140mmトラベル 

  • 最大150mm 
  • 前モデル、120mm 

29×2.6ホイール/タイヤ 

  • XSは27.5インチ 
  • 前モデル、27.5×2.8 

※写真は日本未展開カラー

効率性、安定感、操作性を追求した新ジオメトリー

効率性、安定感、操作性を追求した新ジオメトリー

そのほか

標準でチューブレス仕様 

TLR ストリップ、バルブ、シーラントが付属 

メンテナンス性向上 

  • UDHとThreadedBB採用 

フレーム保護 

  • ダウンチューブの内装ケーブルファスナー
  • 両サイドに付くチェーンステーガード
  • 二層構造のダウンチューブガード
  • ISCG 05タブ採用 

内装ドロッパーケーブル 

  •  ケーブルをBBを経由するルーティング構造 

※写真は日本未展開カラー

マウント(キックスタンド、ラック)が無くなった
KnockBlock非搭載 

ラインナップ

Roscoe 8

Roscoe 8
  • 価格:254,100円税込
  • カラー:Matte Black Olive
  • サイズ:XS, S, M, ML, L ,XL
    ※XSのみ27.5
  • フォーク:Rock Shox 35 Gold RL
  • ドライブトレイン: SRAM GX/NX
  • シートポスト: ドロッパー
  • ブレーキ: Shimano 420 4-ピストン
  • ホイール: Line Comp 30 – 108T

Roscoe 7

Roscoe 7
  • 新フレーム
  • 価格:187,000円税込
  • カラー:Matte Trek Black
  • サイズ:XS, S, M, ML, L ,XL
    ※XSのみ27.5
  • フォーク:Rock Shox Recon Silver 140mm
  • ドライブトレイン:Shimano Deore 12速
  • シートポスト:ドロッパー
  • ブレーキ:Shimano MT200

▶Roscoeはこちら

LINK:トレック・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む