ANCHOR RP9

ブリヂストンの新型ロード「ANCHOR RP9」 SHIMANO新型コンポーネントを搭載し新発売

ブリヂストンサイクル株式会社は、スポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」が展開する、高みを目指し挑戦し続ける競技者向けのプロダクトライン「レーシングライン」より、世界を制した※トラックバイクの遺伝子を受け継ぐ新型ロードバイク「ANCHOR RP9」を、9月下旬より発売する。

新型オールラウンドバイク「ANCHOR RP9」

ANCHOR RP9

「RP9」は、自転車競技トラック日本代表に供給し使用されたトラックバイクの開発で磨きをかけたブリヂストン独自の解析技術「PROFORMAT(プロフォーマット)」を用いて開発された新型ロードバイクだ。

これまでチームブリヂストンサイクリングの走りを支え、国内レースで数々の勝利を挙げてきた「RS9」および「RS9s」を更に進化させるために、空力・重量・剛性を高次元でバランスさせ、平地巡航・登坂・アタックなど、あらゆる環境の入り乱れるステージレースを1台で勝てるバイクを目指した。

完成車にはSHIMANO新型コンポーネントを搭載した、DURA-ACEモデルとULTEGRAモデルの2モデルをラインナップする。

カラーはレーススタイルの2色展開で、レーシングブラックと、自転車競技トラック日本代表に供給し使用されたトラックバイクのデザインを踏襲したレーシングカラーを設定した。

レーシングカラーは、自転車競技という「戦」に挑戦する日本代表選手を「侍」と捉え、「夜明けの侍」というコンセプトでデザインされたもので、「夜明けの太陽」を表現した赤と黒のグラデーションと、「刀」を表現した白銀色で構成されていて、その塗装は、当社上尾工場の職人が一本ずつ丁寧に手作業で仕上げる。なお、このスペシャルカラーは、16万5千円(税込)のアップチャージで選択が可能。

ブリヂストンサイクルは、これからも自転車を通じてより快適なサイクルライフを提案していく。

 ※ 世界を制した:世界大会で5つの金メダル、2020年世界選手権自転車競技大会トラックレース 女子オムニアム

2020年UCIトラックサイクリング・ワールドカップ第4戦・5戦 男子チームスプリント他

RP9概要

ANCHOR RP9

RP9の主な特徴

ANCHOR RP9の特徴

世界を制したトラックバイク開発で磨きをかけた「PROFORMAT(推進力最大化解析技術)」

タイヤ開発における解析研究を担うブリヂストンの基盤技術部門とブリヂストンサイクルが共に作り上げた解析システムで、素材、空力、強度、剛性、質量など、走りに関係する様々な要素を計測、シミュレーションし、解析して、ペダルを踏んだ力を無駄なく前へ「進む力」に変え、より速く、より快適なバイクを生み出すフレーム開発技術だ。今回、世界を制したトラックバイク開発を通じ、この技術にさらに磨きをかけ、各要素を競技特性に合わせ高次元でバランスさせたオールラウンドバイクが生まれた。

PROFORMAT(推進力最大化解析技術)

オールラウンドバイクとして、「空力」×「重量」×「剛性」のベストバランスを追求

平地巡航・登坂・アタックを司る「空力・重量・剛性」という往々にしてトレードオフの関係となり得る要素のバランスを見極め、エアロロード並みの空力性能を実現しつつ、プロレベルで不満のない剛性感とRS9sに対する軽量化を両立した。

  • 空力(平地巡航)

トラックバイクの開発データ、CFD(数値流体力学)・風洞実験により部位ごとに空力の影響度を評価し、RS9s対比で空力性能を大幅に改善した。ステムやシートポストにも専用部品を採用し空力性能を追求している。結果、風洞実験によるRS9sとRP9の比較でヨー角0°(真正面)で40km/h走行時に20.9Wの抵抗低減を確認している。

※試験条件:RP9完成車プロトタイプ(490mm/SHIMANO DURA-ACE R9170ペダルレス/EASTON EC90 AERO/DT SWISS ARC1100 50)とRS9s市販仕様にホイール(Shimano WH-9000-C50)装着比較

  • 重量(登坂)

カーボンラボでのR&Dの知見を活かし、理想のスペックを実現するため、より強度の高いカーボン素材を採用している。ディスク化やエアロ化による重量増をカバーした上で、RS9s比30gの軽量化を実現した。

※フレーム、フォーク+小物類(ステム、シートポスト、スルーアクスル含まず)の490mmサイズ比較

  • 剛性(アタック)

トラックバイク開発において培った、数値とフィーリングの関係性を検証・解明する経験を活かし、空力性、軽量性をRS9sより高めつつプロレベルの官能評価でも「踏んだら踏んだだけ進む」と高評価を得られる十分な剛性フィーリングを実現した。ダウンチューブはねじれ剛性と空力性能を両立するために幅広のカムテール形状とし、チェーンステーは限られたスペースで剛性を確保するため、チェーンリングやパワーメーターの制約を受けないノンドライブサイドを最大限大径化する左右非対称の形状を採用した。

アンカー公式メディア

LINK:ブリヂストンサイクル株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む