アプリと連携できる電動自転車「WELB WL01」を発表!指紋認証で解錠できるらしい!

welb

10月22日!クラウドファンディングで先行予約開始

電動自転車の開発・販売を行うアベントゥーライフ株式会社では、アプリと連携できる電動自転車 コネクティッドバイクの「WELB WL01」(ウェルビー ダブリューエルゼロワン)を発表、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて2021年10月22日より先行予約を開始する。 

バッテリーはフレームに内蔵され、またアプリと連携することでスマートフォンや指紋認証でのロック解錠が可能。デザイン性・機能性を兼ね備えた自転車だ。 

コロナ禍で電動自転車が人気 

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、感染リスクの低い移動手段として自転車通勤に切り替えたり、健康増進を目的としたレジャーアイテムとして楽しんだりと、自転車の人気が年々高まっている。 

特に近年は利便性の高い自転車のニーズが高く、経済産業省の生産動態統計によると、電動アシスト車の出荷金額は年々増加している。 

電動アシスト車 出荷金額

一方、ヨーロッパなど海外では5年ほど前からアプリと連携できる電動自転車「コネクティッドバイク」が登場し、注目をあつめている。 

日本でもコネクティッドバイクを知ってもらいたいと、このたび国内では初めて日本発のコネクティッドバイクとして「WELB WL01」を発表、クラウドファンディングサイトにて先行予約を受け付ける。 

コネクティッドバイクってなに?

「コネクティッド」=「つながる」 

コネクティッドバイク

ネットワークにつながることでスマートロックやヘルスケア管理など、さまざまな機能を持ち、その機能は随時アップデートできる。WELBでは整備士によるカスタマイズサポートで「車体をアップグレードする」という意味もある。 

WELB WL01 クラウドファンディング開始 

クラウドファンディングサイト「Makuake」にてWL01の先行予約を受け付ける。定価198,000 円(税込)から25%割引148,500円(税込)~購入できる。 

クラウドファンディング期間 2021年10月22日~2022年1月8日
商品詳細サイト https://aventulife.co.jp/welb/

「WELB WL01」の特徴を4つ!

アプリによるスマートロック、ヘルスケア管理 

アプリによるスマートロック、ヘルスケア管理

アプリと連携しているため、スマートフォンでの解錠や指紋認証での解錠ができる。アプリを通して鍵のシェアも可能。 

アプリはマップ機能も備え、コンパスが目的地までサポートする。また走行データから消費カロリーが計算される。 

デザイン性 

デザイン性

通常の電動アシスト自転車はバッテリーが外にむき出しになっている 

が、WELBはフレームに内蔵することで機能美も追及。見た目では全く電 

動自転車に見えない、おしゃれなデザインになっている。 

カスタマイズ 

カスタマイズ

ハンドルやサドル、ペダルやコンポーネンツまで、ーツひとつひとつのカスタマイズが可能。ドロップハンドルにビンディングペダルをつけてアクティブに走る人にも、街乗りに使う人にも、通勤に使う人にも、あなただけの自転車にカスタマイズできる。 

高スペックを低価格で提供 

航続可能距離は45~100kmと十分なバッテリー容量。本体重量は16.8kgと非常に軽く、快適な走行が可能。多くの人に乗ってもらえるよう、同様のスペックでは破格の198,000円とした。 

今後について 

今後もコロナによる影響から自転車人気は続くとみられる。自由な移動を体験できる自転車。弊社ではメンテナンスなどアフターサポートも充実させることで、日本でのコネクティッドバイクの普及を目指し、自由な移動を提供していたいと考えている。

LINK:アベントゥーライフ株式会社 

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop