Canyon 新型サスペンションシステムを搭載したトレイルバイク「スペクトラル」「ニューロン」完成車を発表

Canyonは、未来のサスペンションシステム:新型RockShox Flight Attendantを搭載したトレイルバイク「スペクトラル」「ニューロン」完成車を発表した。

Spectral LTD AXS 29・Neuron CF SLX LTD

シートベルトを締めて、これまでにない未来のトレイル体験に備えよう。新型RockShox Flight Attendantは、トレイルとライダーの両方のインプットに反応し、あらゆる状況に対応した完璧なサスペンションセットアップを提供する世界初のサスペンションシステム。すべて自動的に、すべてワイヤレスで、すべてリアルタイムで。キャニオンでは、トレイルバイク2台にこの最新技術を搭載する機会を逃すわけにはいかなかった。

RockShox Flight Attendant
ワイヤレス&オートマチック – 未来のマウンテンバイクが、あなたのライディング体験を格上げする。Copyright: SRAM/ Canyon Bicycles

スペクトラル 29 CF LTD AXSとニューロン CF SLX LTDから、あなたのトレイルライディングの好みに合わせて選択。派手に走りたい、ローカルトレイルやバイクパークまであらゆる場所を走りたい、エンデューロレースでは頂上まで楽にペダルを漕ぎたい、という方には「スペクトラル」がお勧め。プログレッシブ・ジオメトリーと、より頑丈なフレームが、ライダーにより速く、より大きく走る自信を与えてくれる。160mmトラベルのLyrik Ultimate Flight Attendantフォークと、150mmのリアトラベルを備えるRockShox Super Deluxe Ultimate Flight Attendantショックが両輪を思い通りに動かしてくれる。毎朝の地元のトレイルでのホットラップから、週末ののエンデューロレースでの爆走まで、スペクトラルなら事実上あらゆることが可能。

ニューロンCF SLX LTD
ニューロンCF SLX LTD – 次世代レベルのアドベンチャートレイルバイク Copyright: SRAM/ Canyon Bicycles

「ニューロン」は、素晴らしいシングルトラックライド、数日間に渡ってアルプスを走り続けるようなアドベンチャー、そしてSDA王滝の完走まで、下りも登りも楽しみたい方に最適なモデル。RockShox Super Deluxe Ultimate Flight Attendantショックによる130mmの効率的かつ高性能なリアトラベルと、RockShox Pike Ultimate Flight Attendanによる140mmのフロントトラベルを組み合わせている。この軽量トレイルバイクは、ミドルクラスのニューロン CFフレームをさらに洗練させた超軽量ニューロン CF SLXフレームセットを採用し、パフォーマンスをネクストレベルに引き上げている。剛性や強度に妥協することなく、さらにグラム数を削減するためにカーボンの魔法を駆使しました。このバイクなら飛ぶように走れるのです。

走行シーン
キャニオンCLLCTV(コレクティブ)チームライダーのブレイドン・ブリングハーストがFlight Attendantを使用中 Copyright: SRAM/ Canyon Bicycles

2台とも、サスペンションに合わせてSRAM X01 Eagle AXS無線電動ドライブトレインをフル装備。充実したパーツはそれだけではない。RockShox AXS Reverbドロッパーから、カーボン製のDT Swissホイールまで、スペクトラルとニューロンはどちらもまさに夢のようなMTB。

カラーリングは?

このような特別なバイクのために、これまでと同じアートワークではもったいないというもの。どちらのバイクも特注カラーを採用。スペクトラルには「モノクローム」、ニューロンには「ラディアントレッド」という特注カラーが採用、これらのバイクは走りだけでなくルックスにも優れている。

キャニオン公式ストア 新型RockShox Flight Attendant搭載完成車商品ページ

新型RockShox Flight Attendant搭載完成車ラインナップ

Spectral LTD AXS 29 | SRAM X01 Eagle AXS | 13.76kg | 929,000円*

Spectral LTD AXS 29

Neuron CF SLX LTD | SRAM X01 Eagle AXS | 13.32kg | 929,000円*

*表示価格について
ドイツから日本への配送料 ¥23,000 が別途かかる。またキャニオンの購入は、ユーザーがドイツ・キャニオン社から直接購入し、ユーザーが個人輸入される形態となる。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれない。消費税額は輸入通関時に税関にて個別に決定されるため、事前に税額をご案内することはできない。なお、自転車の関税は無税となっている。消費税はユーザーが注文品を受け取る際、配達員へ現金にて支払う形となる。

メーカー直販ならではのサイズ診断システムと、返送料0円の30日間試用・返品保証、日本のサービスセンターでの点検修理

パーフェクトポジショニングシステム(PPS)を使用すれば、わずか5分でサイズ診断することができる。長年、日本を含む全世界からのオンラインサイジングで収集したデータを使用しており、信頼できる結果が得られる。サイズ診断の鍵となる身長と股下寸法を入力するだけ。さらに安心して購入できるよう、自転車を注文して受け取った後でも、商品到着後30日以内であれば返品を受け付けている。そのため万が一、フレームサイズが合わなかったり、実際のカラーが気に入らなかったという時でも、返送料0円で返品することができる。また、購入後のアフターサービスも充実。キャニオン製品に精通したメカニック(自転車技士・自転車安全整備士)により、製品保証に基づいた無償修理だけでなく、オーバーホールや点検整備などの有償メンテナンス、またお客様近隣の持ち込みメンテナンスショップの紹介も行っている。マウンテンバイクならではのFox・Rockshox製品についても国内代理店によるオーバーホールの取次を行っている。

キャニオン公式ストア パーフェクトポジショニングシステム(PPS)

キャニオン公式ストア 30日間試用・返品保証

キャニオンジャパンサービスセンターでの点検修理、Fox・Rockshox製品など国内代理店によるオーバーホールの取次

Canyonの製品情報は、Canyon JapanのTwitter, Facebookでも随時更新中。
Twitter
Facebook

Canyon Bicycles GmbHについて

Canyonは現在もCEOを務めるローマン・アーノルドのガレージでRadsport Arnold GmbHとして1985年に創業。現在では自転車業界の中でも世界有数の最先端メーカーへと成長している。Canyonブランドのバイクは1990年代後半に誕生、その成功を受けて2002年には社名をCanyon Bicycles GmbHへと変更。創業時よりエンジニア、デザイナーは研究開発を本社のあるドイツ・コブレンツで行い、そのラインナップをロード、シクロクロス、MTB、トライアスロン、フィットネス、アーバンバイクへと拡大。Canyonは最先端技術によりバイクを開発することを主眼とし、革新的な素材を用い、世界最高レベルのプロ選手と協業、高品質でハイパフォーマンスな製品を送り出している。Canyonの製品はダイレクトセールスでのみ販売。詳細はhttps://www.canyon.com/ja/を確認していただきたい。

LINK:Canyon

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む