TopFuel

【TREK】ダウンカントリーバイクとして進化した新型Top Fuelが登場

トレック・ジャパン株式会社は、ダウンカントリーバイクとして進化した新型Top Fuelを発売する。
従来、Top Fuelはフルサスクロスカントリーバイクとして位置づけされ、XCワールドカップでも数々の輝かしい勝利を手にしてきた。 しかし、昨今はトレイルライドの人気が高まり、Top Fuelはより荒れた路面で楽しむカテゴリーとして親しまれるようになり、さらには、Supercaliberという圧倒的なクロスカントリーバイクの登場により、Top Fuelは一層アグレッシブなジオメトリーで、軽快に速く走れるモデルへの変化を求められていた。
そして遂に、120mmのフロントとリアのトラベル量、アグレッシブなフレームジオメトリー、ダウンチューブストレージを採用した“ダウンカントリーバイク”として進化したTop Fuelがフルモデルチェンジを果たして登場した。

特徴

より荒れたトレイルライド向けにシフト

新型Top Fuel
  • リアショックのトラベルが120mmへ増加
  • ジオメトリー:ヘッド角が67.5°から66°へ、シートチューブ角75°から76°へ、フレームリーチが約10mm長くなった
  • よりトラベル量の多いドロッパーに対応するためにシートチューブ径が34.9mmへ

アルミモデル含め、ダウンチューブストレージが採用

新型Top Fuel

整備性に優れた内蔵ケーブルルーティング

新型Top Fuel

ラインナップ

Top Fuel 9.7

Top Fuel 8
  • 価格:559,900円(税込)
  • フレーム:OCLVマウンテンカーボン
  • カラー:Matte Raw Carbon
  • サイズ:S, M, M/L

Top Fuel 8

新型Top Fuel
  • 価格:449,900円(税込)
  • フレーム:Alphaプラチナアルミ
  • カラー:Muksanne Blue
  • サイズ:S, M, M/L, L, XL

▶新型Top Fuelの詳細はこちら

LINK:トレック・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む