【17年間ありがとう】キャノンデールが別府史之ファン感謝イベントを開催

キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、ジェネラルマネージャー:樫村浩史、以下キャノンデール)は、日本を代表するプロロードレーサーとして17年を駆け抜けた別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)のファン感謝イベントをオンラインにて開催する。選手生活の振り返りや、今後の活動などMC、ファンとのコミュニケーションを交えながらアットホームに届ける。チャット形式による質問コーナーやサイン入りグッズ抽選イベントなど内容盛りだくさん。MCには別府選手がプロロードレーサーになる前から親交の深い小俣雄風太氏を迎える。日本のロードレースシーンを牽引してきた別府選手の輝かしい活躍を振り返りながら、ライブでしか聞けないリアルな話を楽しもう。

別府史之について

高校卒業後フランスに渡り、2005年に日本人として初めてUCIプロツール選手となる。2006年にロードとタイムトライアルの日本チャンピオン獲得し、2007年に日本人初のUCIプロツール(現ワールドツアー)ポイントを獲得。2008年にはアジアチャンピオンタイトルを獲得し、北京オリンピック出場。2009年、日本人として13年ぶりとなるツール・ド・フランス出場。最終第21ステージで「敢闘賞」を獲得。日本人初の完走も同時に果たす。2011年にはロンド・ファン・フラーンデレンとパリ~ルーベを完走し、日本人で初めて5大クラシック完走を達成した。また、2度目のグランツールとなるジロ・デ・イタリアに初出場。第1ステージのチームタイムトライアルで2位、第10ステージでは区間フーガ賞を獲得。2012年ロンドン・オリンピックに出場、ロード22位、個人TT24位。2016年にブエルタ・ア・エスパーニャを完走し、5大クラシックに続き、グランツール(世界三大ツール)全てでも完走を果たした。モニュメント、グランツール、世界選手権、オリンピックの世界10大ロードレースすべて完走している現役選手は5人しかおらずそのうちのひとり。日本、アジアを代表するプロサイクリスト。

イベント概要

  • イベント名:別府史之 ファン感謝イベント 2021年 (オンライン開催)presented by Cannondale
  • 開催日時
    • 12月4日(土)限定300名 <開場>17:30<開演>18:00~20:00
    • 12月5日(日)限定300名 <開場>17:30<開演>18:00~20:00
  • チケット費:5,500円(税込)
  • 開催方法:Zoomオンラインミーティング
  • 申込方法:Yahoo PassMarketのリンクより申し込み

※申込期限:2021年11月23日(火)~12月2日(木)
※お支払いはPayPay、クレジットカードのみ。
※開催3日前をめどに申込んだEメールアドレスにZoomのURLを送付。
※先着順となるので、定員数になり次第終了となる。予め了承いただきたい。
※イベントの配信はZoomアプリケーションを使って行う。事前のダウンロード、登録、すでに持っている方はアップデートを勧める。

キャノンデールについて

1971年にアメリカのコネチカット州で創業したスポーツバイクブランド。アルミの製造技術で業界をリードするとともに、リアサスペンション、ヘッドショック、レフティ、BB30などの斬新な機構を生み出して市場を拡大。多くの自転車競技をサポートし、今やレースの現場になくてはならない存在となっている。2021年、ブランド創業50周年を迎える最も歴史の長いアメリカン・スポーツバイクブランド。

LINK:キャノンデール・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む