シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」、福岡女子大学にポート設置

シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」、福岡女子大学にポート設置

シェアサイクルサービス「チャリチャリ」を運営するneuet株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:家本 賢太郎、以下「neuet」)は、公立大学法人福岡女子大学(福岡県福岡市東区香住ヶ丘1-1-1)の構内にチャリチャリのポートを開設した。福岡エリアにおいての大学へのポート設置は初となる。

neuetは「まちの移動の、つぎの習慣をつくる」をミッションとし、シェアサイクルという公共的な移動手段を担う存在として、福岡、名古屋、東京の各エリアにて地域に寄りそいながらの成長を目指している。福岡市では2018年2月のサービス開始後、2018年6月からは「福岡市スマートシェアサイクル実証実験」、2020年4月からは「福岡市スマートシェアサイクル事業」の共同事業者として展開している。

設置の背景

チャリチャリは2021年8月に東区〜アイランドシティへのサービスエリア拡大したほか、10月からは新たに電動アシスト自転車の導入を行い、都心部エリアだけでなく広域でより便利に利用できるようになった。

今回、JR香椎駅・西鉄香椎駅と大学との移動や、更に大学周辺の回遊性を高める移動手段として福岡女子大学の学生からの要望を受けてポート設置に至った。
これにより、学生の利便性向上だけでなく大学周辺の回遊性を高めることにより香椎エリアの地域活性に繋がることを期待している。

福岡女子大学ポート

開設日 : 2021年11月1日

設置場所 : 福岡女子大学南通用門

Charichari福岡女子大学ポート

Charichari(チャリチャリ)について

Charichari

「Charichari(チャリチャリ)」は、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、かんたんに利用できるシェアサイクルサービスである。ベーシックは1分6円、電動アシスト自転車は1分15円で利用でき、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指している。

福岡では2018年2月にサービスを開始し、現在までに約2,500台の自転車と400ヵ所以上の駐輪ポートを展開し、累計600万回以上利用されるほど成長した。

2020年7月15日より名古屋市、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始する。1分単位の料金設定や、手軽に使えるアプリ仕様から各エリアにて「ちょっとそこまで」の日常的な移動などで利用されている。

・Charichari(チャリチャリ)

https://charichari.bike

Charichari(チャリチャリ)ではポートオーナーを募集中です

Charichari(チャリチャリ)ではポートオーナーを募集中

店舗やオフィスの軒先・駐車場の一部など、あなたが持っている未活用スペースをチャリチャリのポートとして活用したい方を募集中。チャリチャリのポートは、自転車3台程度の小さなスペースから設置できる。普段使われていない場所を、新しい価値として活用しよう。

LINK:neuet株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop