五輪コースを美女と走れる!? IMTサイクリングに参加してみた

10月16日は雨だった。普段なら家でZWIFTをするが、今日は違う。なんでもANGELたちと走れるイベントが稲城であるらしい。

筆者は雨の中、スタート地点の稲城中央公園に向かった。ANGELと走れると思うと、普段は憎たらしい雨も気にならない。ロードバイク女子とサイクリングするなんて何年ぶりだろうか? あっ、初めてだった。

現実はそう甘くない

スタート時間のかなり前に到着したが、参加者はたくさんいた。やっぱり、みんなANGELとのライドが楽しみなんだなあ。

本日の主役、ANGELの姿も見える。ANGELは、日本初のe-sports BIKEプロチームのメンバー。女性アスリートを中心に、幅広く女性のサポートや支援を行うプロジェクトを推進している。雨模様の中、太陽のような輝きを放っていた。なるほどANGELという名も納得である。

ANGEL

しかし、受付で衝撃の事実を知った。ANGELと一般参加者は別行動らしい。ANGELは撮影のため先にスタートせねばならず、「一緒には走れません……」と言われてしまった。

どうやら筆者は勘違いをしていたようだ。何の条件もなしに、太陽のようなロードバイク女子と走れるほど現実は甘くない。

筆者の頬には水滴が流れ落ちていた。それが涙なのか雨なのかは分からない。

オリンピックコースを走る

IMTサイクリング

受付後、グループごとに分かれてスタートした。1グループの人数はおよそ5人。大所帯ではないので、走りやすいしコミュニケーションも取りやすい。

サイタマサイクルプロジェクト、さいたまディレーブ、Mizuさん(ANGEL PROJECT)が先導役だ。

▽コース

東京五輪のロードレースコース、稲城・町田・多摩エリアを周遊する約35km。唯一の難所は、尾根幹くらいだろう。

尾根幹

尾根幹といえばアップダウン。ピチピチのウェアを着たガチローディーが、うようよいるような場所だ。尾根幹の坂を見るだけで、心拍数が上がる気がする。だが、私たちはマイペースで坂を上る。初心者でも十分に付いていけるペースだ。下りでかっ飛ばす人もいない。ちょっと安心した。

境川ゆっくりロード

川沿いをしばらくのんびり走る。

自然を感じられていいよね!うん!

さいたまディレーブの選手が先導
さいたまディレーブの選手が先導
境川ゆっくりロード

今回のコースは35kmと短いので、気づいたら後半戦。再び雨が強くなってきた。

余談だが、筆者のバイクはディスクブレーキなので、雨でも安心。時代はディスクと再認識した。

後半はMizuさんが引っ張るグループにジョイン!

Mizuさん

「秋になると落ち葉や枝が多いから気を付けて!」とMizuさん。過去にこの場所で、落車した経験があるらしい。

Mizuさんは、マンホールがあるたびにハンドサインで教えてくれる。雨が降っていたため、マンホールの上はとても滑る。なんて優しいのだろう。リアル ANGELだ。

今日一番の笑顔

IMTサイクリング ゴール

Mizuさんの引きで稲城のZEBRAにゴール。

さあ、本日のメインイベント(?)撮影会だぁ!

ANGELとツーショットを撮り、参加者から今日一の笑顔が溢れる。

YUKARIさん
YUKARIさん
全員ビアンキ!
全員ビアンキ!

自転車談義を楽しむ参加者たちも。ぶっちゃけ、この時間が一番楽しかった。

「この自転車、自分で組み立てたんだよね~」

「自分でペイントしたんだよ~」

やはり、同じ趣味を持つ人との話は楽しい。雨に濡れたことも忘れ、自転車談義に夢中になってしまった。

サイタマサイクルプロジェクト

参加者が安全に走れるようリードしてくれた、サイタマサイクルプロジェクトのお二方。

事前にコースを下見してくれたらしい。バイクがとても個性的。左の方のバイクは、現在発売されていないモデルだという。S-WORKS TARMAC SL7も持っているとか……

ANGELたちとお茶する参加者も。

羨ましい......
羨ましい……

まとめ

距離40kmのシンプルなサイクリングイベント。観光地に興味ナシ、ひたすら走ることが至高の筆者には心地よかった。参加者の満足度もかなり高いようだった。

IMTサイクリングは定期開催ではないそうだが、自転車仲間を作るには最高のイベントなので、また近いうちに開催してほしい。次こそは、ANGELたちと走りたい!

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYカオコバヤシ

東京在住大学生。大学の自転車サークルに所属し、ロングライドやヒルクライムを楽しむ。特に荒川CRが好き。現在の愛車はGIANT TCR。好きな選手はユンボヴィスマのプリモシュ・ログリッチ。

他の記事も読む

pagetop