2022年最新|BIANCHI(ビアンキ)ロードバイクおすすめモデル全24台

ビアンキ 2022 最新 ロードバイク おすすめ

ビアンキの2022年モデルでは、カーボンフレーム採用のレース向けグラベルバイクIMPULSO PROが登場した。SPECIALISSIMAやOLTRE、INFINITOの主要レーシングモデルにはシマノの最新コンポーネントを搭載した完成車も登場。最新コンポ搭載バイクを手に入れたいサイクリストには朗報だ。

レーシングロードからグラベルバイクまで幅広いラインナップをそろえつつ、定番モデルのカラーやデザイン変更などのコスメチェンジも行われている。早速ビアンキ2022モデルの注目ポイントをチェックしよう。

BIANCHIとは

Giro105ライドイメージ
ジロ・デ・イタリア105回目開催を記念して作られた限定フレーム「SPECIALISSIMA Giro105」(リリース

BIANCHI(ビアンキ)は1885年にイタリア・ミラノで創業し、140年近くたった今もその命脈を保つ現存する世界最古の自転車ブランドだ。イタリア語で青空を意味する青緑色の「チェレステ」がイメージカラーで、フレームのメインカラーや差し色に使うことでビアンキのバイクとしての存在感を主張する。

取り扱うバイクもさまざまなジャンルに渡り、トッププロ選手が使うレーシングロードをはじめ、街乗りに最適なクロスバイク、最近注目を集めているグラベルバイク、本格的なマウンテンバイクまで豊富なラインナップを誇る。

2022年モデルはグラベルバイクが充実

グラベルでもスピードを追求するライダーへ送る「IMPULSO PRO」
グラベルでもスピードを追求するライダーへ送る「IMPULSO PRO」

ビアンキの2022年モデルの注目ポイントは、グラベルバイクのラインナップが充実していることだ。このところ世界はもちろん、日本でも盛り上がりを見せるグラベルシーンだが、それに対応する形だ。

2022モデルとして新登場したグラベルレース向けのフルカーボンフレーム採用モデルIMPULSO PRO、アルミフレーム採用で手の届きやすい価格を実現したIMPULSO、フレーム重量1100gの軽量カーボンフレームを採用しながら700×42Cのワイドなタイヤをはきこなせる本格グラベルバイクARCADEXと多彩なモデルがそろっている。

カーボングラベルレースバイクのIMPULSO PRO
カーボングラベルレースバイクのIMPULSO PRO
アルミグラベルバイクのIMPULSO
アルミグラベルバイクのIMPULSO
フルカーボングラベルロード「ARCADEX」
フルカーボングラベルロード「ARCADEX」

一口にグラベルバイクといっても、レース志向かツーリング志向か、オフロード重視かオンロードの走行性能も重視するかでバイクのキャラクターも変わってくる。

さらに、同じオフロードを走るバイクでも、タイヤ幅の制限など独自のルールの下で行われるシクロクロス向けのバイクはまた別物だ。

シクロクロスレース向けのフルカーボンフレームZOLDER PRO
シクロクロスレース向けのフルカーボンフレームZOLDER PRO

レース派もグラベルツーリング派もシクロクロス派も、オフロードを走りたいと思うあらゆるサイクリストが自分にぴったりのバイクを見つけられるだろう。

メインコンポーネントに新アルテグラを搭載する完成車も

ハイエンドエアロロード、OLTRE XR4CV DISC
ハイエンドエアロロード、OLTRE XR4CV DISC

2021年モデルからディスクブレーキ専用設計となって軽量レーシングロードからオールラウンドロードに進化を遂げたSPECIALISSIMA、登りも軽快に走るエアロロードのOLTRE XR4およびXR3、エンデュランスロードのINFINITOという各レーシングモデルにシマノ・アルテグラ12スピード仕様を搭載した完成車が登場。

シマノの最新のセミワイヤレスコンポーネントで新車を検討していた方には朗報だ。

12速になった新型のシマノ・アルテグラを搭載したINFINITO。2色展開
12速になった新型のシマノ・アルテグラを搭載したINFINITO。2色展開

モデル名につくCVとはCountervail®のこと。フレームのカーボンの積層内にCountervail®カーボン素材を埋め込むことで、さまざまなライディングスタイルに対してより高いパフォーマンスを引き出す。さらにフレームの剛性と強度を高めながら振動を最大80%カットするというもの。

レースで求められる高い剛性と強度だけでなく、上質な乗り味も実現する。同テクノロジーを採用する各モデルは、2022年モデルでコスメチェンジも行われ、より洗練されたカラーリングになっている。

BIANCHIロードバイク2022
BIANCHIロードバイク2022

これらのモデルの中でも特にOLTRE XR3ディスクは、新型シマノ・アルテグラを搭載する完成車としては値ごろ感があり、人気が集中して品薄状態になることも予想される。気になる方は早めにお近くの取扱店で予約することをおすすめする。

FRAME’s Choice is…

初めての1台としておすすめするFRAME’s Choice。ビアンキでおすすめしたい1台は、グラベルバイクのIMPULSOだ。

アースカラーでまとまった「Green Forest/Dark Green」はグラベルシーンで完璧になじむ
アースカラーでまとまった「Green Forest/Dark Green」はグラベルシーンで完璧になじむ

理由はレースに限らず、通勤ライドからツーリングまで幅広い用途に使えるという点がひとつ。アルミフレームにグラベルロード用コンポーネントシマノ・GRX600を搭載しながら、値ごろ感のある価格設定であることがもうひとつの理由だ。

ドライブトレインはアドベンチャー専用コンポーネント「シマノ・GRX」。リアディレイラーにはチェーン暴れを防ぐスタビライザーを装備
ドライブトレインはアドベンチャー専用コンポーネント「シマノ・GRX」。リアディレイラーにはチェーン暴れを防ぐスタビライザーを装備

多目的に使えるという点については、グラベルバイクの特徴とも言える。太めのタイヤを標準装備するので、速く走ることを追求しなければオンロードはもちろん、多少道が荒れたところやライトなオフロードでも気にせず走れる。

通勤ライドで工事中の路面にさしかかった時や、緊急避難的に歩道に上がるようなケースでも、太めのタイヤを履いていると安心感がある。

もちろんオンロードがメインの場合は700Cホイールに細身のスリックタイヤ、グラベルに走りに行く場合はタイヤだけを太めに替えたり、650Bホイールに太いタイヤをはかせて走るなんてことも可能だ。

※画像はIMPULSO PRO
※画像はIMPULSO PRO

スポーツバイクはほしい、でも自転車に乗って何をするかはいろいろチャレンジしながら決めたいというビギナーには、まさにピッタリの1台だ。

価格に関しては、ビアンキのグラベルバイクでは最も手の届きやすい価格を実現している(税込28万6000円)。とはいえ、初めてのバイクとしてはやや高めかもしれない。

ただ、1台で通勤からロングライド、グラベルライドまでこなせるので、ロードバイクとMTBなど複数台のバイクを所有することや複数台のランニングコスト(タイヤなどの消耗品代やメンテナンスにかかる費用)まで考えると、コスト面でもお値打ちだとも言える。

保管場所も1台分ですむのもメリットだ。

IMPULSOは3色展開。Blue Gray/Dark Blue GrayとGreen Forest/Dark Greenはタイヤがサイドスキン仕様
IMPULSOは3色展開。Blue Gray/Dark Blue GrayとGreen Forest/Dark Greenはタイヤがサイドスキン仕様

アルミフレームは輪行などでもカーボンフレームほどデリケートな取り扱いが求められないので、そういう意味でも扱いやすい。

これらの理由から、IMPULSOを初めての1台として強くプッシュしたい。

2022年モデル全24台を一挙紹介

ここからは2022年モデルのロードバイクを一挙に紹介する。

※画像はデザイン見本のため、一部パーツは異なる場合あり


Bike model article by Toshiyuki Masubuchi

レーシング

パワーの伝達性能が最高かつ最適になるように設計された「レーシング」レンジ。エアロロードから軽量ロードまで、それぞれの特性を活かしたモデルが十分揃っている。

  • SPECIALISSIMA=軽量オールラウンダー
  • OLTRE=万能エアロロード
  • SPRINT=オールラウンダー
  • ARIA=エアロロード

SPECIALISSIMA CV DISC

SPECIALISSIMA CV DISC

ワイズロードで見る

ビアンキの技術の髄を結集させて作られた超軽量バイク。ネーミングは「特別中の特別」を意味しており、平坦な道からヒルクライムまで乗るシーンを問わないオールラウンダーである。2021年にディスクモデルとして再設計され、ダウンヒルにおいても安定した操縦性を発揮。また、シマノ最新コンポのアルテグラDi2 12SP DISCをインストールしているモデルもあり。

◆共通スペック

  • フレーム:SPECIALISSIMA DISC CARBON with BIANCHI CV
  • フォーク:BIANCHI FULL CARBON with BIANCHI CV
  • サイズ:47、50、53、55、57

-SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC

  • 価格:1,133,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 400 DISC BRAKE
  • タイヤ:PIRELLI P ZERO RACE
  • カラー: CK16 / Mermaid Scale Full Glossy、GREENISH BLUE / Mermaid Scale Full Glossy、Black Carbon UD / Mermaid Scale Full Glossy

ワイズロードで見る(グリーニッシュブルー)

ワイズロードで見る(チェレステ CK16)

ワイズロードで見る(ブラックカーボン)

>> 公式サイトで見る

-SHIMANO ULTEGRA DISC

  • 価格:880,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 418DB
  • タイヤ:PIRELLI P-ZERO RACE 700×26C
  • カラー: CK16 / Mermaid Scale、GREENISH BLUE / Mermaid Scale、Black Carbon UD / Mermaid Scale Full Glossy

ワイズロードで見る(チェレステ CK16)

ワイズロードで見る(ブラックカーボン)

>> 公式サイトで見る

-FRAME SET

-FRAME SET
  • 価格:660,000(税込)
  • カラー: CK16 / Mermaid Scale Full Glossy

>> 公式サイトで見る

SPECIALISSIMA  Giro105

SPECIALISSIMA  Giro105

105回目となるジロ・デ・イタリアの開催を記念して、数量105台限定で生産が決定。フレームのトップチューブには001から105までのシリアルナンバーが刻印され、ふたつとして同じものがない特別な一台となっている。

イタリアでハンドペイントされるデザインは、ビアンキとコルサ・ローザの故郷であるイタリアの最も美しい景色へのオマージュだ。

ディテールにはビアンキが特別に開発したアルペングローという色を使用。夜明けや夕暮れ時のドロミテの光の色で、山頂が赤や金、そして特にピンク色に輝いているように見える、ジロの色でもある。フォークは不朽のシンボルとして、卓越性、忍耐、そして勝利を手にするチャンピオンへの熱き思いを表すトロフェオ・センツァ・ファイン(終わりなきトロフィー)が描かれている。

SPECIALISSIMA  Giro105

2022年4月15日から「bianchi.com」において期間限定で販売(価格未定)。

OLTRE XR4 CV DISC

OLTRE XR4CV DISC
画像はリムブレーキモデル

ワイズロードで見る

2011年から投下されたエアロロード。初代以降、数回のマイナーチェンジを経て、2019年にディスクブレーキモデルとして進化した。比類なき空力性能を持ちながら、ヒルクライムにも対応するポテンシャルを抱いたバイクとしてワールドツアーで活躍。

ビアンキCVシステム(Countervail®)による振動除去性能を活用して快適性を高め、ライダーが長時間エアロポジションをとることを可能にし、高いエアロ性能を実現している。

◆共通スペック

  • フレーム:OLTRE XR4 COUNTERVAIL CARBON
  • フォーク:FULL CARBON COUNTERVAIL AERO
  • サイズ:47、50、53、55、57

-SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC

  • 価格:1,056,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 400 DISC BRAKE
  • タイヤ:PIRELLI P ZERO RACE
  • カラー:Graphite Race / Grey shade Matt + Metal Mirror Logo Glossy、Graphite Race / CK16 shade + White Logo Full Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

-FRAME SET

-FRAME SET
  • 価格:602,800円(税込)
  • カラー:Graphite Race / CK16 shade + White Logo Full Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

OLTRE XR3 CV DISC

OLTRE XR3CV DISC

ワイズロードで見る

上記「OLTRE XR4CV DISC」の走行性能を踏襲した弟的存在。優れた剛性、操縦性、空力性能を持つエアロバイクである。こちらもビアンキCVシステム(Countervail®)を採用。高強度における中弾性カーボンフレームは、ホビーレースに加えエキスパートな走りを求めるライダーに最適なモデルだ。

◆共通スペック

  • フレーム:OLTRE XR3 COUNTERVAIL CARBON
  • フォーク:FULL CARBON COUNTERVAIL AERO
  • サイズ:47、50、53、55、57

-SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC

  • 価格:737,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 400 DISC BRAKE
  • タイヤ:PIRELLI P7 700×28C
  • カラー:White – CK16 Shade + Metal Logo、Graphite Race / CK16 Shade + White Logo Full Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

-SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC

-SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC
  • 価格:536,800円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 400 DISC BRAKE
  • タイヤ:PIRELLI P7 700×28C
  • カラー:GraphiteRace / Grey shade Matt + Metal Mirror Logo Glossy、Graphite Race / CK16shade + White Logo Full Glossy

>> 公式サイトで見る

SPRINT DISC

SPRINT DISC

ワイズロードで見る

1970年代にラインナップされていたモデルを2020年に復活。現代のカーボン技術で生まれ変わった味わい深い一台だ。メカニカル/電動式の両方のメインコンポーネントに対応。空力に勝るエアロ形状のテーパーヘッドチューブや内装型シートポストクランプ、油圧式ディスクブレーキなど、往年のモデルを知るファンから現在の若者まで、幅広いライダー層に訴求するバイクとなっている。価格もお手頃で、気軽に買えて楽しめるだろう。

  • 価格:283,800円(税込)
  • フレーム:SPRINT CARBON MONOCOQUE
  • フォーク:FULL CARBON
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 11SP DISC
  • ホイール:VELOMANN VR30 ALLOY
  • タイヤ:VITTORIA RUBINO IV 700×28C
  • サイズ:47、50、53、55、57
  • カラー: CK16 Glossy、Black / Graphite Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

SPRINT

SPRINT

ワイズロードで見る

上記「SPRINT DISC」のリムブレーキ版。コンポーネントも同じくシマノ・105の11速で、ホイールとタイヤのアッセンブルは異なるが、遜色のない走りを見せてくれるだろう。身体の小さい人にも安心な44サイズから展開。

  • 価格:228,800円(税込)
  • フレーム:SPRINT CARBON MONOCOQUE
  • フォーク:FULL CARBON
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 11SP
  • ホイール:SHIMANO WH-RS100
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO PRO V 700×25C
  • サイズ:44、47、50、53、55、57
  • カラー: CK16 Glossy、Black/ Graphite Glossy

ワイズロードで見る

ワイズロードで見る(ブラック)

>> 公式サイトで見る

ARIA DISC

ARIA DISC

ワイズロードで見る

2018年からお目見えした中級クラスのエアロロード。フレームの随所をエアロシェイプ化して流麗なデザインとなっており、優れた空力性能、剛性、操縦性を共存させているピュアレーシングバイクだ。TTやトライアスロンにも使える汎用性の高い一台となっている。

◆共通スペック

  • フレーム:ARIA AERO CARBON
  • フォーク:FULL CARBON AERO
  • サイズ:47、50、53、55、57

ーSHIMANO ULTEGRA 11SP DISC

  • 価格:462,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 818 DISC BRAKE
  • タイヤ:VITTORIA  RUBINO IV G2.0 GRAPHENE 700×28C
  • カラー: Summertime Dream / Black Full Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

ーSHIMANO 105 11SP DISC

ーSHIMANO 105 11SP DISC
  • 価格:360,800円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 11SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 818 DISC BRAKE
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO PRO V 700×28C
  • カラー: Black / Brillant Graphite Full Glossy、CK16 / Black Full Glossy

>> 公式サイトで見る

エンデュランス

ロングライドでもライダーの身体に負担をかけない「エンデュランス」レンジ。より遠く、楽しく走れるをモットーにしたカテゴリーだ。グランフォンド、ブルベなど、長距離を走る人におすすめ。

  • INFINITO=エンデュランス
  • VIA NIRONE=エントリーバイク

INFINITO CV DISC

INFINITO CV DISC

ワイズロードで見る

2020年にフルモデルチェンジした、石畳のレースでの勝利を目的に開発されたエンデュランスバイク。ビアンキCVシステム(Countervail®)が持つ振動除去性能によりライダーの疲労を軽減し、荒れた舗装路でも安定した走行性能を発揮する。高度なブレーキングが要求される悪天候にも負けない力強さを持ち合わせている一台。

◆共通スペック

  • フレーム:INFINITO CV DISC CARBON with COUNTERVAIL
  • フォーク:FULL CARBON COUNTERVAIL
  • タイヤ:PIRELLI P7 700×28C
  • サイズ:47、50、53、55、57
  • カラー: CK16 / DARK Turquoise Full Glossy、Soft Black / Black Full Matt

ーSHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC

  • 価格:781,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA Di2 12SP DISC
  • ホイール:FULCRUM RACING 400 DISC BRAKE

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

-SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC

-SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC
  • 価格:594,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC
  • ホイール:VISION TRIMAX 30 DISC BRAKE

>> 公式サイトで見る

INFINITO XE DISC

INFINITO XE DISC

ワイズロードで見る

INFINITOシリーズのセカンドグレード車。CV非搭載のフレームだが、高剛性としなやかさを両立したエンデュランスバイクとなっている。空力を考慮したテーパーヘッドチューブと一体感あるステムとスペーサー、フレームと馴染む形状のアルミ合金シートポストを採用するなど、一味違う構成だ。ロングライドからヒルクライムに挑戦するライダーにとって、見逃せないモデルとなっているだろう。

◆共通スペック

  • フレーム:INFINITO CARBON DISC BRAKE
  • フォーク:FULL CARBON
  • ホイール:FULCRUM RACING 918 DB
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO PRO V 700×28C
  • サイズ:47、50、53、55、57
  • カラー:Black / Graphite Full Glossy、CK16 / Black Full Glossy

ーSHIMANO ULTEGRA 11SP DISC

  • 価格:399,300円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA 11SP DISC

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

-SHIMANO 105 11SP DISC

-SHIMANO 105 11SP DISC
  • 価格:344,300円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 11SP DISC

>> 公式サイトで見る

VIA NIRONE 7

VIA NIRONE 7

ワイズロードで見る

エントリーライダーに向けられたモデル。その名はビアンキ創業地からネーミングされている。快適性のあるエンデュランスジオメトリーで、低めに設計されたトップチューブが初心者にも優しいポジションを確保。フレーム素材はハイドロフォーミング成形されたトリプルバテッドアルミチューブを採用している。「ビアンキは高いからなぁ」と二の足を踏んでいる人でも買い求めやすい値段設定となっている。身体の小さいライダーにも嬉しい41サイズからの展開。

◆共通スペック

  • フレーム:ALLOY HYDROFORMING TUBING
  • フォーク:FULL CARBON
  • カラー:Serial Black / Titanium Silver Full Glossy、CK16 / Titanium Silver Full Glossy

ーSHIMANO 105 11SP

  • 価格:192,500円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 11SP
  • ホイール:SHIMANO WH-RS100
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO 700×25C
  • サイズ:41、44、47、50、53、55、57

ワイズロードで見る

ワイズロードで見る(ブラック)

>> 公式サイトで見る

-SHIMANO SORA 9SP

ワイズロードで見る

  • 価格:147,400円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO SORA 9SP
  • ホイール:VELOMAN ABR-1
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO V 25-622 700×25C
  • サイズ:41、44、47、50、53、55、57

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

VIA NIRONE 7 DISC

ワイズロードで見る

上記ディスクブレーキ版。10万円台でありながらディスクブレーキ搭載、シマノ・ソラ採用で、ビギナーには嬉しい一台。

  • 価格:158,400円(税込)
  • フレーム:ALLOY HYDROFORMING TUBING
  • フォーク:”CARBON 1.1/8″” DISC BRAKE FLAT MOUNT 12×100mm THRU AXLE”
  • メインコンポーネント:SHIMANO SORA 9SP
  • ホイール:VELOMAN ATD470
  • タイヤ:VITTORIA ZAFFIRO 700×32C
  • サイズ:47、50、53、55、57
  • カラー:Serial Black / Titanium Silver Full Glossy、CK16 / Titanium Silver Full Glossy

ワイズロードで見る

ワイズロードで見る(ブラック)

>> 公式サイトで見る

TT / トライアスロン

髪の毛一本の差のように、僅差で勝ち負けが決まるTTで勝利を得るために——。このステージでもビアンキらしさが満載だ。

AQUILA CV

AQUILA CV

最新の風洞実験などに加え、ビアンキCVシステム(Countervail®)による疲労軽減が発揮され、ライダーに効率の良いベストなポジションを提供するようになっている。トライアスロンでも高性能で特別なパフォーマンスを見せつけることができるだろう。

FRAME SET

  • 価格:858,000円(税込)
  • フレーム:AQUILA CV CARBON with COUNTERVAIL
  • フォーク:BIANCHI FULL CARBON with COUNTERVAIL
  • サイズ:XS、SM、MD、LG
  • カラー:Graphite Race / CK16 Shade + White Logo

>> 公式サイトで見る

シクロクロス

冬場の自転車競技として定着したジャンル。ビアンキでも世界クラスで闘えるバイクを手がけている。

ZOLDER PRO

ZOLDER PRO

ワイズロードで見る

シクロクロスのプロの現場で通用する、高性能なレーシングバイク。泥汚れが必須の競技においても、そのフレームデザインは美しく斬新なのが印象的だ。フルカーボンモノコックフレームとストレートフルカーボンフォークは、高剛性でギャップに負けないタフな作り。メインコンポーネントにはシマノのGRX600を配している。また、前後スルーアクスルで、電動式ケーブルの内装にも対応している。完成車とフレームセットでの提供。

◆共通スペック

  • フレーム:ZOLDER PRO CARBON
  • フォーク:BIANCHI FULL CARBON
  • サイズ:48、50、52、54、56、58

-SHIMANO GRX 600

  • 価格:550,000円(税込)
  • メインコンポーネント:SHIMANO GRX 600
  • ホイール:VELOMANN VR30 ALLOY
  • タイヤ:TERRENO MIX TNT G2.0 700×33C
  • カラー:CK16 / Purple Rainbow Full Glossy

ワイズロードで見る

>> 公式サイトで見る

-FRAME SET

-FRAME SET
  • 価格:374,000円(税込)
  • カラー:Black / Purple Rainbow、CK16 / Purple Rainbow Full Glossy

>> 公式サイトで見る

オールロード

舗装路から砂利道や荒れた道を走るのに適したグラベルロード。新たな道を開拓する、あなたの冒険の相棒となるアドベンチャーモデルを紹介しよう。

  • ARCADEX
  • IMPULSO PRO
  • IMPULSO

ARCADEX

ARCADEX

ワイズロードで見る

自然とのエモーショナルな触れ合いと、ビアンキのレーシングDNAが持つ爽快感が融合したグラベルバイク。ロードバイクの持つスピードと感性にオフロード性能を掛け合わせ、レースからポタリングまで最適なパフォーマンスを発揮する。タイヤは37Cを履き、どんな道でも屈しないボリュームがある。ビアンキはグラベルの魅力や楽しさをより多くの人に体感してもらいたいという想いから、価格を改訂して身近なものにしている。

  • 価格:396,000円(税込)
  • フレーム:ARCADEX CARBON
  • フォーク:BIANCHI FULL CARBON
  • メインコンポーネント:SHIMANO GRX600
  • ホイール:AREXRIMS GD24 DISC
  • タイヤ:WTB RIDDLER COMP 700×37C
  • サイズ:XS、SM、MD、LG、XL
  • カラー:CK16 / Blue Notes Full Glossy、Gold Storm / Blue Notes Full Glossy

ワイズロードで見る

ワイズロードで見る(ゴールドストーム)

>> 公式サイトで見る

IMPULSO PRO

IMPULSO PRO

スピードを求めるライダーに向けて開発されたグラベルバイク。レーシングバイクのノウハウを注ぎ込んだジオメトリーを採用している。リアトライアングルは剛性のバランスをとり、スプリントとクルージング両方に適した反応性と俊敏性を獲得。また超高剛性カーボンフレームはライダーの踏み力を効率的に推進力に変換し、ねじれ剛性と横剛性の最適化で優れたパワー伝達を実現している。高速域でのアドベンチャーライドを満喫できるだろう。

  • 価格:605,000円(税込)
  • フレーム:IMPULSO PRO CARBON DISC BRAKE
  • フォーク:FULL CARBON
  • メインコンポーネント:SHIMANO GRX600 11SP
  • ホイール:VELOMANN DISC
  • タイヤ:RIDDLER COMP 700×37C
  • サイズ:48、50、52、54、56、58
  • カラー:CK16 AQUAMARINE、SAGE ESCAPE

>> 公式サイトで見る

IMPULSO

アルミグラベルバイクのIMPULSO

エントリー層からシリアスライダーまで満足を味わえるアルミ製セカンドグレード車。数度に渡るハイドロフォーミングを施した高品質フレームに、カーボンフォークを搭載している。前後スルーアクスルにより、優れた操作性能を獲得。ダボ穴がフレームとフォークに設けられているので、キャンプツーリングに対応する拡張性がある。

  • 価格:286,000円(税込)
  • フレーム:IMPULSO ALLROAD ALU
  • フォーク:FULL CARBON
  • メインコンポーネント:SHIMANO GRX810 
  • ホイール:VELOMANN GD24 DISC
  • タイヤ:KENDA ALLUVIUM 700×40C
  • サイズ:47、50、53、55、57
  • カラー:Blue Gray / Dark Blue Gray、Green Forest / Dark Green、CK16 / Darkturquoise

>> 公式サイトで見る


Bike model article by Toshiyuki Masubuchi

昨年度モデルはこちらからチェック

Photos © CYCLEUROPE JAPAN

公式HP:Bianchi

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BY浅野真則

自転車専門誌・WEBメディアで活動する自転車ライター。レース志向のガチ勢で、インプレやトレーニング系の記事だけでなく、カメラを担いで自ら被写体になりながら走り、原稿も書く“自作自演”の実走取材も得意。乗りたいバイクが青くないと新品でもわざわざ青く塗り直すほどの青好きで、もみあげの長い風貌から“青ゴルゴ”と呼ばれている。

他の記事も読む

pagetop