キャニオンがプレイフル・ショートトラベル・トレイルバイクの新型『スペクトラル125』 を発売

昨年、キャニオンはオールラウンドなトレイルバイクの『スペクトラル』に27.5インチ、29インチ、前後異径のマレットという選択肢を追加し、現代の多彩なトレイルライドの楽しみ方に対応できるベンチマークを打ち立てた。そして2022年、キャニオンは究極のトレイルバイク・ファミリーを創り出すというコミットメントをさらに強化するため、全く新しい『スペクトラル125』を発売する。

スペクトラル125について

スラックでアグレッシブなショートトラベル29erであるスペクトラル125は、何よりもプレイフルなトレイルバイクだ。リア125mm、フロント140mmと短めのトラベル、29インチホイールをフルに活用し、険しい地形を素早く走破すると同時に、ライダーがトレイルとより密接な関係を築けるバイクに仕上がっている。

トレイルとのコミュニケーションをより濃く味わえる、リア125mm、フロント140mmと短めのトラベル、29インチホイールの組み合わせ。Copyright: Canyon Bicycles
トレイルとのコミュニケーションをより濃く味わえる、リア125mm、フロント140mmと短めのトラベル、29インチホイールの組み合わせ。Copyright: Canyon Bicycles

このバイクは、コンプレッションを駆使してトレイルのあらゆる凹凸をきっかけにポップな走りを繰り出したくなるようなバイクだ。バイクの性能は、もはや単純にトラベル量という数値で測れる時代ではない。プログレッシブなフレーム形状、サスペンションの品質、シャーシの強度と剛性、これらすべてが、バイクがテクニカルなシングルトラックで真に輝くか、不発弾に終始するかを決定する。そして、スペクトラル125は、ただ輝くだけでなく、破裂するように刺激的に楽しめるライドクオリティをもたらすのだ。

狙い通りのコーナリングはもちろん、ペダルを回す登りも軽快で、効率的。アンチスクワットを大きくし、トラベルを少なくしたことで、Spectral 125はアクセルを素早く踏み込むことができます。Copyright: Canyon Bicycles
狙い通りのコーナリングはもちろん、ペダルを回す登りも軽快で、効率的。アンチスクワットを大きくし、トラベルを少なくしたことで、Spectral 125はアクセルを素早く踏み込むことができまる。Copyright: Canyon Bicycles

スペクトラル125は、160mmというより長いトラベル量を持つ兄弟車をベースに、オールラウンドな性能引き継ぎ、よりサポート性の高いサスペンションを装備し、さらに遊び心をプラスしたバイクとしてデザインされた。アンチスクワットと流線型フレームにより、登りも軽快で効率性が向上している。64°のヘッドチューブアングルと、頑丈で俊敏なフレームとのバランスは、ショートトラベルのトレイルジオメトリーの最先端を行くものだ。このバイクは、最高にワイルドでありながら、メローなトレイルでさえも遊び場に変えてしまうほどの敏捷性を備えている。

13kg台の完成車重量を実現したCFシャーシ。短めのストロークを活かしたプレイフルな乗り味を楽しめます。Copyright: Canyon Bicycles
13kg台の完成車重量を実現したCFシャーシ。短めのストロークを活かしたプレイフルな乗り味を楽しめる。Copyright: Canyon Bicycles

わずか2,500gのフルカーボンシャシーは、驚くほど軽量だ。カーボンファイバーのレイアップを最適化することで、このスペクトラルにエンデューロワールドシリーズで優勝実績を持つストライブと同じカテゴリー4の強度を持たせながら、フレーム重量を減らすことに成功した。高い耐久性と剛性を持つ一方、トラベル量の少なさからビッグヒットに弱いと思われがちだが、その素性はスキルフルなライダーならスペクトラル125の性能を限界まで引き出すことを可能にしている。ロングトラベルのスペクトラルと同様、すべてのCFモデルにはダブルシールドベアリング、交換可能なスレッドインサート、完全な内部ケーブルルーティング、フリップチップジオメトリーアジャスターを採用し、ヘッドチューブとシートチューブの角度を0.5°、ボトムブラケットを8ミリ上下させることが可能だ。

ALシャーシは、CFプラットフォームの乗り心地を再現するために設計されたシャーシです。シンプルで、信頼性が高く、素晴らしい、そして手頃な価格を達成しています。Copyright: Canyon Bicycles
ALシャーシは、CFプラットフォームの乗り心地を再現するために設計されたシャーシだ。シンプルで、信頼性が高く、素晴らしい、そして手頃な価格を達成している。Copyright: Canyon Bicycles

ALバージョンのSpectral 125も同様に印象的なほど高性能だ。重量3,000gのこのアルミバイクは、カーボンモデルと同じカテゴリー4の耐久仕様を維持しながら、可能な限り似たような乗り味になるよう設計されている。ジオメトリー調整用のフリップチップはないが、スペクトラル125CFが「LO」設定で採用する寝かせたヘッドアングルと低いボトムブラケット、そして「HI」フリップチップ設定による急なシートチューブアングルはそのままに、シンプルなバイクに仕上がっている。また、スマートなケーブルルーティングやスチール製ピボットスレッドも採用し、高い走行性能を持ちながら手頃な価格を実現したバイクに仕上がっている。

スペクトラル125シリーズのラインナップ

スペクトラル125の発売にあたり、2種類のアルミモデルと3種類のカーボンモデルの計5種類の完成車がラインナップされている。

スペクトラル 125 AL 5 | Shimano Deore | Rockshox 35 Gold | 15.7kg | 289,000円*
スペクトラル 125 AL 5 | Shimano Deore | Rockshox 35 Gold | 15.7kg | 289,000円*
スペクトラル 125 AL 6 | Shimano SLX | Fox 36 Rhythm | 15.4kg | 349,000円*
スペクトラル 125 AL 6 | Shimano SLX | Fox 36 Rhythm | 15.4kg | 349,000円*
スペクトラル 125 125 CF 7 | Sram GX Eagle | Rockshox PIKE Select+ | 13.9kg | 409,000円*
スペクトラル 125 125 CF 7 | Sram GX Eagle | Rockshox PIKE Select+ | 13.9kg | 409,000円*
スペクトラル 125 125 CF 8 | Shimano XT | Fox 36 Performance Elite Grip2 | 13.8kg | 519,000円*
スペクトラル 125 125 CF 8 | Shimano XT | Fox 36 Performance Elite Grip2 | 13.8kg | 519,000円*
スペクトラル 125 125 CF 9 | Sram GX AXS | Fox 36 Factory Grip2 | | 13.8kg | 669,000円*
スペクトラル 125 125 CF 9 | Sram GX AXS | Fox 36 Factory Grip2 | | 13.8kg | 669,000円*

*表示価格について
ドイツから日本への配送料¥21,500 パーツ配送料¥2,100が別途かかる。またキャニオンの購入は、購入者がドイツ・キャニオン社から直接購入し、個人輸入される形態となる。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれない。消費税額は輸入通関時に税関にて個別に決定されるため、事前に税額を案内することはできない。なお、自転車の関税は無税となっている。消費税は購入者が注文品を受け取る際、配達員の方へ現金にて支払いいただく。  

メーカー直販ならではのサイズ診断システムと、返送料0円の30日間試用・返品保証、日本のサービスセンターでの点検修理

パーフェクトポジショニングシステム(PPS)を使用すれば、わずか5分でサイズ診断することができる。長年、日本を含む全世界からのオンラインサイジングで収集したデータを使用しており、信頼できる結果が得られる。サイズ診断の鍵となる身長と股下寸法を入力するだけ。さらに安心して購入いただくために、自転車を注文して受け取りした後でも、商品到着後30日以内であれば返品を受け付けている。そのため万が一、フレームサイズが合わなかったり、実際のカラーが気に入らなかったという時でも、返送料0円で返品することができる。また、購入後のアフターサービスも充実。キャニオン製品に精通したメカニック(自転車技士・自転車安全整備士)により、製品保証に基づいた無償修理だけでなく、オーバーホールや点検整備などの有償メンテナンス、また購入者近隣の持ち込みメンテナンスショップの紹介も行っている。マウンテンバイクならではのFox・Rockshox製品についても国内代理店によるオーバーホールの取次を行っている。

キャニオン公式ストア パーフェクトポジショニングシステム(PPS)について

キャニオン公式ストア 30日間試用・返品保証ページ

キャニオンジャパンサービスセンターでの点検修理、Fox・Rockshox製品など国内代理店によるオーバーホールの取次について

LINK:キャニオン・バイシクルズ

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop