【でんじろう先生とスーパータッグ】日本最大級の自転車と科学のコラボレーション・イベント「技術と科学のCharinko WORLD 2022(チャリンコワールド2022)」を科学技術館で開催

公益財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館(館長:野依良治)は、米村でんじろうサイエンスプロダクションとともに、自転車と科学のコラボレーション・イベント「技術と科学のCharinko WORLD 2022(チャリンコワールド2022)」を2022年3月25日(金)から4月3日(日)まで、科学技術館にて開催する。

このイベントは、テレビや雑誌などでおなじみのおもしろ科学の伝道師・サイエンスプロデューサー米村でんじろう氏をはじめとする米村でんじろうサイエンスプロダクションとの共同企画により、自転車発明の歴史をひも解きながら、それぞれの時代背景にリンクした発明品や文化などを交えて紹介し、”科学の目”で自転車を分解し、五感を通して理解・体験できる今までにない新しい形の特別展となっている。

米村でんじろう氏

自転車発明の中で、その技術の進化の原点となった自転車競技について紹介したり、自転車や科学にまつわるステージショーなどの自転車コラボ企画、キッズたちに大人気ストライダーの試乗体験、19世紀後期に盛んに製作された前輪と後輪直径の大きく異なるオーディナリー型自転車に乗って記念写真撮影、おもしろ自転車の体験コーナー、身近なもの使って楽しく学べるクラフトコーナーなど、目玉企画が目白押しのイベントとなっている。
本企画は、さまざまな自転車の魅力を、自転車のファンだけにとどまらず、子どもたちからご高齢の方々・若い世代・ファミリーと、あらゆる皆様に伝え、自転車ファンを増やし、環境と健康増進、自転車文化の普及啓発に寄与することを目的としている。

空気砲

科学技術館としては、一昨年から続く新型コロナの状況により価値が見直されていて、環境にやさしく今も昔も人々の生活に役立ち続ける自転車と、科学のおもしろくタメになる魅力を存分に体感いただき、皆が楽しく元気な気持ちになってほしいと考えている。

なお、このイベントは、競輪の補助を受けて開催する。

開催概要

  • 名称:技術と科学のCharinko WORLD 2022(チャリンコワールド2022)
  • 開催日: 2022年3月25日(金)~4月3日(日)  ※ショーなどのメインイベントは3月26・27日および4月2・3日
  • 開催時間:9:30~16:30 ※3/25は15:00~より開会し、オープニングセレモニーを開催
  • 会場:科学技術館1階展示・イベントホール 他(東京都千代田区北の丸公園2番1号)
  • 対象:一般
  • 入場料:無料
  • 申込方法:一部当日整理券配布プログラムあり(詳細はイベントWEBサイト(下記URL)参照)
  • 主催:公益財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館
  • 企画・運営:アプロ株式会社/株式会社サイエンスエンタテインメント/公益財団法人日本科学技術振興財団/米村でんじろうサイエンスプロダクション
  • 寄付:アサヒ飲料販売株式会社/株式会社旭総合警備/鹿島建設株式会社/コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社/サントリービバレッジソリューション株式会社/株式会社シマノ/株式会社丹青社/東レ株式会社/株式会社日立製作所/三井不動産株式会社/理想科学工業株式会社 他
  • 後援:経済産業省/一般財団法人国民公園協会(予定)/自転車活用推進本部(予定)/一般財団法人日本自転車普及協会
  • 協力:青森県立三沢航空科学館/株式会社秋田書店/天草コレジヨ館/宇都宮ブリッツェン/株式会社エコクラフト/ガーミンジャパン株式会社/警視庁交通部/シクロチャンネル/公益財団法人シマノ・サイクル開発センター/株式会社ジェイ・スポーツ/GCN Japan/Zwift Japan株式会社/一般社団法人全日本BMX連盟/国立大学法人東京海洋大学/株式会社ドコモ・バイクシェア/一般財団法人日本サイクルスポーツセンター/一般社団法人日本パラサイクリング連盟/フェライト子ども科学館/本庄まちNET/Mercedes-Benz Classic Archives and Collection/弱虫ペダル05製作委員会/Wahoo Fitness Japan株式会社 他
  • ※寄付、後援、協力は2月15日現在

URL:https://www.charinkoworld2022.jp/

問合せ先

公益財団法人日本科学技術振興財団 経営企画・総務室
電話:03-3212-8584

開催場所参考資料

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号

科学技術館

科学技術館は先の東京オリンピックの年、1964年4月に東京・北の丸公園に開館した科学技術・産業技術の総合的博物館。開館以来体験型の展示手法を中心に展開し、科学・技術を通して未来につながる好奇心・探究心、そして創造性を育んできた。これまでの入館者累計は、青少年とファミリーを中心に3,200万人を超えている。

交通アクセス

科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2番1号)

最寄り駅
【東京メトロ東西線、半蔵門線】【都営地下鉄新宿線】
「九段下」駅下車(2番出口) 徒歩約800m

【東京メトロ東西線】
「竹橋」駅下車(1b出口) 徒歩約550m

交通アクセス

展示企画内容

■チャリンコ・ヒストリー

自転車にまつわる様々な歴史・文化・科学をその時代背景に触れながら、過去から現在へと紹介。江戸時代に日本で発明された『陸船車』をはじめ、当時の貴重な自転車資料であるセレリフェール型自転車・ドライジーネ型自転車・セーフティ型自転車など一挙に紹介。また、入場口ではオーディナリー型自転車に乗り記念撮影コーナーも設置している。

中野浩一選手世界選手権6連覇達成車

■チャリンコ・レース

自転車競技の発祥から現在に至るまでをわかりやすく紹介。実際の競技自転車やその種類、ユニフォームやその他自転車競技にまつわるものを解説動画付きで楽しく学べる。世界の大舞台で戦い活躍した『中野浩一選手世界選手権6連覇達成車』やその他貴重な競技自転車もたっぷりと楽しめる。

バーチャル体験とクラフト体験

■バーチャル体験とクラフト体験

超リアルな競輪世界をVRを用いて体感する体験コーナーや大人気・でんじろう先生監修の身近なものを使ったわくわく・ドキドキな学べるクラフト体験コーナーなどあり、来場記念にぜひ体験しよう。※整理券配布プログラム。詳細はWEBサイトにて案内。

ステージショー
『K&D』

■ステージショー

米村でんじろうサイエンスプロダクションによるサイエンスショーの他、MTBパフォーマーやサイクルサッカーチームによる自転車を使ったスゴ技ショーも披露する。

●『K&D』

MTBトライアル元世界チャンピオンの有薗啓剛(ありぞのけいごう)氏とMTBパフォーマー守上大輔(もりかみだいすけ)氏によるマウンテンバイク・パフォーマンスユニット。マウンテンバイク普及活動だけに留まらず、子どもたちの自転車安全運転取得ための早期安全啓発活動など様々な活動を通して貢献している。

●たちかわサイクルサッカークラブ
東京都立川市の「たちかわ創造舎」の旧多摩川小学校体育館を活動拠点に、日本室内自転車競技連盟と関東社会人クラブが中心となって、立川市や隣接する地域の小中高生・大学生・社会人にサイクルサッカーを指導・普及するクラブ。自転車で行うサッカーに似たスポーツで、体育館などで行われる室内自転車競技の一種。

砂田弓弦

■砂田弓弦氏写真展

世界最高峰の自転車フォトグラファー砂田弓弦氏の写真展も開催。レース中の貴重な写真を大公開。

●砂田弓弦(すなだゆづる)
1961年、富山市生まれ。大学卒業後にイタリアに渡り、1989年から自転車競技の撮影に携わっている。作品は多くの国で発表されている。2021年からベースを日本に移し、自転車競技の啓蒙に努めている。

■自転車安全教室
警視庁交通部によるピーポ君と一緒に学べる『自転車交通安全教室』を開催。その他、おまわりさんの自転車や警視庁のロードバイクチーム「BEEMS」の自転車、ユニフォームが登場。

ストライダー

■ストライダー試乗体験

子どもたちにも大人気の『ストライダー』試乗体験も実施。子どもたちのバランス能力や体幹が鍛えられ、自転車に早く乗ることができると言われている注目の自転車だ。

その他、大人も子供も見て・聞いて・体験できるイベントとなっている。

LINK:公益財団法人日本科学技術振興財団

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー
Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop