キャノンデールが100%堆肥化可能な素材を使用したボトルを発表

キャノンデールは、ロードレース界で一般的に使用されているプラスチック製ウォーターボトルに代わり、100%堆肥化可能な素材を使用したボトルを発表した。EFエデュケーション・イージーポストは今週末開幕するジロ・デ・イタリアから使用を開始し、そして、EFエデュケーション・ティブコSVBはバスク(スペイン)で開催されるイツリア・ウィメンで使用する予定。

100%堆肥化可能な素材を使用したボトル

環境フットプリントを最小限に抑えるためには、何が影響し、どこに原因があるのかを理解する必要がある。プロロードレースの世界では、毎年、約630,000本ものウォーターボトルが使用され、そのうち約70,000本がグランツールで消費されている、と考えられている。そして、EFエデュケーション・イージーポストと、EFエデュケーション・ティブコSVBの両チームだけでも約34,000本のボトルが使用されている。そのため、キャノンデールは毎レースで1度きりの使用で使い捨てられるボトルに代わり、優れた材料をしてより持続可能なソリューションを提案したいと考えた。

キャノンデール100%コンポスタブルボトルは、植物由来の素材で作られている。バルブ、キャップ、ボトル本体すべてが完全に堆肥化可能で、プラスチックやゴムなどの可塑剤、金属、BPAをいっさい含まないため、人にも環境にもやさしいウォーターボトルだ。

このボトルは、微生物、熱、湿気にさらされると、工業用堆肥システムで3か月以内に分解可能。また、欧州堆肥規格EN13242によって認定されている。家庭用コンポストでは、約10〜12か月で分解可能だ。

このボトルの一般販売は予定していない。キャノンデールは、プロロードレース界にとってより持続可能な未来を創造するために、2023年シーズン以降、このボトル製造ライセンスをワールドツアー全体に公開する予定だ。

100%堆肥化可能な素材を使用したボトル

LINK:キャノンデール・ジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop