3年ぶりのリアル開催を目指す!ツール・ド・東北 2022

ツール・ド・東北 2022

2022年9月17日(土)、18日(日)にサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2022」が開催される予定だ。

長らく東北の復興を支援してきたヤフー株式会社と株式会社河北新報社は、3年ぶりのリアル開催を目指す。また、リアルイベント終了後には、ROUVYを使用したバーチャルイベントも開催する。

3年間で東北がどう変わったのか、自転車でじっくり感じたい。

「ツール・ド・東北」
東日本大震災の復興支援および、震災の記憶を未来に残していくことを目的に2013年より開催しているサイクリングイベントで、今年で第9回を迎える。主催はヤフー株式会社、株式会社河北新報社。

大会概要~リアルでもバーチャルでも~

大会概要~リアルでもバーチャルでも~

ツール・ド・東北は、順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走るファンライド形式の自転車イベント。2022年は、リアルとバーチャル両方で開催する予定だ。

リアルイベント

今大会では、新型コロナ対策を講じた上で規模を縮小し、コースは2フォンド、参加者は約1,500名を予定している。

開催日程9月17日(土)会場イベント / 9月18日(日)ライドイベント
メイン会場セイホクパーク石巻
定員1500名
リアルイベントコース
本大会プラチナパートナーのソフトバンク株式会社 池田昌人さんは、100kmコースを走るという。

バーチャルイベント

リアルイベント終了後に開催されるバーチャルサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2022 バーチャルライド」では、「ツール・ド・東北」開催の目標の一つである東北三県拡大をバーチャルで実現する。岩手県、福島県、宮城県の3コースを用意し、参加ライダーは実際に撮影したコースを走り、各県の風光明媚な景観などを体感できる。※バーチャルライドの参加は無料

9月24日(土)14:00岩手コース(大船渡ー気仙沼)42km
9月25日(日)14:00福島コース(南相馬ー亘理)60km
10月2日(日)14:00 宮城コース(仙台ー奥松島)45km
バーチャルライドコース
パンサー尾形さんの地元は、東松島。海岸線の道を走るのが楽しみという。

オフィシャルサイクルジャージ発売開始!

オフィシャルサイクルジャージ
モダンでシンプル、明るいデザインは、被災地の希望と再生の代名詞となることを願っている。

スタイリッシュなデザインで人気のブランド、PISSEIとのコラボジャージ。デザインから製造まで一貫して、イタリアで作られている。

グリーン基調のデザインは、自然や震災を経て生まれ変わった東北地方を想起させる。

▶ジャージ詳細・購入はこちら

発売期間5月17日(火)~7月8日(金)
一般価格14,850円(税込)
応”縁”ライダー特別価格11,550円(税込)

  

ツール・ド・東北フレンズによるトークショー

(左から)中西哲生さん、道端カレンさん、パンサー尾形貴弘さん
(左から)中西哲生さん、道端カレンさん、パンサー尾形貴弘さん

ジャージについて

オフィシャルジャージ
  • 道端さん「袖が長いところが気に入っている。素人感が無く強そう。」
  • 中西さん「今年53歳なので、ウェアの力を借りたい。汗をかいてもすぐ吸収してくれるのが嬉しい。」
  • 尾形さん「世界で一番好きな色が緑。収縮性がいいから手を振り易い。」

3年ぶりに東北を走れることについて

昔の自転車を再現する尾形さん
昔乗った自転車を再現する尾形さん
  • 道端さん「エイドステーションでの地元の方とのふれあいが楽しみ。」
  • 中西さん「去年は記者会見までやったのに開催できなかった。今年は無事にレース当日を迎えられることを祈りたい。」
  • 尾形さん「めちゃくちゃ楽しみ。とにかく1位になりたい。」

バーチャルライド実演

バーチャルライド実演

インドアサイクリングアプリ「ROUVY」を使い、バーチャルライドを実演。今回はWahooのスマートトレーナーが使用された。

尾形さんは、スマートトレーナーの実走感に驚いていた。「前から風も来るし、坂も再現される。性格悪いやつが作っているに違いない」とコメント。

スマートトレーナーについては、以下の記事で詳しく紹介している。

バーチャルライド実演
尾形さんの地元をROUVYで走る。この道は夜中になると暴走族が走ると、懐かしそうに話していた。

主催者の声

ヤフー株式会社 取締役 専務執行委員 宮澤弦さん
ヤフー株式会社 取締役 専務執行委員 宮澤弦さん

株式会社河北新報社と共に、東北の復興を長らく支援してきたヤフー株式会社。取締役 専務執行委員の宮澤弦さんは、「東北の地で地元の皆様と交流し、新しい形式でのツール・ド・東北を皆様と一緒に盛り上げたい」と話した。

エントリー詳細

エントリー期間石巻発100km「北上フォンド」5月10日(火)~5月30日(月)
石巻発65km「女川・雄勝フォンド」5月12日(木)~5月31日(火)
定員1,500名
※一般ライダーの出走エントリーは抽選方式

▶エントリーはこちら

まとめ

「ツール・ド・東北 2022」は3年ぶりのリアル開催を目指す。東北の風光明媚な景観、美味しい食事を楽しむ絶好の機会だ。タイムや順位は気にせず、東北の今をじっくり味わいたい。

  • 「ツール・ド・東北」公式サイトはこちら
  • 「ツール・ド・東北」公式Facebookはこちら
  • 「ツール・ド・東北」公式Twitteはこちら
Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYカオコバヤシ

東京在住大学生。大学の自転車サークルに所属し、ロングライドやヒルクライムを楽しむ。特に荒川CRが好き。現在の愛車はGIANT TCR。好きな選手はユンボヴィスマのプリモシュ・ログリッチ。

他の記事も読む

pagetop