【キャニオン】世界限定50台 マチュー・ファンデルプールシグネチャーのシクロクロスバイク「インフライト CF SLX 9 MVDP」を発売

ロードレース、マウンテンバイク・クロスカントリー、シクロクロスとマルチに活躍するサイクリング界の至宝、マチュー・ファンデルプール。そのマチューをシクロクロス世界選手権3連覇(2019, 2020, 2021)に導いたのが、この競技に必要とされる革新的な機能性を盛り込んだ「インフライト」だ。その2023モデルとして最初に発売するのが、世界限定50台のみ生産されるマチューのシグネチャーモデル「インフライト CF SLX 9 MVDP」であり、「エアロード CFR DISC MVDP (発表済み、未発売)」「ラックス CF SLX フレームセット MVDP(発売済み、完売)」に続くマチューのシグネチャーバイク第3弾となる。その他の「インフライト」2023モデルについては、2022年9月発売予定。

シクロクロスレースバイク「インフライト」の特長

マチュー・ファンデルプールシグネチャーの エアロード CFR DISC MVDP (発表済み、未発売) Copyright: Canyon
マチュー・ファンデルプールシグネチャーの エアロード CFR DISC MVDP (発表済み、未発売) Copyright: Canyon
マチュー・ファンデルプールシグネチャーの ラックス CF SLX フレームセット MVDP(発売済み、完売) Copyright: Markus Gruber
マチュー・ファンデルプールシグネチャーの ラックス CF SLX フレームセット MVDP(発売済み、完売) Copyright: Markus Gruber

近年、シクロクロスという競技は劇的に変化してきた。昔はロードレーサーたちがコンディションを維持するためのオフシーズンのトレーニングとして取り組まれてきたものが、今ではライダーの有酸素能力と同様に技術的なスキルが試される、ユニークでスペクタクルな競技へと進化している。砂地獄のような急な下り坂を全開で走り、シケインを乗車したままバニーホップで飛び越えたり、ほとんどの選手がバイクを担いでやっとのことで登るようなテクニカルな傾斜を、乗車したまま力強く駆け上がったりする選手たちの姿を見て、衝撃を受けることは間違いないだろう。

現代のレースにおいて優位に立つためには、バイクを扱うための高度なハンドリングスキル、バランス、ラインを読む戦術眼、そしていざとなればすぐにバイクを肩に担いで走るといった判断力が必要だ。現代の世界最高峰のシクロクロスシーンの中でも最高のライダーたちは、そのすべての資質を備えている。そしてさらにもう一つ、自分たちのレースバイクに全幅の信頼を寄せているのだ。だからこそ、Canyonのエンジニアとデザイナーは、新しいInfliteを開発するために前例に囚われない、大胆な選択をしたのだ。最高のバイクを作るためには、ゼロからのスタートが必要だったのだ。

シクロクロス特有の「担ぐ」「持ち上げながら走る」動作、振動吸収力を高めるトップチューブ屈曲部「キンク」

シクロクロス特有の「担ぐ」「持ち上げながら走る」動作、振動吸収力を高めるトップチューブ屈曲部「キンク」
シクロクロス特有の「担ぐ」「持ち上げながら走る」動作、振動吸収力を高めるトップチューブ屈曲部「キンク」

シクロクロス特有の現象として、バイクを肩に担いで走るシーンが見られる。このためバイクメーカーは、フレームの前三角のスペースを大きく確保するため、トップチューブを高くし、ホリゾンタル形状にすることがよくある。このようにすると肩を入れやすくなる一方で、シートポストの露出が少なくなり、フレックスが制限されるため、振動吸収性が悪くなる。すると、乗り心地が悪化してライダーが疲弊し、バイクをコントロールするためのエネルギーが無駄に必要となり、さらにパワー伝達の効率が悪くなる原因にもなる。

Canyonの開発チームは、この難問に一筋の光明を見出した。凸凹に荒れた路面での乗り心地を向上させ、ライダーの身体能力を温存し、ペダリング効率を向上させながら、フレームの前三角のスペースを大きく確保するにはどうしたら良いのだろうか?Canyonの解決策は、革新的な最新技術を駆使して、保守的なUCIレギュレーションに準拠しながらも優れた機能性を備えるフォルムを実現することだった。その答えがトップチューブの屈曲部、「キンク」だったのだ。

今では有名になったInfliteのシルエットは、この着眼点から生まれた。トップチューブの形状を最適化して大きな前三角のスペースを確保し、肩に担ぎやすいのはもちろん、手でトップチューブを持った時にフィットする、特別な輪郭のデザインを採用。さらにバイクを持ち上げた際に前後バランスを取ってバイクが暴れない位置となるようにその屈曲部の位置を調整した。これにより、シートポストの露出を十分に維持しながらも、肩に担ぐ動作を容易にすることができた。このようにシートポストの露出を増やすことは、現代のシクロクロスバイクでは珍しく、衝撃吸収性と乗り心地を大幅に向上し、さらに優れたペダリングトルクの伝達効率をも実現したのだ。

インフライト CF SLX 9 MVDP

インフライト CF SLX 9 MVDPの仕様

インフライト CF SLX 9 MVDP
インフライト CF SLX 9 MVDP
  • マチュー自身が選んだ特別なカラーリング
インフライト CF SLX 9 MVDP
インフライト CF SLX 9 MVDP
  • コンポーネント:Shimano GRX, R8000系Ultegra Di2
  • パワーメーター:4iiii パワーメーター
  • チェーンリング:46/36
  • スプロケット:11-32T
インフライト CF SLX 9 MVDP
  • ホイール:Shimano Ultegra C36 カーボンチューブレスレディ
  • タイヤ:Schwalbe X-ONE 33mm チューブレスレディ(出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様)
インフライト CF SLX 9 MVDP
  • サドル:SELLE ITALIA Flite Boost Kit Carbonio Superflow MVDP Edition
  • サイズ:XS~2XL(3XS, 2XSは無し)
  • 価格:609,000円*

*表示価格について
ドイツから日本への配送料¥21,500 パーツ配送料¥2,100が別途かかる。またキャニオンの購入は、購入者がドイツ・キャニオン社から直接購入し、個人輸入される形態となる。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれない。消費税額は輸入通関時に税関にて個別に決定されるため、事前に税額を案内することはできない。なお、自転車の関税は無税となっている。消費税は購入者が注文品を受け取る際、配達員の方へ現金にて支払いいただく。

LINK:キャニオン・バイシクルズ

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop