直木賞作家が軽快な筆致で描く新境地。熊谷達也『明日へのペダル』が6月28日発売

いつもの明日は必ずやってくるとは限らない、ある日突然分断されることも。新型コロナ禍で息苦しい時代に、自転車を通して前向きに生きようとする人々の明日へと向かう営みを描く。自ら愛車を駆り入賞も果たす小説家が、ロードバイク愛を込めて描く感動の物語。直木賞作家・熊谷達也の『明日へのペダル』がNHK出版より6月28日発売。

もう何かに夢中になることなんてないかと思っていた……

本間優一は、多少のさざ波はあっても大過なく仙台で会社員生活を送ってきた。50代半ばに差し掛かり、健康上の理由からロードバイク(本格的なスポーツ用自転車)に乗るようになる。部下の唯の指導を受けて、優一のロードバイク技術はめきめき向上していく。思えば本気になって趣味に打ち込むことは、いままでに経験のないことだった。おりしも新型コロナウイルスのパンデミックが仙台にも広がり経済にも影響を及ぼすように。そんな息苦しい状況にあっても、自転車を通して、優一たちは新しい扉を開いてゆく。

直木賞作家であり、自ら愛車を駆りイベント入賞も果たす現在最も自転車に詳しい作家が、ロードバイク愛を込めて描く感動の物語。

【目次】
1 危険水域
2 ロードバイク
3 プロショップ
4 イタリアンバイク
5 フィッティング
6 ビギナーズライド
7 テレワーカー
8 老兵は死なず
9 ステイホーム
10 ヒルクライム
11 コロナ禍にて
12 用意周到
13 百キロライド
14 経営改革
15 涙
16 お人好し
17 DNF
18 リスタート
19 明日へのペダル

駐車場から左折で通りに出て、北へ向かって走り始める。速度は時速二十キロメートル程度。自転車の速度としてはそこそこ速い。だが、体力的にはまだまだ余裕がある。さすがロードバイクだ。・・・・・・気持ちいい。実に気持ちいい。これ以上気持ちの良い乗り物には、いままで乗ったことがない。あらためて不思議な乗り物だと思う。五十代も半ばの大の男が、嬉々として自転車に乗っているというのも奇妙な話だが、事実なのだからしょうがない。――「第6章 ビギナーズライド」

著者紹介

熊谷達也(クマガイ・タツヤ)
​1958年、宮城県仙台市生まれ。東京電機大学理工学部数理学科卒。97年、『ウエンカムイの爪』で第十回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。2000年、『漂泊の牙』で第十九回新田次郎文学賞、04年、『邂逅の森』で第十七回山本周五郎賞、第百三十一回直木賞のダブル受賞を果たす。近著に『潮の音、空の青、海の詩』(NHK出版)、『エスケープトレイン』(光文社)、『無刑人芦東山』(潮出版)ほか

商品情報

明日へのペダル

LINK:株式会社NHK出版

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop