【ツール・ド・フランス2022】プロは練習で何キロ走っているのか?Stravaデータで分析

【ツール・ド・フランス】プロサイクリストの練習量をStravaデータで分析

2022年7月1日からツール・ド・フランスが始まる。

出場者らのトレーニング量はバケモノ級。四六時中走りまくっているイメージだが、実際はどれくらい走っているのだろう。

Stravaが6月28日に発表した独自データを見れば、プロサイクリストのトレーニング量が分かる。やはり凄まじい量のトレーニングをしていた。

日本列島の5倍走るプロサイクリスト

日本列島の5倍走るプロサイクリスト
日本列島はおよそ3,000km

Stravaは、2022年1月から6月までのプロサイクリストのアクティビティデータ*を分析。その結果、1月以降、それぞれのプロサイクリストはレースに向けてトレーニングの中で、それぞれ少なくとも15,000kmの距離を走行していることが明らかになった。

これは、およそ3,000kmと言われている日本列島の5倍の距離、また実際のツール・ド・フランス全21ステージの総距離の4.5倍だ。

その他にも、以下のデータが明らかになった。

400時間以上のトレーニング

プロサイクリストのトレーニング時間は、この半年間で平均して400時間以上を記録。最も多い選手は1月以降600時間近くを記録している。

富士登山46回相当

富士登山46回相当
富士山の標高は3,776 m。

時間や距離だけでなく、2022年に入ってからのトレーニングでプロサイクリストの獲得標高は80,000mを超えている。これはエベレストを20回以上、富士山を46回以上登ることに相当

週1で東京名古屋間の距離をライド

個人ライドの最長距離は300km(186マイル)強に及ぶ。これは東京から名古屋までよりも長い距離。平均的に見ても、プロサイクリストたちは毎週1回、近しい距離のライドをこなしている。

クロワッサン1,500個分のカロリー消費

クロワッサン1,500個分のカロリー消費

この半年間でプロサイクリストたちが積んだトレーニングを見ると、男女それぞれ350,000キロカロリー以上を消費している。これはマカロン4,500個分、クロワッサン1,500個分、ご飯2,000杯分のカロリーに匹敵する。

さらに、ツールが近づくにつれ、毎週30時間以上のライドを記録。週1,000kmを超えるサイクリストもいることが明らかになった。また、プロサイクリストのトレーニングの成果を称えてStrava上で贈られたKudosは、距離に換算すると10mにつき1 Kudosになる。

*ツール・ド・フランスまたはツール・ド・フランス・ファム・アヴェック・ズイフト2022に参加する36人のプロサイクリストの、2022年1月から6月に記録されたアクティビティの統計データを集約。この分析には、Stravaでトラッキングされたライドアクティビティのみが含まれる。

白石峠はツールのStage 7、8に類似

白石峠
白石峠は平均勾配8.6%、標高差は540mの距離約6.4km

大会コース上のセグメントデータを距離と標高に基づいて分析し、今年のツールの鍵となるであろうヒルクライム・セグメントに類似している国内のセグメントを特定。ツールのルートをより身近に感じながら、この夏のライドを世界中のサイクリストに楽しんでいただきたい。

ツールのセグメント日本国内の類似するセグメント
Stage 12 – Alpe d’Huez (TdF)三坂峠TT (愛媛県)
Stage 7 – Grand Ballon (TdFF)Stage 18 – Hautacam (TdF)榛名湖コース(群馬県)
Stage 7 / Stage 8– La super Blanche des Belles Filles (TdF / TdFF)白石峠(埼玉県)

ツール・ド・フランスはいつから?

ツール・ド・フランスは、 7月1日から24日まで開催され、21ステージ、総走行距離3,328kmで構成されている。

ツール・ド・フランス・ファム・アヴェック・ズイフトの第1回大会は、7月24日から7月31日の間に開催される予定。レースは8つのステージで行われ、合計1,029kmをカバーする。

2021年のツールでは、72%のサイクリストがレースのログをStravaにアップロードし、ステージ優勝の62%がStravaに記録されている。

ツール・ド・フランス通の楽しみ方

ツール・ド・フランス通

ツール・ド・フランスの中継を見るだけではもったいない。レース後、選手はStravaにログをアップロードする。速度だったり、パワーだったり心拍が分かるデータだ。それをレース後にStravaで見るのが通の楽しみ方だ。

パワーが一気に上がっているからアタックしたんだろうな、心拍上がりっぱなしでキツかっただろうな、などと想像する。一度目はライブ中継で、二度目はStravaで楽しむのがツール・ド・フランス通だ。

Stravaの最新情報はこちら

LINK:Strava, Inc.

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop