宮城県牡⿅半島の⾃然と暮らしを⾃転⾞で巡りながら学ぶ「ポタリング牡⿅2022」開催

宮城県の東⽇本⼤震災からの復興と⾃然の中の暮らしの現在形を知るサイクリングイベント「ポタリング牡⿅」を開催する。

3年ぶりの現地ライドとなる今年は、「Learning on the saddle-サドルの上の学校-」を新コンセプトに据え、「学び」にフォーカスした4つのコースを⽤意。様々な復興プロジェクトが興った⽯巻のまちなかのまちづくりと震災伝承館を⾒る①CITYコース。Reborn Art Festival本祭の作品を鑑賞、その事務局⻑による思いを聞く②ARTコース。桃浦で現役漁師さんの船に乗り海の仕事とこれまでの挑戦を肌で感じる③SEAコース。牡⿅半島の漁村集落である「浜」を再⽣させ未来へとつなぐ⼈に出会う④FUTUREコース。

いまここでしか聞けない話や⾵景を全⾝で学び取る充実のプログラムだ。夜には⼩渕浜の割烹⺠宿めぐろで海の幸を堪能し、1⽇の学びを振り返る。2⽇⽬は漁師の⼥将さんたちによる朝ごはんを鮎川浜番屋で⾷べたあと、牡⿅半島のワインディングロードを⼥川まで疾⾛する。⾛⾏距離は2⽇間で約90km、獲得標⾼は約1300mとビギナーの⽅でも楽しめるコースだ。

プログラムはサイクリストとして知られ、牡⿅半島の復興計画に携わった建築家・千葉学⽒と、⽯巻で復興まちづくりやサイクルツーリズムに携わってきたメンバーが企画し、地域との連携を密に取りながら毎年アップデートを続けている。9⽉3⽇まで公式ウェブサイトにて参加申し込みを受付けている。

開催概要

  • 名称:ポタリング牡⿅2022
  • 開催⽇:2022年9⽉10⽇(⼟)-11⽇(⽇)
  • 集合時間:9⽉10⽇11時00分⽯巻ホームベース(宮城県⽯巻市渡波栄⽥91)
  • 解散時間:9⽉11⽇15時00分頃(予定)
  • 開催形式:現地集合、解散のライドツアー
  • 開催場所:宮城県⽯巻市、⼥川町
  • ⾛⾏距離:約90km※コースによって⾛⾏距離が異なる
  • コース:
    • ①CITY:震災と復興まちづくり 1⽇⽬⾛⾏距離約34km
    • ②ART:芸術と⽂化の試み 1⽇⽬⾛⾏距離約34km
    • ③SEA:海の仕事と挑戦 1⽇⽬⾛⾏距離約24km
    • ④FUTURE:浜の再⽣と未来 1⽇⽬⾛⾏距離約31km
    • 2⽇⽬全コース共通 ⾛⾏距離約52km(⼩渕浜〜鮎川浜〜御番所公園〜コバルトライン〜⼥川駅〜⽯巻ホームベース)
      スタート:9⽉10⽇12時00分
  • 募集⼈数:各コース8名×4コース
  • 参加費:23,000円/⼈(税込み)
  • 主催:ポタリング牡⿅事務局(クマガイサイクル、そらうみサイクリングLLP、株式会社千葉学建築計画事務所、株式会社オンデザインパートナーズ、about your city)
  • 協⼒(予定・順不同):割烹⺠宿めぐろ、⼀般社団法⼈ISHINOMAKI2.0、株式会社⽯巻⼯房、Reborn-ArtFestival実⾏委員会、株式会社街づくりまんぼう、⼀般社団法⼈はまのね、荻浜漁師江刺寿宏、東京理科⼤学⻄⽥研究室
  • 申し込み期間:2022年7⽉11⽇〜9⽉3⽇

LINK:about your city

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー
Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop