SCOTTのエアロロード「FOIL RC」がフルモデルチェンジ【2023年モデル】

SCOTTからエアロロードバイク「FOIL RC」がフルモデルチェンジして登場する。UCIのロードバイク設計レギュレーションの更新を受けて再構築された新しいFOIL RCでは、エアロ性能が21%向上9%の軽量化にくわえ快適性も向上しているという。

新しいUCI設計基準で再構築したエアロロード

AERODYNAMICS

SCOTTのエアロロードバイクであるFOILシリーズは、2021年モデルでフルモデルチェンジを果たしたばかりだ。その際、ケーブル類をフルインテグレーション化、新たなコックピットの採用で、空力性能を向上させていた。

2020年モデルと最新モデルのFOIL20。ケーブル類のフル内蔵化は見た目にもわかりやすい変化。

>> 2021年モデルの刷新ポイントをもっと知る

2021年モデルではエアロロード「FOIL」が進化

 

2021年のUCIの設計レギュレーション更新を受け、早くもFOIL RCはさらなる進化を遂げることとなった。

新レギュレーションと以前のFOILを出発点として、私たちは常にアタックを決めるライダーを念頭に置いていました。自分から風に向かっていくライダー。このライダーのための完璧なバイクを作りたかったのです。FOIL RCはあらゆる利点を提供するように設計されています。

NEW FOIL RC|SCOTT

新しいFOIL RCでは、時速40kmの出力で40kmを走る場合、従来よりも1分18秒速くなったという。

AERODYNAMICS

写真で見る進化ポイント

大型化されたヘッドチューブはスムーズなケーブルルーティングを可能にするだけでなく、走行時の空気抵抗を減らすフェアリングとしても機能

新型FOIL RCのフォーク。よりディープな幅の広い断面形状と、薄くてより高い位置のクラウンを備えており、どちらも更なるエアロアドバンテージを提供する

ダウンチューブとシートチューブは、システム全体に焦点を当てた設計の具体例だという。

シートステイを下げたドロップドシートステイの設計はシートチューブの柔軟性を上げ快適性を向上させるだけでなく、空気抵抗も少なくなる。

10度角度をつけることで、前方からの空気を回転するスポークに押し込む形だ。

 

ドロップドシートステイのデザインは、ディスクブレーキキャリパーを隠すことができ、空気抵抗を減らすだけでなく、クリーンな外観にも寄与している。

革新的な「Duncan SL Aero CFTシートポスト」と「Creston iC SL Aeroコンボハンドルバー」

2つのパーツで構成されたシートポスト。フロントカーボンピースは路面の衝撃を受けてしなり、乗車位置をキープすることができる。

 

別売りのSyncrosCampbell20 Aero iLリアライト。CFTシートポストに内蔵できるUSB充電式ライトで、通常・昼間・夜間モードの切り替えが可能

コックピット部分は、一体型コンボバーと、ハンドルバー・ステム別体仕様のオプションを備えている。

2023年の完成車ではフロント700x25cリア28cのタイヤを使用している。

より太いタイヤを使用したい場合でも問題ない。フレームには実測30mmまで使用可能なクリアランスがある。


日本国内で展開するNEW FOIL RCのラインナップ等の詳細は9月1日以降にリリースされる

LINK:株式会社スコットジャパン

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop