シュリーマンが《温泉×自転車》がコンセプトのサイクリスト向けプロジェクト「スパイクル」を始動

日本各地の温浴施設再生を手掛ける株式会社シュリーマン(本社:東京都墨田区 代表取締役 平野善之、以下シュリーマン)は、温泉×自転車をコンセプトとしたプロジェクト《スパイクル》を始動させ、その第一弾として9月に千葉県香取市にキャンプ場をオープンする。

《スパイクル(SPACYCLE、以下スパイクル》は温浴施設(スパ)と自転車(サイクリング)を合わせた造語となっており、温浴施設とサイクリストを繋ぎ、サイクリストに楽しんでいただけるだけでなく、温浴施設の利用者増加も目指すプロジェクトだ。

感染症の影響と光熱費の高騰により温浴施設の経営環境は極めて厳しい状況となっている。この2年半の間にシュリーマンのクライアント(温浴施設)だけでも10店以上が閉店・廃業を選択している。

一方ではキャンプ場、グランピング施設といったアウトドアレジャーが人気を集めている。両国駅からサイクルトレインB.B.BASEがイベント列車から通常の快速列車になるほどサイクリストも増え、自転車の楽しみ方の幅も広がった。

サイクリストを経営環境の厳しい温浴施設の新たな顧客創造の対象とし、サイクリスト向けキャンプ場のプロジェクトを発足させることになった。

懐かしい原風景の中を走った後には天然温泉とワイルドなキャンプ飯

会員制予約サイト、グッズや自転車パーツのWEB通販、施設利用者向けのグラベルコースや周辺のサイクリングコースなども順次提供する。その第一弾として2022年9月千葉県香取市にてキャンプ場《スパイクル@カーニバルヒルズ》をオープンする。

施設利用予約には年会費1,000円(税込)のユーザー登録が必要だが、WEB通販や宿泊時の割引をする。レトロ感を味わえる美しく懐かしい原風景の中でサイクリングを楽しんだ後には、黒湯天然温泉(療養泉認定)「美人の湯カーニバルヒルズ」で疲れを癒せる。温泉でスッキリした後の食事は館内食事処の他、自身のテントスペースにて焚火をしながら楽しめる特別メニューとして、鳥の丸焼きや旭川直送のジンギスカンステーキなども用意している。

ファミリーで楽しむというよりは少人数やソロで楽しむ方が向いているキャンプ場となっている。

ちょんまげ頭のデザイナー&アドベンチャーライダー

自転車関連のアドバイザーとして合同会社イナリワークスの高橋サムライ氏を起用。
サムライという名の通り、髪型をちょんまげにして日本各地への自転車旅だけでなく、オーストラリアのシドニー、パース間の大陸横断&往復8,000㎞のチャレンジを成功させており、氏の経験をもとにグラベルコースやサイクリングコースの作成、サイクリストが利用しやすい施設にするための協力をしていただいた。

グラベルコースは地元団体に協力をいただき、コースを準備中。

WEBサイトではオーストラリアの旅をまとめた紀行文やバイクパッキングのパーツレビュー等の投稿を予定しており、継続的にプロジェクトに関わる。アドベンチャー系ライダーとしてだけではなく、国内のモータースポーツカテゴリであるSUPER GTやスーパー耐久に参加しているレーシングマシンのリバリーデザインやTeamUKYOのチームウェアをデザインするなどデザイナーとしても活躍していることから、プロジェクトのロゴデザインや全体のアートディレクションも担当している。

高橋サムライ氏
高橋サムライ氏

施設紹介

スパイクル
  • 名称:スパイクル@カーニバルヒルズ
  • 住所:〒287-0105 千葉県香取市沢13-15(天然温泉リゾート美人の湯カーニバルヒルズ内)
  • 2022年9月1日:プレオープン(プレス、招待者向け)、会員制予約サイトオープン
  • 2022年9月9日:オープン
  • 施設利用料金:
    • 5×5mサイト:3,500円(会員価格:3,000円)
    • 5×9mサイト:5,000円(会員価格:4,000円)
  • 入浴料:
    • 大人:930円
    • 子供:410円(タオル、館内着は別料金でレンタル可能)
  • 鳥の丸焼き、ジンギスカンステーキは予約時に事前注文、現地決済。
  • 温浴施設内の飲食スペースは利用可能。
  • 薪、スェーデントーチは事前予約なしでも現地で購入可。
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:10:00 
  • (会員限定:Earlyチェックイン、Lateチェックアウトあり)

キャンプ道具や御着替など、荷物預かりサービスあり。
チェックイン前に到着し、荷物を預けてからサイクリングを楽しめる。

スパイクルについて

  • 公式サイト:https://spacycle.jp/
  • Twitter:@SPACYCLE_JP
  • Instagram:spacycle_jp
  • LINE:SPACYCLE@071oalkn

LINK:株式会社シュリーマン

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop