MERIDAの中で最も先進的で豊富な機能を搭載したマウンテンバイク新型「ONE-SIXTY」「ONE-FORTY」発表

メリダジャパン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役会長:髙谷信一郎)は、日本国内での独占販売権を有するMERIDA(メリダ)から、先進的で豊富な機能を搭載した新たなフルサスペンションマウンテンバイク「ONE-SIXTY」、「ONE-FORTY」を発表する。

2台のバイクは、それぞれ異なるライダーをターゲットにしていますが、共に「性能に妥協しない」、「フィット感に妥協しない」、「機能に妥協しない」こうした妥協を排除し、メリダのモデルの中で最も厳しい開発・テストプログラムを経て、エンデューロレースやトレイルライドなど、あらゆるライディングスタイルにマッチし、最高のパフォーマンスが発揮できる、数々の新しいテクノロジーとアイデアを盛り込んだ先進的なマウンテンバイクになった。

性能に妥協しない

新しいFAST(Flexstay-Adjustable-Size-Tuned)キネマティックは、新しいロングトラベルフレームのプラットフォームに搭載された新しいデザインになった。クロスカントリーバイクのNINETY-SIXに採用されているフレックスステイを採用することで、バックエンドの剛性を高め、ベアリングの数を減らすことで、軽量化とメンテナンスの軽減を実現。さらにジオメトリーを変えることなく29インチホイールや27.5インチミックスの「マレット」のセットアップに対応することも可能になった。この技術はカーボンフレームとアルミニウムフレームの両方に採用している。

フレックスステイ

フレーム素材については、フルカーボンフレームとフルアルミフレームをラインナップ。どちらも、ジオメトリー、機能、テクノロジーは同じになる。カーボンは、アルミニウムよりも軽量で剛性に優れているが、製造が非常に複雑で時間がかかる。一方、フルアルミフレームは、同じテクノロジーと主要機能を備えているが、カーボンフレームに比べより低価格になっており、どちらを選んでもその高い性能を手に入れることができる。

フィット感に妥協しない

AGILOMETERサイジングシステムを採用しており、従来は身長でフレームサイズを選択するところをライディングスタイルに合わせて選択することが可能。例えば、リーチが長くて安定感のあるバイクを選ぶか、あるいはリーチが短くて活発で機敏なバイクを選ぶか選択することができる。

AGILOMETER

このAGILOMETERサイジングシステムを実現可能にしたのは、新たなドロッパーシートポストとハンドルバー、これら2つが重要なポイントになっている。新たなMERIDATEAMTRドロッパーシートポストは最大230mmという圧倒的なドロップ量から、わずか30mmのドロップ量まで無段階に調整が可能。低いスタンドオーバーハイトとTRドロッパーシートポストの組み合わせにより、最大限の操作性と、上り坂での正しいペダリングポジションを実現した。

MERIDA TEAM TRドロッパーポスト_1
TRハンドルバー

機能に妥協しない

この素晴らしい走りの性能をより完璧にするためには、細かい部分も重要。カーボンモデルには、「MERIDA SERVICE PORT(メリダサービスポート)」という収納スペースを設けており、この収納スペースは「WIRE PORT」ヘッドセットと組み合わせることにより、インターナルケーブルルーティーンのメンテナンス性能を向上している。

MERIDA サービスポート

それだけではなくフレームにチューブを固定できる「TUBE BASE PLATE」や走行音を抑える「リブ付きチェーンステープロテクター」、泥や水しぶきを防ぐ専用の「ショートフェンダー」、さらにカーボンモデルには「Fidlock ボトルゲージマウント」を内蔵と様々な機能を採用。

Fidlock ボトルゲージマウント ©MERIDA
Fidlock ボトルゲージマウント ©MERIDA

その他の特徴

1.MERIDA TEAM TR ドロッパーシートポスト

  • ドロッパーポストを分解することなく、30mm~230mmの範囲でトラベル調整が可能
  • クランプ径を 34.9mm にすることで、チューブ接合部への負担を軽減し、耐久性を向上
  • シートアングルを小さくしたい場合は、10mmオフセットタイプもラインナップ
  • ※ONE-FORTY は10mmオフセットが標準装備となる。
MERIDA TEAM TRドロッパーポスト_2

2.MERIDA TEAM TR ハンドルバー

  • 800mmに比べ、コントロール性と俊敏なハンドリングを実現する780mm
  • Sサイズは18mmのライズを採用
  • Lサイズには、急勾配のコースでも快適なライディングポジションを実現する30mmエクストラハイライズ
TRハンドルバー

3.MERIDA Expert eTRⅡ

  • スペーサーとステム形状を工夫し、スペーサーが複枚数でも一体感のある美しいデザイン
  • Garminマウント、GoPro、ライトなどを装着することが可能
Exper eTRⅡ

4.ワイヤーポート

  • MERIDAが設計したヘッドセットシステムは、すべてのケーブルがヘッドセットを通してフレームに入るため、フレームの構造変更をすることなくすっきりとした外観を実現し、ケーブルのガタツキを低減。
Wire port

5.フェンダー

チェーンとシートステーの間に装着するショートフェンダーが標準装備されており、フレームやピボットなど重要な部分を保護。

6.ストレージソリューション

  • サドル下のMERIDAV-Mountマルチツール
  • チューブベースプレート
  • カーボンモデルにはMERIDA SERVICE PORT
  • カーボンモデルにはフィドロックウォーターボトルケージを内蔵
  • 取り外し可能なリアアクスルレバーの4/6mm六角レンチレバー
MERIDA V-Mount マルチツール ©MERIDA
MERIDA V-Mount マルチツール ©MERIDA
チューブベースプレート ©MERIDA
チューブベースプレート ©MERIDA

7.サイレント

  • リブ付きチェーンステープロテクターと追加シートステープロテクター
  • ライナーやメインピボットを通るケーブルのノイズ低減ルーティング
チェーンステープロテクター ©MERIDA
チェーンステープロテクター ©MERIDA

ONE-SIXTY

ONE-SIXTY6000 ©MERIDA
ONE-SIXTY6000 ©MERIDA

特徴

1.シートアングル79°、ヘッドアングル64°という革新的なジオメトリーにより下りでのバイクの安定性、上り坂での登坂性能を実現
2.フロントトラベル170mm、リアトラベル162mm(29インチ)または171mm(27.5インチ※マレット仕様)
3.フレームはカーボン製とアルミニウム製の2種類をラインナップ
4.AGILOMETERサイジングシステムにより、ライディングスタイルに適したサイズを選択することが可能
5.リンク部のフリップチップにより、ジオメトリーを変更することなく29インチや27.5インチのセットアップが可能で、ライダーの好みに合わせたセッティングが可能
6.新開発のFASTサスペンションキネマティックにより、フレームサイズに応じた適正なサスペンションの動きを実現

ONE-SIXTYはこんな人におすすめ

高いダウンヒル性能をもっているONE-SIXTYは、エンデューロレースなどのレースでタイムを追求する人や、過酷で険しいトレイルやバイクパークなどを走る人におすすめの一台。後輪を27.5インチのマレット仕様にすることで、タイトなバームなども楽しめる。注:Sサイズはマレットが標準スペック。

仕様

  • フレーム重量:カーボン2460g(サイズM)+/-5※日本はS、Lサイズの展開
  • フレーム重量:アルミニウム3660g(サイズM)+/-5※日本はS、Lサイズの展開
  • ※ショック、アクスル、サドルクランプ、ハンガー、ヘッドセットベアリング、ケーブルガイドを除く(重量はフレームサイズによって異なる。)
  • BSA73mmボトムブラケット(ISCG05アダプターを含む)
  • 34.9mmシートポスト
  • 完全一体型ヘッドセット
  • 148x12mmブースト
  • 最大2.5インチ幅のリアタイヤ
  • 230x65mmショック
  • SRAMUDHハンガー
  • ポストマウント200mmダイレクトリアブレーキ
  • 1x仕様、チェーンライン55mm
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク

ラインナップ

ONE-SIXTY 6000

ONE-SIXTY6000 ©MERIDA
ONE-SIXTY6000 ©MERIDA

COMPLETE BIKE ¥858,000[税込](本体価格:¥780,000)

  • カラー:DARK PURPLE(SILVER/BLACK) | EM07
  • サイズ:・S(41cm)/BMS60412 ・L(45cm)/BMS60452
  • ※Sサイズは前輪29インチ・後輪27.5インチ、Lサイズは前後輪29インチの仕様

FRAME SET ¥715,000[税込](本体価格:¥650,000)

  • サイズ:S(41cm)/BMS60412F ・L(45cm)/BMS60452F
ONE-SIXYT 6000
ONE-SIXYT 6000_D3

ONE-SIXTY 500

ONE-SIXTY_500

COMPLETE BIKE ¥451,000[税込](本体価格:¥410,000)

  • カラー:SILK CHAMPAGNE(EVERGREEN/BLK) | EX07
  • サイズ:・S(41cm)/BMS5412 ・L(45cm)/BMS5452
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク

ONE-FORTY

ONE-FORTY6000 ©MERIDA
ONE-FORTY6000 ©MERIDA

特徴

1.シートアングル80°、ヘッドアングル65°というジオメトリーにより急勾配を上れるほどの登坂性能、タフな下りでもバイクが安定
2.フロントトラベル150mm、リアトラベル143mm、前後29インチホイールを標準装備※お好みで27.5インチ(マレット)も可能
3.フレームはカーボン製とアルミニウム製の2種類をラインナップ
4.AGILOMETERサイジングシステムにより、トレイルでの機敏性、安定性を簡単に選択が可能
5.標準スペックでは29インチを装着しているが、リンク部のフリップチップにより、ジオメトリーを変更することなく27.5インチ(マレット)のセットアップが可能
6.新開発のFASTサスペンションキネマティックにより、フレームサイズに応じた適正なサスペンションの動きを実現

ONE-FORTYはこんな人におすすめ

高いダウンヒル性能、ヒルクライム性能とともにバランスの取れているONE-FORTYはアップダウンの激しいトレイルを楽しみつつ、バイクパークでジャンプやタイトなバームを楽しみたい方や、エンデューロレースに参戦している人や、挑戦してみたい方におすすめの一台。

仕様

  • フレーム重量:カーボン2460g(サイズM)+/-5※日本はS、Lサイズの展開
  • フレーム重量:アルミニウム3660g(サイズM)+/-5※日本はS、Lサイズの展開
  • ※ショック、アクスル、フレームプロテクター、サドルクランプ、ハンガー、ヘッドセット、ベアリング、ケーブルガイドを除く(重量はフレームサイズによって異なる。)
  • BSA73mmボトムブラケット(弊社製ISCG05アダプターを含む)
  • 34.9mmシートポスト
  • 完全一体型ヘッドセット
  • 148x12mmブースト
  • 最大2.5インチ幅のリアタイヤ
  • 230x57mmショック
  • SRAMUDHハンガー
  • ポストマウント180mmダイレクトリアブレーキ
  • 1x仕様、チェーンライン55mm
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク

ラインナップ

ONE-FORTY 6000

ONE-FORTY6000 ©MERIDA
ONE-FORTY6000 ©MERIDA

COMPLETE BIKE ¥814,000[税込](本体価格 ¥740,000)

  • カラー:SILK STEEL BLUE(BLUE/RACERED)|FB06
  • サイズ:・S(41cm)/BMF60412・L(45cm)/BMF60452

FRAME SET ¥682,000[税込](本体価格 ¥620,000)

  • サイズ:・S(41cm)/BMF60412F ・L(45cm)/BMF60452F
FRAME

ONE-FORTY 400

ONE-FORTY_400

COMPLETE BIKE ¥379,500[税込](本体価格:¥345,000)

  • カラー:MET. MERIDA GREEN(BLACK) | EG60
  • サイズ:・S(41cm)/BMF4412 ・L(45cm)/BMF4452
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク
撮影協力:ふじてんリゾート マウンテンバイクパーク

会社概要

  • 商号:メリダジャパン株式会社
  • 代表者:代表取締役会長 髙谷信一郎
  • 所在地:〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町11-27 メットライフ川崎ビル6F
  • 設立:2010年6月(創業1890年)
  • 事業内容:自転車の製造販売
  • 資本金:10,000万円
  • URL:https://www.merida.jp/

製品に関する問い合わせ
メリダジャパンお客様相談室 TEL:0465-80-0661
受付時間 9:30~17:30(土日・祝日は休み)

LINK:メリダジャパン株式会社

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop