伝説のライダー「ハンス・レイ氏」とのトレイルライドを漫喫!!|GT Bicycles50周年生誕祭に行ってきた

2022年10月16日(日)、神奈川県小田原市のマウンテンバイクパーク「フォレストバイク」にてGT Bicycles生誕50周年祭が開催されました。

都心から新幹線で1本と好アクセスなこちらのイベントに、筆者が参加してきました。今回はその様子をお伝えします。

GT Bicycles50周年生誕祭とは?|GT’s (Birthday) Party to the People Tour | Tokyo

今回行われたイベント「GT Bicycles50周年生誕祭」は、アメリカ発祥のブランドGT Bicycles(以下、GT)による同社の生誕50周年を記念したイベント。

10月14日(金)~16日(日)にかけて行われ、14(金)と15日(土)には歴代のGTのバイクの展示の他、ショートムービーの上映、GTサポートライダーであるハンス・レイ氏(以下、ハンス氏)、山中真氏らによるトークショー等が実施されました。

ウェアの展示

 

歴代バイクの数々

 

展示バイク

 

翌16日(日)にはハンス氏とのフリーライドを堪能できるイベントが開催。MTBファンはもちろんのことBMX、トライアルファンのライダーがこぞってフォレストバイクに集結しました。

>> 関連リンク(ライトウェイ公式サイト)

GTレジェンドライダー「ハンス・レイ」って?

10月14~16日のGT生誕祭にてメインゲストとして登場した、ハンス氏。

トライアルの世界チャンピオンに何度も輝き、現在はMTBで走れる限界を追求するエクストリームライディングのスペシャリスト。1987年から現在に至るまでチームGTの現役ライダーとして走り、ブランドの全てを知る存在でもあります。誰も走ったことのない世界各地の難コースを走りながらMTBの可能性を広げています。また慈善団体「Wheels 4 Life」チャリティーの創始者で、発展途上国へ自転車の移動手段を届けるためのチャリティー活動も行っています。

近年では都市と自然のコントラストを楽しめるアドベンチャーフィルム、「アーバン・MTB・アドベンチャー」シリーズを自身のYouTubeにて随時配信中。

都市の喧騒と自然の美しさを切り取ったMTBで巡る映像の数々は常にコアなMTBファンから好評を得ています。

主なキャリア

  • 2005年:「Wheels For Life」チャリティを設立
  • 1999年:「MTB Hall of Fame」に招聘
  • 1995-98年:パシフィックブルーのテレビ番組に出演
  • 1990、92、93年:UCIワールドチャンピオン(トライアル)
  • 1989年:NORBAワールドチャンピオン(トライアル)

>> プロフィール(英語・GT Bicycles USA)

>> ハンス・レイ氏Youtube チャンネル

子どもから大人まで、年齢も実力も関係ない!ハンス・レイ氏とのフリーライドを堪能

GTを取り扱い、本イベントの主催者であるライトウェイプロダクツジャパンによるハンス氏の紹介から始まった本イベント。

ハンス氏の紹介

ゲストライダーとして参加した山中真氏(左)とハンス・レイ氏(右)。

ゲストライダーのお二人

筆者は、こちらのバイクをレンタル。

ちなみにここフォレストバイク、レンタルバイクの台数が超充実しています。

大人だけでなく、キッズ用のバイクも充実

 

 

簡単な講習を済ませ、いざハンス氏とのフリーライドスタート!

コース入り口まで参加者一同、和気あいあいと登っていきます。

 

フォレストバイクのスタッフからコースの説明を受ける

 

ハンス氏、正直無茶苦茶速かった……!

同タイミングでスタートしても、直ぐシングルトラックの先に消えていくハンス氏。

さらっとシングルトラック内で飛ぶ一幕も。

 

林の中を駆け抜けるライダーたち

 

上手なライダーはハンス氏とのウィリーも!

 

 

シングルトラックでのフリーライドが一息ついてからは、パーク内のパンプトラックでライド!

子どもも大人も関係なくエキサイティング出来る空間でした。

 

フリーライドに年齢なんて関係ない

フリーライド後はサイン会&フォトセッション!

10:00~12:30の約2時間半に渡るフリーライドでしたが、参加者は終始お祭りモードで各々ハンス氏との時間を満喫していました。

また、フリーライド後はハンス・レイ氏によるサイン会を開催!

サイン会

 

バイクのフレームにサインしてもらう方も!

 

フレームにサインするハンス氏

 

イベントのラストは、参加者とフォレストバイクのスタッフも交えたフォトセッションで幕を閉じました。

 

ダニエルを披露するハンス氏

 

相模湾をバックにフォトセッション

GT Bycyclesとは

GT は、1972年にゲーリー・ターナー氏が自宅のガレージでBMXを作り始めたのを起源とする、1979年に共同経営者リチャード・ロング氏と設立したアメリカの自転車ブランド。ブランド名はゲーリー氏のイニシャルから。1980年以降は、着々とフレームの開発を進めBMXの領域に、1980年代後半にさしかかるとBMX同様MTB界をも席巻しました。また、1991年にはアメリカで最初にアルミ素材を使用したMTB を製作し、チタンフレームなど様々な最先端素材をMTBの世界にもたらしました。現在は、ワールドカップやオリンピックへ参戦する選手へのスポンサードを積極的に行い、アメリカンバイクブランドのうち最も歴史あるメーカーのひとつとして世界中で広くスポーツファンにリスペクトされています。

LINK: GT bicycles

フォレストバイクの詳細

都心からほど近い立地にMTBでの走行環境を構えるマウンテンバイクパーク。

アクセス:神奈川県小田原市荻窪(山の住所のためナビを利用できません)

営業時間:水曜日、土曜日、日曜日、祝日(インストラクターの在籍状況により変更あり)

10:00~16:00(最終入場15:00)

公式サイト

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BY中林鷹一朗

新潟県出身大学生。XCOや王滝のようなエンデュランス系のレースなど、土の上を走るのが好き。が、メインは新潟県のチームに属しながらロードバイクで実業団のレースを走る。愛車はRIDLEYのHeliumⅹ。

他の記事も読む

pagetop