子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはお得?メリット・デメリットや料金の相場を解説

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはお得?メリット・デメリットや料金の相場を解説

「子供乗せ電動アシスト自転車があれば便利だろうな」と思うものの、価格が高くて躊躇してしまう、必要なのは一時的だしよく考えてからにしよう、そんな方は多いかもしれません。

では、買うのではなくレンタルするならどうでしょうか。

今回は、購入とレンタルではどちらがお得なのか、レンタルするとどんなメリットとデメリットがあるのかなど、料金の相場やおすすめのサービスなども含めて解説します。

子供乗せ電動アシスト自転車レンタルのメリット

子供乗せ電動アシスト自転車は、通勤や送迎に大活躍
子供乗せ電動アシスト自転車は、通勤や送迎に大活躍

まずは、レンタルするとどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

2年以下程度なら購入するよりも安く乗れる

購入かレンタルかで悩む場合、気になるのはどちらがお得なのかですね。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタル料金は、5,000円/月が相場です。一方で、子供乗せ電動アシスト自転車の価格は、100,000円〜200,000円ほど。平均では150,000円ほどです。

レンタル購入
費用(目安)5,000円/月100,000円~200,000円
※平均 150,000円
2年間利用した場合120,000円購入金額と同じ

これらの金額をもとに、必要な期間を2年と仮定して計算してみましょう。

2年レンタルすると、120,000円のレンタル料金がかかります。購入するなら150,000円かかりますから、レンタルの方が安く済みますね。

Check!

必要な期間が2年以下程度と考えている方には、安く利用できるレンタルはメリット大。しかし、期間が長くなれば結果は変わってくるので、その点は注意しましょう。

子供の成長に合わせて最適なモデルに乗り換えられる

子供乗せ自転車には、前乗せモデルと後ろ乗せモデルがあります。

メーカーによって対象年齢が決まっており、前乗せは2〜3歳くらいまで後ろ乗せは5〜6歳くらいまでが目安です。

前乗せ1歳以上4歳未満(または体重15kg以下)
後ろ乗せ1歳以上小学校就学の始期に達するまで*(または体重22kg以下)
*2歳以上の使用を推奨。お住まいの地域によっては6歳未満まで

たとえば子供が2歳のときに前乗せモデルの自転車を購入した場合、子供の成長に合わせて後ろ乗せのチャイルドシートを購入して取り付けなければいけません。

Point!

けれど、レンタルであれば前乗せモデルから後ろ乗せモデルに乗り換えができます。

バッテリーの寿命やメンテナンス料の心配がない

バッテリーの残量は本体の液晶表示で確認できる

電動自転車にとって大切なバッテリーは、同じものをずっと使えるわけではありません。使い続けているうちに充電できる容量が減ってしまいます。

使用環境によって異なりますが、目安としては3〜4年ほどがバッテリーの寿命。バッテリーを新しいものに交換しようとすると、その費用は2〜3万円ほどかかり大きな出費となります。

Point!

けれど、レンタルの場合は無料でバッテリーを交換してもらえます。

子供を乗せると、タイヤやブレーキパッドなど他の消耗品の劣化も激しく、メンテナンス料が意外とかかるものです。

Point!

自転車を購入するならこれらの出費も考慮しなければいけませんが、レンタルであればメンテナンス料の心配もしなくて済みます。

月額制なので一度に大きな出費がない

電動自転車を購入したくても、ネックとなるのが購入時の大きな出費ですよね。

子供乗せ電動アシスト自転車の平均価格は150,000円ほど。購入するには慎重になってしまう金額です。

Point!

レンタルなら月々払いなので、一度に大きな支払いがありません。気持ちの負担も家計の負担も少なくすみます。

子供乗せ電動アシスト自転車レンタルのデメリット

子供乗せ電動アシスト自転車をレンタルすると、メリットだけでなくデメリットもあります。

そのデメリットが自身にとって許容範囲なのか、メリットでカバーできる程度のデメリットなのか、感じ方は人それぞれ。

知らなかった…とならないよう、あらかじめデメリットも確認しておきましょう。

2~3年以上の長期でレンタルすると割高になる

購入費用とレンタル費用を比較して、レンタルした方がお得になるのは2年以下程度です。

2〜3年以上レンタルすると、購入費用よりも高くなってくるので注意しましょう。

レンタルは、子供の成長に合わせて乗り換えできるのも魅力のひとつですから、特に同じ自転車をずっとレンタルし続ける場合はレンタルのメリットがないかもしれません。

好きなモデルやカラー、最新車種を選べない場合がある

レンタルサービスによって、商品のラインナップは異なります。

最新車種がなかったり、好みのカラーを選択できない場合もあります。

反対に、新車やカラーを選べるレンタルサービスもあるので、レンタル料金だけで比較せず、ラインナップの豊富さを比較するのもおすすめです。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタル料金相場

子供乗せ自転車(イメージ)

レンタル料金について少し触れましたが、もう少し詳しく見ていきましょう。

子供乗せ電動アシスト自転車は、1年レンタルで5,000円/月ほどが相場です。前乗せモデルなのか、後ろ乗せモデルなのか、前後乗せられる3人乗りモデルなのかでも金額が変わり、3人乗りモデルだと10,000円/月ほどする場合もあります。

レンタルサービスによって料金体系は異なりますが、レンタル期間が長いほど月々の料金が安くなるサービスもあります。その場合、3年契約で3,500円/月ほどになるサービスも。

では、長くレンタルするほどお得なのかというと、一概にそういうわけではありません。

たとえば「2年も必要なのかはっきりしない」「レンタル期間中に転勤になって不要になるかも」という方には、契約期間の縛りがデメリットになることもあります。

Check!

月々のレンタル料金だけでなく、短期レンタル向けなのか、長期レンタル向けなのかなど、契約期間なども比較しましょう。

子供乗せ電動アシスト自転車のおすすめレンタルサービス

子供乗せ電動アシスト自転車を利用できるレンタル・サブスクリプションサービスのおすすめをご紹介します。

※料金は子供乗せ電動アシスト自転車を利用する場合です。

MBR(Mom’s Bike Rental)

「MBR(Mom’s Bike Rental)」は、子育てを頑張るママやパパの声を集めたママチャリレンタルサービスです。利用できる車種は、人気のYAMAHA PASシリーズ。前乗せ(PAS Kiss mini un)、後ろ乗せ(PAS Kiss baby un)、前後に乗せる3人用(PAS Kiss mini un)から選べます。

初めは前乗せでレンタルし、子どもの成長に合わせて後ろ乗せに変更というのもOK。雨の日や寒い日に助かるチャイルドシートレインカバーや、ヘルメットの販売もあります。

契約期間は1ヵ月~2年までの間で短期スパンで選択できるので調整のしやすさも◎。

料金4,950円~/月(2年契約)
契約期間1ヶ月/3か月/6か月/1年/2年
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府
車種ヤマハ PAS シリーズ

LINK:MBR(Mom’s Bike Rental)

\楽天ポイントがたまる!/

e-CHARIty(イーチャリティ)

子供乗せに限らず、電動アシスト自転車のレンタルサービスをおこなう「e-CHARIty(イーチャリティ)」。2ヶ月~の短期レンタルも利用できますが、レンタル料金は継続するほどに安くなるシステムです。

子供を乗せることを前提に作られている子供乗せ電動アシスト自転車は、電動シティサイクルなどに比べると価格は高くなる傾向があります。

イーチャリティは電動シティサイクルも取り扱っているため、価格を抑えたい方はチャイルドシートを取り付けられる電動シティサイクルをレンタルするのがおすすめ。

また、新車レンタルなら最新車種に乗れるのも魅力です。

料金車種により異なる(ブリヂストン アシスタUの場合、4,980円/月+チャイルドシート780円/月)
契約期間2ヶ月~
対応エリア東京都、神奈川県、兵庫県、大阪府、京都府
車種ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック

LINK:e-CHARIty(イーチャリティ)

ハッピーサイクル

「ハッピーサイクル」は電動自転車専門店として、販売・レンタル・買い取りなどをおこなっています。

レンタル車はすべて新車~4年以内の自転車をラインナップし、レンタル期間は1日からOK。レンタル車の配送エリアは都内近郊のみの対応です。

レンタル期間は最長で12ヶ月のため、短期?中期間のレンタルを考えている方、都内近郊にお住まいの方におすすめ。

料金車種により異なる(PAS Babby unの場合、9,610円/月)
契約期間1日~12ヶ月
対応エリア都内近郊(納品・回収送料無料(1ヶ月~))
車種ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック

LINK:ハッピーサイクル

電動自転車レンタルドットコム

「電動自転車レンタルドットコム」は、東京・埼玉・千葉・神奈川、もしくは大阪・京都・兵庫・奈良エリアに対応した電動自転車レンタルサービスです。

子供乗せのラインナップは、後ろ乗せの2人乗り前後乗せの3人乗りの2タイプ。前乗せ2人乗りは、注文時に希望すれば対応してもらえます。

契約期間がないので、必要なくなればいつでも返却OK。レンタル期間の予定が定まっていない方には魅力ですね。

また、どの自転車をレンタルしても自転車保険が付保されています。万が一の事故への備えもあり安心です。

料金4,980円~/月
契約期間なし
対応エリア東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
車種パナソニック、ブリヂストン、ヤマハ

LINK:電動自転車レンタルドットコム

NORUDE(ノルーデ)

サブスクリプションビジネス大賞2021で、ゴールド賞を獲得した「NORUDE(ノルーデ)」。有名メーカーの最新モデルを多数用意したサブスクリプションサービスです。子供乗せ電動アシスト自転車を利用できる一般コースのほか、デリバリーコース、法人コースがあります。

一般コースで子供乗せ電動アシスト自転車を利用する場合最低契約期間は1年となっており、途中解約の場合は契約期間の残債を負担しなければいけません。

とは言え、子供乗せ電動アシスト自転車の月額定額料が他社サービスに比べて安いのが魅力。1年契約よりも3年契約の方が安くなるため、長期レンタルを想定している方におすすめです。

料金3,496円~/月(3年契約)
※一般コースで子供乗せ電動アシスト自転車を利用する場合
契約期間1年/2年/3年
対応エリア*2東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
※引取に行ける場合は全国対象
車種パナソニック、ヤマハ

LINK:NORUDE(ノルーデ)

CycleTrip BASE Nagoya

サイクルトリップ ベース 名古屋は、日本最大級のスポーツバイクレンタル専門店。全車、賠償保険1億円が付帯されています。電動アシスト自転車のレンタルも行っており、子供乗せ電動アシスト自転車も利用できます。

子供乗せ電動アシスト自転車の利用方法は、レンタルサブスク型の2種類。レンタルは1日から、週、月単位の利用も可能です。

1年間契約のサブスク型は、月4,980円で有名メーカーの最新機種が利用できるお得なプラン。毎月1度まで定期点検が無料で受けられるから、いつも安心・安全な自転車に乗ることができます。消耗品や故障部品の交換が無料になるプラスオプションや、ロードサービスの付帯がそれぞれ毎月+500円で選べるのも安心ポイントです。

料金レンタル:3,000円/日(2日目以降 1,000円/日)、5,000円/週、15,000円/月
サブスク型:4,980円~/月(1年契約)
契約期間レンタル:1日、週、月
サブスク型:1年
対応エリア引き取りに来ていただける方
車種ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック

LINK:CycleTrip BASE Nagoya

おすすめレンタルサービス【比較表】

表は横にスクロールしてご覧いただけます。

サービス名MBR
(Mom’s Bike Rental)
e-CHARIty
(イーチャリティ)
ハッピーサイクル電動自転車レンタルドットコムNORUDE
(ノルーデ)
CycleTrip BASE Nagoya
料金4,950円~/月
(2年契約)
車種により異なる
(ブリヂストン アシスタUの場合、4,980円/月+チャイルドシート780円/月)
車種により異なる(PAS Babby unの場合、9,610円/月)4,980円~/月3,496円~/月
(3年契約)
レンタル:3,000円/日(2日目以降 1,000円/日)、5,000円/週、15,000円/月
サブスク型:4,980円~/月(1年契約)
契約期間1ヶ月/3か月/6か月/1年/2年2ヶ月~1日~6ヶ月(12ヶ月は要相談)なし1年/2年/3年レンタル:1日、週、月
サブスク型:1年
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府東京都、神奈川県、兵庫県、大阪府、京都府都内近郊東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
引き取りに来ていただける方
車種ヤマハ PAS シリーズヤマハ、ブリヂストン、パナソニックヤマハ、ブリヂストン、パナソニックパナソニック、ブリヂストン、ヤマハパナソニック、ヤマハヤマハ、ブリヂストン、パナソニック

子供乗せ電動アシスト自転車をレンタルする際の注意点

子どもを自転車に乗せるときは、必ずヘルメットをかぶせましょう。
子どもを自転車に乗せるときは、必ずヘルメットをかぶせましょう。

ここからは、子供乗せ電動アシスト自転車をレンタルする際の注意点を見ていきましょう。

盗難や事故の扱い、契約内容について確認しておく

レンタルサービスによって、契約期間が異なります。

契約期間がなくいつでも返却できるサービスもあれば、契約期間の縛りがあり途中解約の場合は残金を一括で支払わなければいけないサービスもあります。

契約期間の縛りや解約の締め日などを確認しましょう。

また、盗難や撤去、事故に遭った場合の対応や負担費用なども確認しておきましょう。

Check!

修理保証や盗難保証をオプションで付けられるサービスもあります。

子供用ヘルメットを準備する

子供乗せ電動アシスト自転車

子供を自転車に乗せる場合は、「ヘルメットを着用させるよう努めなければならない」とされています。子供の安全を守るため、ヘルメットを準備しましょう。

レンタルサービスによってはヘルメットをレンタルしているところもありますが、子供の頭に合わせて購入するのがおすすめです。

子供用ヘルメットのおすすめをチェック!

保険に加入する

自転車保険(イメージ)

自転車保険への加入を義務としている自治体が増えています。自転車事故による死者数が増加し、損害賠償金が高額化している背景があるからです。

サービスによっては事故の補償が付いていたり、オプションで補償を付けられたりするところもあるので、確認しましょう。

Check!

自転車保険はネットで比較や申込みができます。もしもへの備えはしっかりとしておきましょう。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはどんな人におすすめ?

子供乗せ電動アシスト自転車(イメージ)

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルについて解説してきましたが、結局、レンタルはどんな人におすすめなのでしょうか。以下に当てはまる方は、購入よりもレンタルがおすすめです。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルにおすすめな人

  • 最新モデルや有名メーカーなど、いろんなモデルに乗りたい人
  • 子供の成長に合わせて最適なものに乗り換えたい人
  • 利用期間が2年以下や、2年以内に乗り換えたい人
  • 初期投資をかけたくない人

まとめ

小さな子供がいる家庭は、子供乗せ電動自転車に惹かれますよね。送迎や日々の移動など、きっと役立つことでしょう。

手に入れる方法は購入だけでなく、レンタルという選択肢もあります。

メリットとデメリットを理解し、契約期間や料金などを比較してぴったりのサービスを選んでくださいね。

子供乗せ電動アシスト自転車 関連記事

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYにのみやえみ

お出かけ大好きなライターです。自転車であちこちに出没します。自転車に乗ってどこまでも行けるくらいの体力があると思っているけれど、本当のところは挑戦したことがないから分からない。子どもが大きくなったら、夫婦で自転車旅に出てみたいです。

他の記事も読む

pagetop