【サイクルトリップベース】はじめてのロードバイクはレンタルで試す!あの高級バイクも!

【サイクルトリップベース】はじめてのロードバイクはレンタルで試す!あの高級バイクも!

街をさっそうと走り抜けるロードバイク。スポーティな見た目に魅せられて「乗ってみたい!」と思う方も多いと思います。

しかし、初心者にとって、ロードバイクを始めるのは「ハードルが高い」と感じられるのも事実。価格から買い方、乗り方まで、ママチャリとは大きく違うからです。

「購入前に、まず試してみたい」そんな方におすすめなのが「レンタル」という方法。ロードバイクレンタルのメリットや、おすすめレンタルショップ「サイクルトリップベース」の特徴と利用方法をご紹介します。

カッコよくて健康的!ロードバイクは「大人の趣味」

ロードバイク(イメージ)

「友達に誘われたから」「運動不足解消のため」「アニメや漫画の影響」など、ロードバイクを始めるきっかけは人それぞれ。

きっかけは違っても、趣味としてロードバイクを楽しんでいる方は多く、近年は「ロードバイク女子」も増えています。

ロードバイクのメリット

夢中になれる趣味が見つかれば、毎日が楽しくなりますよね。じつは、無理なく運動できるロードバイクは、「大人」におすすめの趣味。その理由を見ていきましょう。

カッコよくて速い

クイッと下向きに半円を描いたような「ドロップハンドル」が特徴
クイッと下向きに半円を描いたような「ドロップハンドル」が特徴

ロードバイクは、舗装路を「遠くまで」「速く」走るために作られた自転車です。軽量で走行性能を高めた設計のフレームに、前傾姿勢を取りやすいドロップハンドル、路面抵抗の少ない細めのタイヤを装着したロードバイクは、何より見た目がカッコいい!

しかも、ロードバイクに乗り換えただけで、速く走れます。カッコよくて速いから、女性の振り返り率が高い、と感じているロード乗りもチラホラ!?

一人でも楽しめる

ロードバイク(イメージ)

団体競技と違って自転車は一人でも楽しめます。走行性能の高いロードバイクなら遠出も可能。四季を感じながら、自然を楽しむことができます。自分のペースで、ときには気の合う仲間と一緒に多彩な楽しみ方ができるのも、自転車の魅力です。

健康的にダイエット!お腹も足も引き締まる

ロードバイク(イメージ)

無理なく健康的にダイエットしたいなら、ロードバイクは理想的な趣味。ランニングに比べて、ひざや関節への負担が少ないので、長時間続けられるからです。

しかも、ロードバイクは、足の筋肉だけでなく、上半身の筋肉も使う全身運動。続けるだけで、お腹も足も引き締まります。余分な脂肪が落ちて健康的にやせられるのがメリット。筋肉がつけば基礎代謝が上がるため、太りづらくなり体型も維持できます

【消費カロリーの比較(体重60kgの場合)】
(メッツ)*1消費カロリー*2(1時間)
ランニング(8.0km/h)8.3522kcal
ロードバイク(19.3-22.4km/h)8.0504kcal
ロードバイク(22.5-25.6/h)10.0630kcal
ロードバイク(25.7-30.6km/h)12.0756kcal
参照:改訂版 身体活動のメッツ(METs)国立健康・栄養研究所

(*1)運動や身体活動の強度。安静時の何倍に相当するかで表す。
(*2)消費カロリー=強度(メッツ)× 時間(h)×体重(kg)×1.05

ロードバイクはまずレンタルで体験!

いいことづくめのロードバイクですが、安いものでも10万円前後と、ママチャリに比べて高価なのはデメリット。ペダルやライト、鍵なども付属しないことが多いため、最低限必要なものを揃えるだけで、結構な出費になってしまいます。

「乗ってみないと分からない」そう思うなら、まずはレンタルがおすすめ!できれば、普段の自分の生活環境で試してみるのがベターです。

ロードバイク レンタル 3つのメリット

試して買えば「失敗しにくい」

ロードバイクを試すには、試乗という方法もあります。しかし試乗したとしても、短い時間や距離では本当のところはわかりません。乗ってみたい自転車に試乗できたとしても遠出したり、実際に使う場所・時間帯で試したりするのは難しいからです。

その点、レンタルなら、乗りたい自転車を一定の期間自分の生活環境の中でじっくり試すことができます。

エントリー向けロードバイクからミドル、ハイエンドモデルに乗り換えるときは、特に失敗したくないですよね。乗り換えを検討している場合も、レンタルが役に立ちます。

比較検討できる

初めてのロードバイク選びで決めきれない場合は、いくつかレンタルで乗り比べてみるのもよいでしょう。すでにロードバイクに乗っていて、「一度、高級バイクに乗ってみたい」とき、手の届かない高級ロードバイクに乗れるのも、レンタルのメリットです。

移動先で自転車を楽しめる

旅行中など、移動先でレンタル自転車を利用すれば、名所や観光スポットを効率的にまわれます。

風を感じながら走れるのは自転車ならでは。目線が変わるので、歩いてまわるときとは気づくことも違ってきますよ。

街乗りなら「クロスバイク」という選択肢も

「サイクルトリップベース」がおすすめ!

ロードバイクのレンタルは、「サイクルトリップベース」がおすすめです。初めてのかたから中・上級者まで、目的に合うロードバイクがレンタルできます。

日本最大級!「スポーツバイク専門」のレンタルショップ

サイクルトリップベース秋葉原
サイクルトリップベース秋葉原

レンタル店選びでもっとも重視したいのが「品揃えが豊富」なこと。初めてのロードバイク選びはもちろん、乗り換えの場合も、「乗りたい車種がある」ことが第一条件ですよね。

「サイクルトリップベース」は、日本最大級のスポーツバイク専門レンタルショップ。ロードバイクをはじめ、街乗りにぴったりのクロスバイク、E-バイクなど、東京店と名古屋店、合わせて260台*ほどが揃っています。

*) 箱詰めや発注済みを含めた台数

エントリーモデルから高級バイクまで!幅広いラインナップ

初心者でも気軽に楽しめるロードバイク「GIANT CONTEND」シリーズ
初心者でも気軽に楽しめるロードバイク「ジャイアント コンテンド」シリーズ

エントリーモデルの多さもサイクルトリップベースの特徴のひとつ。「ロードバイクに乗ってみたい」という初心者に人気があります。

さらに、乗り換えニーズに適したミドルグレード憧れのハイエンドモデルまで、幅広くラインナップ。中・上級者にもおすすめです。

全車両に自転車保険がつく

自転車保険(イメージ)

自転車保険への加入を義務付ける自治体が増えています。義務化地域で自転車に乗るなら、自転車保険に入らなければなりません。レンタルの場合も同じです。

サイクルトリップベースのレンタル自転車は、すべて自転車保険つき。賠償責任補償最大1億円死亡後遺障害傷害最大300万円入院日額3,000円の保険がついています。レンタル自転車に乗るために、自分で保険に入る必要はありません。

東京と愛知:名所めぐりに最適な立地

サイクルトリップベースは、東京の秋葉原、愛知県の名古屋市中区に店舗を構えています。

東京名所めぐりに最適な秋葉原

サイクルトリップベース秋葉原
サイクルトリップベース秋葉原

「サイクルトリップベース秋葉原」は、都営新宿線の岩本町駅が最寄り。JR秋葉原駅・神田駅からも徒歩圏内の便利な場所にあります。周囲は自転車で走りやすく、ここを拠点に自転車で隅田川エリア、上野、浅草、日本橋、銀座などの名所・観光スポットめぐりが楽しめます。

「栄」に近い千代田エリア

サイクルトリップベース名古屋
サイクルトリップベース名古屋

「サイクルトリップベース名古屋」は、JR鶴舞駅から徒歩5分。名古屋随一の繁華街「栄エリア」に近く、名所めぐりや食べ歩きにも便利です。起伏が少なく、自転車でスムーズに移動できます。

1日、1ヶ月も!選べるレンタル期間

サイクルトリップベースは、ロードバイクを1日単位でレンタルできます。1週間、1ヶ月単位のレンタルも可能です。

中・長期レンタルがお得

スペシャライズド アレー スプリント 2022年モデル(アルテグラ)
スペシャライズド アレー スプリント 2022年モデル(アルテグラ)

ミドル・ハイエンドモデルへの買い替えの場合は、ご自身の生活環境の中でじっくり試したいもの。そんなときは、中・長期レンタルがお得です。

たとえば「世界一速いアルミロードバイク」と言われる『スペシャライズド アレー スプリント 2022年モデル(アルテグラ)』の完成車は、参考価格約450,000円。レンタルなら43,000円で1ヶ月試せます。

気に入ったら購入もできますよ

レンタル料金(秋葉原店)

名古屋店のレンタル料金はこちらで確認できます。

表は横にスクロールしてご覧いただけます。

レンタル期間ロードバイククロスバイクマウンテンバイクE-バイクミニベロ折りたたみなど電動アシスト自転車
1日5,500円~~11,000円1,500円~4,500円1,500円~4,000円6,000円~10,000円3,000円~4,000円6,000円
2日目以降3,500円~8,000円1,000円~3,500円1,000円~3,000円4,000円~6,000円2,000円~3,000円4,000円
1週間15,000円~29,000円11,000円11,000円19,000円~29,000円11,000円15,000円~16,000円
1ヶ月23,000円~43,000円14,000円~15,000円13,000円23,000円~42,000円14,000円15,000円~21,000円*
*) デポジットなしプランあり(28,000円 / 月)

キャンペーン活用でいつもよりお得!

キャンペーンを活用すれば、通常料金よりお得にロードバイクをレンタルできます。現在実施中のキャンペーン*は、レディースデーと「学割」の2つです。

*) キャンペーンは事前の予告なく終了する場合があります。

毎週火曜日はレディースデーで「半額」

女性の方は毎週火曜日は通常料金の半額でレンタルできます。ただし、1ヶ月レンタルは適用されないのでご注意くださいね。

レディースデー毎週 火曜日
対象女性
1日レンタルまたは1週間レンタル
割引レンタル料金の半額
申込方法ホームページ予約フォームのメッセージ欄に「レディス割引希望」と記入
他のキャンペーンとの併用不可
最大3,000円引き!「学割」は全車種対象

「学割」は、1日単位から1ヶ月単位の長期レンタルまで、すべてのプランで適用されます。ロードバイクのお試しはもちろん、「ロードバイクで◯◯一周」など、学生時代の思い出作りも素敵ですね。

一部対象外車両があるので、予約時に確認しておきましょう。

対象女性1日レンタルまたは1週間レンタル
割引1日料金 1,000円割引
1週間料金 3,000円割引
1か月料金 3,000円割引
申込方法ホームページ予約フォームのメッセージ欄に「学割希望」と記入、来店時に学生証を提示
他のキャンペーンとの併用不可

初心者も安心!乗り方を詳しく説明

サイクルトリップベース(説明イメージ)
写真中央の自転車はクロスバイク

ロードバイクはママチャリと乗り方、操作方法が大きく違います。サイクルトリップベースでは、乗る前にサドル高の調整からギアの変え方、走行時の注意点、安全な止まり方まで、スタッフから詳しく説明があるので、初めての方も安心です。英語対応可能なスタッフが在籍しているから、海外の友人と一緒にサイクリング、といった使い方もできますよ。

秋葉原は「宅配サービス」あり

「サイクルトリップベース秋葉原」は、希望の場所に自転車を届ける「宅配サービス」を利用できます。宅配サービスの利用料金は、都内なら3,000円から。千葉・埼玉・神奈川の特定エリアへのお届けも可能です。配達料金の詳細は、こちらで確認できます。

店舗でレンタルした自転車を、引き取りに来てもらうことも可能です。メール、チャット、電話で相談してみましょう。

気に入ったら購入も可能

レンタルした自転車を気に入ったら、返却せずに購入することもできます。その場合は、購入代金からレンタル料が差し引かれるので、レンタルせずに購入するのと費用負担は変わりません。お得なアウトレット車両も販売しています。

ネットで予約!申し込みから返却までの流れ

サイクルトリップベースのレンタルサービスは、ネットで予約できます。

予約

1.公式サイトにアクセス

サイクルトリップベース公式サイト

サイクルトリップベース名古屋はこちらから

2.借りる自転車を選ぶ

①スクロールし、「RAOD BIKEの車両一覧へ」のボタンを押します。

スクロールし、「RAOD BIKEの車両一覧へ」のボタンを押す。

②一覧ページで借りたい自転車を選んで「ご予約」ボタンを押します。

一覧ページで借りたい自転車を選んで「ご予約」ボタンを押す。

3.備品を選択

自転車と一緒に借りたい備品を選択します。鍵とライトは、すべてのレンタルバイクに付いています。

自転車と一緒に借りたい備品を選択

4.貸出日・返却日・受け取り場所を選択

貸出日、返却日、受取場所、レンタル開始時間、返却予定時間を選択します。配達を希望する場合は、配達場所の記載が必要です。

貸出日、返却日、受取場所、レンタル開始時間、返却予定時間を選択

5.レンタルに必要な情報を入力

氏名、住所、年齢、身長など、レンタルに必要な情報を入力します。レンタルには、メールアドレスが必要です。

氏名、住所、年齢、身長など、レンタルに必要な情報を入力

6.支払い方法を選択

支払い方法を選択します。支払い方法はクレジットカード*、現金払いの2種類。店舗で支払う場合は、電子マネー決済も可能です。

*) VISA、MASTER、DINNERS、AMEX、JCB

支払い方法を選択

7.完了

「利用規約に同意します」にチェックを入れ、「予約内容を確認」ボタンを押します。予約が完了したら、確認メールが届きます。

「利用規約に同意します」にチェックを入れ、「予約内容を確認」ボタンを押す。

受け取り

店舗または指定した場所で、自転車を受け取ります。受け取りには、身分証明書が必要です。免許証やパスポートなど顔写真付きの公的身分確認書類を持参しましょう。

支払い

受け取り時にレンタル料金を支払います。支払い方法は次の3つ。

  • クレジットカード
  • 電子マネー決済(交通系ICカード、QRコード)
  • 現金(デビットカードを含む)

デビットカードを含む現金払いの場合は、長期レンタルのときは、+2,000円が加算されます。

デポジット(保証金)について

1週間、1か月の長期レンタルの場合、E-バイク及びカーボン車両は50,000円、それ以外は30,000円のデポジット(保証金)が必要です。デポジットは車体に異常がなく返却された場合は全額返金されます。

保険証にて勤務先や、学生証を確認できるときかつ支払い方法がクレジットカード払いのときはデポジットは不要です。

返却

レンタルした自転車は、受け取った場所と同じ場所に返却するのが基本です。宅配サービスを利用して別の場所に取りに来てもらうこともできるので、事前に連絡・相談してみましょう。

店舗情報

サイクルトリップベース秋葉原

店舗名CycleTrip BASE Akihabara(サイクルトリップベース秋葉原)
住所〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目9番地 宮川ビル1F
営業時間9:00~18:00(平日・土日祝)
定休日水曜日
電話番号050-5530-5790
E-mailinfo_share@cycletrip.jp
アクセスJR秋葉原駅から徒歩4分
JR神田駅から徒歩5分
地下鉄新宿線岩本町駅から徒歩1分

サイクルトリップベース名古屋

店舗名CycleTrip BASE Nagoya(サイクルトリップベース名古屋)
住所〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田2丁目6番14号
営業時間9:00~18:00(平日・土日祝)
電話番号050-5530-5789
E-mailinfo_share@cycletrip.jp
アクセスJR鶴舞駅から徒歩5分

気になるQ&A

当日の貸し出しもできる?

当日の申し込みも可能です。ネット予約ではなく、電話または直接店舗で申し込みになります。

人気車種はすぐに予約が埋まってしまうため、できれば事前に予約することをおすすめします。

予約の変更・キャンセル

予約内容の変更はできる?

事前に連絡すれば、変更可能です。予約受付メールに変更内容を記載して返信すればOK。ただし、代替車両などが準備できない、などの理由で変更できない場合があります。

予約はキャンセルできる?

事前に連絡すれば、キャンセルできます。「予約完了メール」にキャンセルの内容を記載して、返信してください。サイクルトリップベースより、キャンセル受付メールが届いたら、手続き完了です。

キャンセル料は?

前々日までは、無償でキャンセルできます。前日・当日のキャンセルは、キャンセル料金の支払いが必要です。

前々日まで無償
前日キャンセルレンタル料金の50%
当日キャンセルレンタル料金の100%(悪天候の場合は無償)

当日キャンセル

悪天候の場合のみ、電話で連絡すれば、無償でキャンセルできます。悪天候とはレンタル日のレンタル開始3時間前に配達エリアに雨、雪、風、雷、霧に関する警報または注意報が出ている場合です。レンタル開始3時間前に判断がつかない場合は、早めに電話で相談してみましょう。

連絡なく受け取り場所に来ないときも、当日キャンセルになります。天候不順以外の理由による当日キャンセルは、レンタル料金全額の支払いが必要です。

レンタルの延長はできる?

レンタル期間の延長も可能です。利用期間中に延長を希望する場合は、電話またはメールで連絡を入れましょう。

返却時刻に間に合わない!

返却時間に間に合いそうにないときは、事前連絡が必要です。返却時間までに、連絡しましょう。

荷物を預かってもらえる?

店舗にて対面で自転車を受け取る場合は、荷物を預かってもらえます。その場合も、貴重品はご自身で身につけて管理する必要があります。

ホテルなどに滞在中の場合は、宿泊先で預かってもらえることもあるので、確認してみましょう。

利用中のトラブル

故障や事故など、利用中にトラブルがあったときは、すぐに利用を中止し、サイクルトリップベースに連絡しましょう。

故障した場合

利用中にパンクなど故障した場合、返却時に故障が確認されたときは、修理費用の実費負担が必要です。

事故を起こした場合

万が一事故を起こした場合は、速やかに負傷者の救護、警察への通報、サイクルトリップベースへの連絡をおこないましょう。緊急連絡先は、予約メールに記載してあります。

相手がいる事故で、利用規約に基づく対人、対物の保険が適用される場合は、保険の限度額内での補償対応をしてもらえます(詳細は規約をご参照ください)。

予定していた返却場所に返却できない

故障や怪我により、自力での返却が不能になった場合、回収手数料が発生する場合があります。回収手数料は、3km以内3,300円、3km以上は1kmごとに550円が加算されます。

まず、レンタルで試してみよう

「ロードバイクをはじめたい」そう思ったら、まず、レンタルで試してみるのがおすすめです。「じっくり試したい」「あっちにも乗ってみたい」がかなうのは、レンタルならでは。お気に入りの1台が見つかるといいですね。

ロードバイクのレンタルは

サイクルトリップベース

レンタルするならCycleTrip一択!最も安く、最も種類が豊富

日本最大級のスポーツバイク専門レンタルショップ。エントリーモデルから高級バイクまで豊富なラインナップから、お気に入りの一台が選べます。

乗り方を教えてもらえるから、はじめての方も安心です。

名古屋はこちらから

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop