各自治体で自転車保険への加入義務化が進むにつれ、自転車保険を提供する保険会社の補償プランが続々、登場してきています。

「自転車保険への加入は検討しているけれど、できればひとまとめにしておきたいな……」

消費者としては管理する保険の数が増えるのは、あまり嬉しくないですよね。そのような人は自動車保険のプランや特約を一度、見直しましょう。そこで今回は自転車保険もカバーできるセゾン自動車火災保険の”おとなの自動車保険”の特約についてご紹介します。

 

大事なのは最低限の補償内容が付いているかどうか

近年、環境への配慮やガソリンの高騰に伴い、自転車の利用者が増えつつあります。今までは自動車を使っていたが、節約もかねて最近は自転車をよく利用しているという人も多いでしょう。

自動車を運転する場合は自賠責保険への加入が法律で定められているため、どんな人でも必ず自動車保険へ加入しています。

「自動車保険の内容次第では、わざわざ自転車保険に加入しなくても大丈夫だよ」と言われたらあなたはどう思いますか? 朗報ですよね。

実は自動車保険には特約と呼ばれる特別な条件を満たしている契約内容が備えられている場合があります。この特約の部分に自転車事故も補償する内容が含まれていることがあるのです。

しかし、仮に自動車保険の特約に自転車事故を補償する内容が含まれていたとしても、内容が充実していなければ意味がありません。

保険とは万が一の事態に備えるものです。では、自動車保険の特約に自転車事故を補償する内容があった場合、どのような条件を満たしていれば理想の特約と言えるのでしょうか?

 

個人賠償補償は1億円以上、示談代行サービス付き

セゾン自動車火災保険が提供している”おとなの自動車保険”にはえらべる補償(特約)というものがあります。えらべる補償の項目は下記の通りです。

 

  • ロードアシスタンス
  • 弁護士費用特約
  • 自転車傷害特約
  • 個人賠償責任特約
  • ファミリーバイク特約
  • 車両身の回り品補償

 

おとなの自動車保険では通常の基本補償に加え、上記の補償を自由に組み合わせることが可能です。

では、今後の自転車事故に備えて入っておいたほうが良い特約とはどれなのでしょうか? まずは自転車保険に最低限、付いていて欲しい補償内容を改めておさらいしましょう。

 

  • 個人賠償補償は1億円以上
  • 示談代行サービス付き

 

おとなの自動車保険の場合、上記の2つの内容を補償してくれる特約が「個人賠償責任特約」です。

おとなの自動車保険に付けることできる個人賠償責任特約は「保険金額が無制限」「専任スタッフによる示談代行サービス付き」「家族全員の事故が対象」となっています。

おとなの自動車保険の個人賠償責任特約は自転車保険に付いていて欲しい条件をしっかりと満たしています。

一点だけ注意しておきたいのは保険金が適用されるための条件です。

おとなの自動車保険の個人賠償責任特約では、本人が自転車に乗っていて他人にケガをさせてしまった場合に補償されます。例えば、下記のような場合に保険金が適用されます。

 

  • 自転車通学中に他人にぶつかってしまい、ケガを負わせてしまった
  • 子どもが知らない人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • デパートで買い物中、お店に並んでいる商品を落としてしまい、壊してしまった

 

個人賠償責任特約は基本的に相手のケガやモノを壊した場合、補償の対象となります。自分自身のケガは補償してくれません。

 

自転車傷害特約と個人賠償責任特約の2つに加入することでより安心に!

「他人にケガを負わせた場合も怖いけれど、やっぱり自分自身のケガも補償して欲しいなぁ」

このような人はおとなの自動車保険に「個人賠償責任特約」「自転車傷害特約」の2つをセットで付けておきましょう。

おとなの自動車保険の自転車傷害特約は主に下記のような場合に保険金が適用されます。

 

  • 自転車に乗っているときに転倒してしまい、ケガを負った
  • 道を歩いているときに前から自転車に乗って走ってきた人とぶつかり、ケガをした

 

個人賠償責任特約とは違い、自転車傷害特約では自分自身のケガを補償してくれます。つまりおとなの自動車保険に「個人賠償責任特約」と「自転車傷害特約」の2つを付けることで、他人へのケガやモノの破損、そして自分自身のケガの両方を補償対象にすることができます。

 

自転車傷害特約の具体的な保険金の金額は下記の通りです。

死亡保険金:500万円

後遺障害保険金:20万円〜500万円(後遺障害の程度による)

入院一時金:10万円(入院5日以上)

入院保険金:5,000円(入院1日につき)

 

おとなの自動車保険に限らず、すでに自動車保険に加入している人は、一度、自動車保険の内容を確認してみましょう。補償内容や条件によっては新たに自転車保険に加入するよりもリーズナブルで充実した補償内容を得ることができる可能性があります。

LINEで送る
Pocket