自転車の整備を受けた後に付与される「TSマーク(自転車向け保険)」。

大きな事故に遭った場合に適用されるものですが、対応できる状況は思ったよりも限られています。
具体的にはどういった状況で適用され、どの程度が補償されるのか。
自転車に乗っている人であれば誰もが知っていたい、TSマークに関する基礎情報をご説明します。

TSマークとは?

TSマークとは、

自転車安全整備士が点検確認した普通自転車に貼付されるもので、このマークには傷害保険と賠償責任保険、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)が付いています(付帯保険)。
※「TS」は、TRAFFIC SAFETY(交通安全)の頭文字をとったものです。

出典:公益社団法人 日本交通管理技術協会

つまり、自転車整備をしっかりとしている人であれば付与される保険のこと。青(第一種)と赤(第二種)の2タイプがあり、補償内容が異なります。

<賠償責任補償>

第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に適用されるもの。

  • 青マーク:1000万円
  • 赤マーク:1億円

 

<障害補償>

交通事故によって事故の日から180日以内に入院、死亡又は重度後遺障害を負った場合に支払われるもの。

  • 青マーク:30万円(入院15日以上は1万円)
  • 赤マーク:100万円(入院15日以上は10万円)

 

<被害者見舞金>

第三者(被害者)に傷害(入院加療15日以上)を負わせ、法律上の損害賠償責任を負担した場合に適用されるもの。

  • 青マーク:なし
  • 赤マーク:10万円(入院15日以上)

TSマークの適用範囲は?

自分が事故に遭うだけでなく、相手に怪我を負わせてしまう可能性が大いにある自転車。

 

TSマークでは、法律上の損害賠償責任を負った場合、青マークは最大5000万円、赤マークは最大1億円の保険が適用されます。

 

しかし、これは死亡又は重度後遺障害を負わせた場合のみ。
重度後遺障害とは後遺障害等級の1~7級に当たるもので、国土交通省が出している資料には第7級の後遺障害として

「一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になつたもの」

「両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの」

※出典:自動車総合安全情報(国土交通省)

などが挙げられています。

つまり、1~7級よりも軽い8~14級に当たる後遺障害はTSマークの補償対象外なのです。

しかし、より軽いと言っても通院費や入院費によって多額の賠償請求が起こる場合もあり、万が一を考えるとTSマークだけでは不十分と言えるでしょう。

より手厚い保障が受けられる保険に入るのが安心

通勤通学やちょっとしたお出かけ、スポーツシーンなど、何かと利用することの多い自転車。頻度が増えればそれだけ事故に遭う確率も高くなります。

 

TSマークはあくまで最低限の補償。より安心して自転車に乗るためには追加で保険に加入するのをおすすめします。

 

中には、月々数百円で家族全員がまとめて入れる上、レンタサイクルや友人の自転車を利用中でも適用される保険があります。さらにはロードサービスが付くものもあり、自転車を利用する際の不安要素をマルッとカバーできるのは嬉しいところです。

 

既に自転車に乗っている人も、これから新しく購入を検討している人も、一度保険について見直してみてはいかがでしょう?

LINEで送る
Pocket