アクサダイレクトと言えば自動車保険のイメージをお持ちの方が多いかもしれません。ですが、自動車保険にプラスすることができる自転車向けの特約も用意されています。そこで今回はアクサダイレクトの自転車保険について解説します。

 

 

アクサダイレクトについて

保険料の安さやプランのシンプルさが特徴のアクサダイレクト。顧客と保険会社に代理店が入りやり取りをする代理店型の自動車保険と違い、アクサダイレクトは電話やインターネットで直接顧客とやり取りを行うため、中間コストが発生しません。アクサダイレクトという名前も、直接(=ダイレクト)顧客とやりとりをすることからついたものなのです。

補償内容は、すべての方が対象となる「基本補償」をベースに、自由に選べる「追加補償」を組み合わせて、それぞれのニーズにあった自動車保険を組み立てることができます。

自転車保険も追加したい場合は「基本補償」に「人身傷害補償特約」、「追加補償」に「アクサ安心プラス」に加入する必要があります。

下記では「人身傷害補償特約」「アクサ安心プラス」の詳細について見ていきましょう。

希望に沿って保険金を選択できる「人身傷害補償特約」

人身傷害補償特約は、運転者自身や同乗者が事故でけがを負ってしまったときに、その治療費など実際の損害に対して保険金が支払われるものです。過失割合に関わらず実際の総損害額を、保険金額を限度に示談解決を待たずスピーディーに受け取ることができます。

この特約に「人身傷害補償特約」と「人身傷害補償特約(搭乗中のみ補償)」と記載される2タイプがあり、前者のみ自転車事故に適用されるます。すでにアクサダイレクトの保険を契約している場合は自身が加入しているタイプを確認しておくと安心でしょう。

支払い対象の保険金は、治療費・休業損害・精神的損害・逸失利益・後遺障害の介護料などがあります。約款に定められた重度後遺障害が生じ、かつ介護を必要とする場合、保険金額が無制限のときを除き、保険金額の2倍を限度に保険金が支払われます。

保険金額は「3000万円〜1億円」「無制限」から選ぶことができ、「3000万円〜1億円」は1000万円単位で選択することができ、1億円以上を希望する場合は無制限を選択することになります。アクサダイレクト調べによると約半数の方が5000万円を選択しているようです。

出典:アクサダイレクト

アクサダイレクト:人身傷害特約

加入必須の「アクサ安心プラン」

「日常生活賠償責任保険特約」は、自分や家族が自動車事故で相手にケガをさせてしまった場合に補償されるもので、被保険者および、その親族、配偶者が国内で事故を起こした場合に適用され、限度額は3000万円に設定されています。

この「日常生活賠償責任保険特約」を付帯するためには、自動車保険の特約パッケージ「アクサ安心プラス」に加入する必要があります。アクサ安心プラスは複数の特約が入っているパッケージのことで、自動車保険の基本となる補償「搭乗者傷害保険」に加入している場合に選択することが可能です。

「ファミリープラン」「レディースプラン」「ペットプラン」の3つからニーズに合わせて選ぶことができます。名称は「ファミリー」「レディース」となっていますが、それぞれ家族のみ、女性のみを対象にしているわけではなく、プランに含まれる特約がそれぞれ異なるため違いがわかりやすいように名称が分かれています。

出典:アクサダイレクト

アクサダイレクト:アクサ安心プラス

まとめ

保険プランはシンプルでわかりやすく、個人のライフスタイルやニーズに合わせてフレキシブルに組み合わせることが可能。個人賠償責任の上限金額が3000万円というのは少々不安ですが、人身傷害補償特約では希望に合わせて手厚い補償を受けることができます。

アクサダイレクト:自転車保険について

LINEで送る
Pocket