三井ダイレクト損保の自転車向け保険「ネットde保険@さいくる」。個人賠償責任を最大3億円適用される手厚い補償や、申し込みがネットで完結する手軽さなどが特徴です。今回は保険の内容について詳しく解説します。

 

 

充実した内容の「自転車向け保険 ネットde保険@さいくる」

自転車向け保険 ネットde保険@さいくるとは、三井住友海上が提供している自転車利用者向けの保険です。

商品の仕組みは、自転車事故で自転車を運転していた本人がケガをした場合の「基本となる補償」に加え、「後遺障害等級 第1~7級 限定補償特約」「日常生活賠償特約」などの自動的にセットされる7つの特約で成り立っています。保険期間は1年間で、69才以下の方が加入することができます。また、保険会社による示談交渉サービスや健康・医療・介護・暮らしなどについて電話で無料相談できるサービスが付いているという点もメリットです。

 

<ネットde保険@さいくる>

被保険者として加入できる方

  • 始期日時点における年齢が満69才以下の方

日常生活賠償特約の被保険者

  • 本人
  • 本人の配偶者
  • 本人またはその配偶者と別居の、本人またはその配偶者の未婚の子
  • 1から4までのいずれかに該当する者が責任無能力者である場合は、その者の親権者、その他の法定の監督義務者および監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者

 

自転車保険の内容のうち最も重要とされる個人賠償補償は「日常生活賠償特約」という特約に含まれます。日本国内の生活で起きた事故で相手に怪我をさせてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に適用される補償のことです。今回ご紹介する「本人型プラン」にはA〜Cコースがありますが、年間保険料が3,990円と最も安いCコースでも最大3億円まで支払われます。最低1億円は設定されていると安心な個人賠償補償。3億円は十分な金額と言えるでしょう。

出典:三井ダイレクト損保

インターネットで簡単申し込み!

ネットから簡単に保険の申し込みができるという点も魅力的です。ただし、契約時に保険料を全額支払う必要があり、支払方法は指定されたクレジットカードのみに限られているため注意が必要です。

 

<申し込みのステップ>

  1. [お見積もり・お申し込み]ボタンをクリック
  2. 補償内容の選択
  3. お申し込み
  4. クレジットカードによる保険料払込
  5. 完了(契約成立)

eドライバー保険のみ特約がセットされる

残念ながら、三井ダイレクト損保の自動車保険とバイク保険には、自転車事故の賠償を補償する「特約」はありません。しかし、自動車を自分で所有していないが、誰かに車を借りたり、レンタカーを借りて運転する機会があるという方が入ることのできる「eドライバー保険」には「自転車運転者損害賠償責任補償特約」がセットになっています。これは、他人の自転車を運転していて、歩行者やほかの自転車とぶつかって、相手にけがをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったときに保険金をお支払いする特約です。

借りた車の自動車保険が運転する方を家族の方のみに限定する特約をつけていて、自分が事故を起こしても保険が適用されなかった。自身の事故のせいで、借りた方の自動車保険の等級ダウンしてしまった。など、他人の自動車を運転する場合には多くのリスクがあります。

普段の移動は自転車を利用しているが、運転免許証は持っているので他人の自動車を借りる可能性があるという方に「eドライバー保険」はおすすめです。

まとめ

自動車保険に特約を付帯することができない点は残念ですが、個人賠償補償が最大3億円適用されることや、申し込みが手軽に済むこと、示談交渉サービスなどのオプションが充実していることなど、メリットは大きいです。また、自転車保険単独の「自転車向け保険 ネットde保険@さいくる」はもちろん、たまに自動車を運転する可能性があるという方は「eドライバー保険」も一緒に検討してみるのはいかがでしょう。

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる

LINEで送る
Pocket