ペダル

愛知豊橋市は2019年4月1日に「豊橋市自転車の快適で安全な利用の推進に関する条例」を施行しました。豊橋市は、自転車の活用を推進する取り組みを行っており、自転車交通の安全安心の確保と利用の拡大を目的とし、条文には交通ルール守る事や、自転車利用者には自転車損害賠償保険などの加入を義務化することなどが盛り込まれました。(自転車損害補償保険等の加入は2019年10月1日より義務化されます)

参考:参考:豊橋市自転車の快適で安全な利用の推進に関する条例

今回の条例では、自転車事故により他人にケガなどさせた場合の損害を補てんすることができる保険に加入するように義務付けられ、市は保険加入を義務化することを、安心して自転車を利用できる社会の実現が求められることや、近年、自転車事故の高額賠償事例が発生していることから、自転車による事故が発生した場合の被害者の救済と加害者の経済的負担軽減のために義務化したと説明しています。

義務の対象者は、豊橋市内で自転車を利用する方が対象となっています。つまり豊橋市に住んでいなくても市外から通勤通学などで豊橋市を自転車で通る方は対象者に含まれます。また年齢に制限はないため未成年者が自転車を利用する場合は保護者が保険に加入する必要があります。また、学校で入るPTA保険や、その他の保険の特約として付帯されている場合もあるので確認しておきましょう。

自転車を利用する事業者は、従業員が個人で保険に入っていたとしても業務中の事故は補償の対象外となるため事業者向けの保険へ加入する必要があります。

ヘルメットの着用に注力

自転車に乗る子ども

2018年愛知県での交通死亡事故において、自転車事故での死者のうちヘルメット非着用は90%を超えています。豊橋市では自転車による交通事故被害軽減のため2016年より自転車ヘルメットの購入費の一部を補助するなど自転車を安心して使えるよう注力してきました。今回の条例でも、市は基本施策を7つあげていて、市が管理する道路の保全や、自転車通行空間・駐輪環境の整備や、自転車の安全な利用に関する交通安全教育に力を入れるとしています。

参考:交通死亡事故発生状況

自転車保険に加入しよう

豊橋市在住の方、自転車で豊橋市を通る方は10月までに自分は保険に加入しているのかを確認し、加入していない場合は必ず保険に加入するようにしましょう。自転車保険は月々数百円から気軽に加入できるものや、家族のうち1人が加入すれば家族も補償範囲に含まれるものなど様々な種類があります。これを良い機会として、今回は加入義務でない方も自転車の安全利用を考えるとともに、自転車保険の加入を検討する機会にしてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket