「自転車保険を検討しているけど、どこの会社の保険がいいんだろう?」
「三井住友海上の自転車保険を検討しているけど、実際どうなの?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、三井住友海上の自転車保険「ネットde保険@さいくる」の概要を解説します。

主な特長から料金、契約前に注意したい点をご紹介します。

自転車保険への加入を検討されている方は、余計な保険料を払う前に、ぜひ最後までご覧ください。

三井住友の自転車保険の特長6つ

三井住友の自転車保険には、以下の特長があります。

  1. 賠償責任を最大3億円まで補償
  2. 保険会社による示談交渉サービスあり
  3. 自分のケガを補償
  4. ネットで手続き可能
  5. クレジットカードで保険料の支払いが可能
  6. 電話で無料相談が可能

それぞれの特徴を解説します。

特長1.賠償責任を最大3億円まで補償

三井住友海上の自転車保険では、自身が事故を起こした場合、被害者に対する賠償責任を3億円まで補償します。

補償の内容は、以下のとおりです。

三井住友海上 自転車保険「ネットde保険@さいくる」

(参考:ネットde保険@さいくる(GK ケガの保険(パーソナル生活補償保険))保険料

表の最上部に該当する「日常生活賠償保険」では、自転車の事故と、日常生活で起きる事故を補償します。

「日常生活で起きる事故」とは、たとえば以下のような事例が該当します。

  • 洗濯機の水が漏れて、下の階を濡らしてしまった
  • 買い物中にお店の商品を壊した
  • 散歩中に飼い犬が通行人に嚙みついた

3億円まで補償があれば、大半の自転車事故や日常生活で起きる事故に対応できるので、安心です。

特長2.保険会社による示談交渉サービスあり

三井住友海上の自転車保険には、保険会社が示談交渉を行うサービスが付いています。

示談交渉とは、事故を起こした際に、加害者と被害者の話し合いによって、トラブルを解決することです。裁判をせずに、示談金額や示談金の支払い方法などの話し合いを行います。

しかし、被害者との示談交渉では、示談交渉に関する知識や経験が必要です。なぜなら、過去の判例をもとに示談金を決めたり、示談書を作成したりするためです。

示談交渉サービスでは、国内で起こった事故であれば、保険会社が示談交渉を行ってくれます。自分で示談交渉を進めるのは不安な人には、おすすめできるサービスです。

特長3.自分のケガを補償

自分のケガに対する補償が可能な点も、三井住友海上の自転車保険の特長です。自転車事故による死亡・後遺障害・入院・手術・通院で保険金が下ります。

自転車事故が発生した日を含めて180日以内に該当した出来事に応じて、以下の通り保険金が受け取れます。

傷害死亡保険金被保険者が亡くなった場合
傷害後遺障害保険金被保険者に、約款が定める後遺障害が発生した場合

 

※傷害補償特約の後遺障害等級表のうち、第1~7級の保険金支払割合(100%~42%)を適用すべき後遺障害に限定して支払い

傷害入院保険金ケガの治療のため、入院した場合
傷害手術保険金ケガの治療のため、手術した場合
傷害通院保険金ケガの治療のため、通院した場合

 

※実際に通院した日のみを補償

※支払限度日数は30日

自転車事故を補償するためには、個人賠償責任保険に加入する方法もあります。しかし、個人賠償責任保険では、自分のケガは補償の対象ではありません。

自分のケガの補償もして欲しい場合は、三井住友海上の自転車保険がおすすめです。

特長4.ネットで手続き可能

三井住友海上の自転車保険は、ネットで手続きができます。

手続きの流れは、以下3ステップです。

  1. 三井住友海上の公式サイトから手続きページへアクセス
  2. 手続き画面の案内通りに、必要事項を入力
  3. 「申し込み」ボタンを押して、手続きが完了

手続き後、契約成立の連絡メールが届いたら、契約が成立です。スマートフォンでの手続きも可能なので、10分で契約を簡単に済ませることができます。

特長5.クレジットカードで保険料の支払いが可能

特長の5つ目は、保険料の支払いがクレジットカードでできることです。

支払い方法がクレジットカードの一括払いのみなので、クレジットカードを持っていない方は注意しましょう。

特長6.電話で無料相談が可能

三井住友海上の自転車保険では、電話での無料相談が可能です。以下について、無料で電話相談ができます。

ジャンル概要相談例
健康・医療
  • 医療機関の情報提供
  • 人間ドックの紹介
  • 三大疾病のセカンドオピニオンに関する情報
  • 女性医師への相談
「気になる症状がある」

 

「市内の専門病院が知りたい」

介護・暮らしの相談
  • 介護保険の相談
  • 介護サービスの相談
  • 弁護士、税理士への相談
「寝たきりになってしまった親がいるが、どうしたらいいか分からない」
情報提供・紹介サービス
  • 12才以下の子育て相談
  • 冠婚葬祭に関する質問
  • ベビーシッターの紹介
「ベビーシッターを利用したいが、どこがいいのか分からない」
認知症・行方不明時の

 

対応相談

  • 認知症の日常的な介護の相談
  • 認知症の方が行方不明になった際のアドバイス
「地域の地域包括支援センターを教えて欲しい」

上記は相談内容の一例です。他にも、相談したい内容に対応している可能性があります。

詳細は、三井住友海上の生活サポートサービスページをご覧ください。

三井住友の自転車保険の保険料

三井住友海上の自転車保険料は、以下の通りです。

三井住友海上 自転車保険「ネットde保険@さいくる」 保険料

(参考:ネットde保険@さいくる(GK ケガの保険(パーソナル生活補償保険))保険料

プランによって被保険者、コースによって保険料が異なります。どのプランやコースが自分に合っているかを考えて、契約しましょう。

三井住友の自転車保険に加入する際は、補償の重複に注意

複数の保険に加入している際は、補償の重複に注意しましょう。

補償の重複とは、加入している保険が複数ある際に、補償の内容が被ってしまうことです。家族が保険に加入している場合にも注意が必要です。

補償が重複している分は、保険料の支払いに無駄が発生しています。

たとえば、妻が個人賠償責任保険に加入済みで、夫が夫婦型の三井住友海上の自転車保険に入ったとします。このケースでは、妻がどちらの保険でも被保険者となっている分、保険料を余計に払っています。

この例では、自転車保険を本人型か配偶者対象外型にすることで、補償の重複を避けられます。もしくは妻が個人賠償責任保険を解約する方法も選べます。

他によくある例としては、クレジットカードに保険が付帯しているケースが挙げられます。契約前にあらかじめ確認しましょう。

まとめ

三井住友海上の自転車保険「ネットde保険@さいくる」について、以下に内容を解説しました。

  • 最高3億円の賠償責任を補償
  • 示談交渉サービスつき
  • 自分のケガも補償
  • ネットで手続きし、保険料の支払いはクレジットカード
  • 電話で多ジャンルの相談サービスあり
  • 加入時は補償の重複に注意

三井住友海上の自転車保険は、月額に換算すると、最安で257円から加入できます。

自転車保険で迷われている方は、三井住友海上の自転車保険を、選択肢に入れてみてください。