自転車事故がニュースでたびたび報道されています。

万が一、自転車での事故に備える手段として保険は最も有効です。

自転車の事故へ備える保険は、自転車を使う頻度に応じてサービスを選びましょう

万が一の自転車事故にリーズナブルに備えておくミニマムタイプ 個人賠償補償1億円かつ示談代行サービス付きの保険に加入する
個人賠償の補償対象は家族全員 DeNAトラベル「自転車の責任保険」
自転車が毎日の生活で欠かせないヘビーユーザータイプ 個人賠償補償1億円かつ示談代行サービスはもちろん、ケガの補償(傷害補償)もついた自転車保険にも加入する
ちゃりぽ「自転車あんしん保険」
ロードバイクやクロスバイクで長距離ツーリングなどにでかけるアクティブタイプ 個人賠償補償1億円かつ示談代行サービスケガの補償(傷害補償)に加えて、自転車ロードサービスのある自転車保険に加入する
au損保の自転車保険

自転車事故に備える保険について、マサルくんと一緒に見ていきましょう。

masaru
マサルです!自転車保険は、相手にケガをさせた、自分がケガをした、自転車が故障した3ケースを考えて選ぼう。

自転車保険とは?

whats_jitenshahoken

自転車保険とは、個人賠償補償傷害補償の2つがセットになった保険です。

  • 個人賠償補償相手にケガをさせてしまったり物を壊してしまうなど自転車事故の加害者になり損害賠償責任を負った場合に保険会社より保険金が支払われます
  • 傷害補償事故や転倒などで自分がケガなどした場合の入院や手術に対してや、死亡したり後遺障害を負った場合に保険会社より保険金が支払われます

個人賠償補償には、万が一自転車事故の加害者になったときに被害者との交渉を保険会社が対応してくれる示談代行サービスが付帯されている保険があります。

また、自転車保険の中には付帯サービスとして、自転車の故障などで自力走行不能になった場合に自転車を希望の場所まで搬送してくれる自転車ロードサービスがあります。

masaru

自転車の事故に備えるには、自転車保険はひとつの保険でカバーできる範囲が広くて最もわかりやすい保険だね!

自転車の加害事故事例など、自転車保険の必要性について

自転車の事故によって加害者になった場合の賠償額が高額化していることが保険を必要としている大きな理由です。

また、自転車の事故に備える保険への加入率が高くないこともあり、自転車事故の被害者になったケースも想定して備えておく必要があります。

高額賠償になった事故例

kougaku_baishou

自転車事故による賠償額は高額化している傾向にあります。自転車事故の場合、自動車の自賠責保険のような強制保険がありませんので、加害事故の高額賠償には自身で備える必要があります。

約9,500万円という高額賠償事例

小学5年生の男子は高速で坂を下り、歩行者の女性に正面衝突。被害者の女性はその後意識が戻らないまま寝たきり状態となりました。損害賠償額は9,521万円で、加害者の男子の母親に賠償が命じられた。(平成25年神戸地裁)

自転車事故によるケガにもしっかり備える

自転車事故でケガをした場合でも健康保険が利用でき、高額医療費制度も利用可能です。比較的かるいケガの場合は健康保険でも十分かもしれません。

一方で、自転車保険の加入率は20%程度と決して高くない状況です(参考:日本経済新聞)。もし自転車事故の被害者になった場合に、相手が保険に入っていなかったら、後遺障害が残った場合でも被害者が泣き寝入りせざるをえない状況もありえます。によるケガの補償(傷害補償)にはしっかり備えておくことが大切です。

サイクリスト弁護士萩原崇宏氏自動車事故には自賠責保険という強制保険の制度があります。そのため、事故の被害者は、自賠責を利用することで、自賠責の限度額までは治療費の負担なく治療を受けることができます。・・(中略)・・自転車と自転車、自転車と歩行者の事故においては、加害者側が無保険かつ無資力であるリスクは、被害者側が負担せざるを得ないという問題があるのです。

故障などのトラブルにも安心な自転車ロードサービス

au_road-service
ロードバイクやクロスバイクなどで長距離ツーリングなどするのであれば、自転車がパンクなどの故障をした場合に備えて自転車ロードサービスのある保険に加入しておくと安心です。

au損保が提供しているサービスでは50kmまで自転車を指定の場所まで搬送してくれます

masaru
高額賠償への備えは最低限必要だね!自転車にたくさん乗る場合は、ケガの補償や自転車の故障にも備えておこう!

タイプ別に選ぶならこの自転車保険

自転車保険は、相手にケガをさせてしまった際の個人賠償補償が1億円以上の保険に示談代行サービスのついている保険を選びましょう。

その上で、自転車の利用タイプ別に選ぶならこの自転車保険プランが補償内容からもおすすめです。

recommend_jitensha-hoken01recommend_jitensha-hoken02recommend_jitensha-hoken03recommend_jitensha-hoken04recommend_jitensha-hoken05

トライアスロンや自転車レースに出場するアスリートタイプ

Tri_swim_bike_run
au損保「自転車向け保険Bycle Best」は、自転車競技中のケガ傷害補償の対象となり、自転車練習中などで自走不能な故障をしてしまった場合でも自転車ロードサービスで50kmまで搬送してもらえます。

ロードバイクなどで週末に長距離ツーリングにでかけるアクティブタイプには

cyclist-394274_1280
au損保「自転車向け保険Bycle」は、スピードの出る自転車なので自転車事故による傷害補償の保険金額は特に意識したいところです。ツーリング中の急なトラブルで自走が困難になった場合も自転車ロードサービスがついているので安心。

毎日自転車で移動しているヘビーユーザータイプには

top34
au損保「自転車向け保険Bycle」は、自転車で転んでケガをしてしまったり歩行中に自転車とぶつかってケガをした場合など自転車事故での傷害補償が厚く、自転車がパンクするなど急なトラブルでも自転車ロードサービスがついているので安心。

自転車の事故への備えをリーズナブルしておくミニマムタイプには

14223225590_742c7cfab8_z
au損保「ケガの保険 交通事故」は、本人だけのプランなら月々300円以下でリーズナブルに備えられます。

家族向けには、DeNAトラベル「自転車の責任保険」なら月々300円で家族全員の個人賠償補償がつけられます。

masaru
ケガの補償が高く、自転車ロードサービスもついているau損保がおすすめ!

自転車保険以外で自転車の事故に備える

自転車保険以外にも自転車事故による高額な個人賠償補償ケガの補償に備えらえる保険があります。

自転車事故にリーズナブルに備える選択肢の一つですが、個人賠償補償の保険金額や示談代行サービスの有無などに注意しましょう。

自動車保険や火災保険の特約オプション

自動車保険の特約オプションは、個人賠償補償1億円に満たない保険や、示談代行サービス自転車の事故に関して対応していない保険があるので注意が必要です。ケガの補償に対応しているのは一部のみです。

火災保険の特約オプションは、個人賠償補償が1億円ほぼ示談代行サービスがついています。ケガの補償には対応していません。

クレジットカードのオプション保険

クレジットカードのオプション保険も個人賠償補償が1億円、示談代行サービスがついていますが、カード解約などで保険がきいていないということのなにように注意が必要です

masaru
毎日の生活に自転車がかかせない方には、自転車保険で事故や故障にも備えよう!

自転車保険の加入方法

自転車保険の加入方法は、インターネットで簡単に申し込めます。申し込み日当日から保険開始される即日型の保険もあります。

お支払い方法やタイミングも各社それぞれです。クレジットカードで月払いできるものから、携帯電話のお支払いと一括できるもの、コンビニ決済を利用できるものもあります

自転車保険 申込方法 契約開始日 お支払い方法 月払/年払
au_logo インターネット 契約日当日 クレジットカード/コンビニ決済(年払のみ)/auかんたん決済 月払/年払
logo_travel インターネット 契約日3日後 クレジットカード 年払

まとめ

  • 自転車の事故で1億円近い高額な賠償事例がでています
  • 自転車事故に備えて自転車保険にはいりましょう
  • 自転車でレジャーを楽しんだり毎日の生活で欠かせない方はau損保、リーズナブルに家族の補償に備えるにはDeNAトラベル
masaru
自転車保険で自転車事故に備えて、素敵な自転車ライフを!

各補償など自転車保険のプラン詳細の一覧で比較!
個人賠償補償、傷害補償など各社の自転車保険を一覧で比較してみる!

各補償内容からおすすめの自転車保険をみて決める!
補償内容を総合的に判断!おすすめの自転車保険はこちら

LINEで送る
Pocket