■保険名:自転車の責任保険
(交通事故傷害保険)
■プラン種類:基本コース / 充実コース
■取扱代理店:総合保険センター
■引受保険会社:チューリッヒ保険会社

保険料が安く、示談代行サービス付き、家族全員の高額賠償補償にも対応

総合保険センターの「自転車の責任保険」は、他の自転車保険と比べてもリーズナブルな保険料で、自転車事故の加害者になった場合の高額賠償家族全員が補償されるところが特長です。対象年齢は6歳から70歳まで。

個人賠償補償は、基本コースで最高1億円まで補償されるうえ、加入者本人だけでなく家族も補償対象になります。個人賠償補償が1億円以上あるプランで、家族で加入を検討しているのであればとてもリーズナブルです。

日常生活全般で、他人にケガをさせてしまったりものを壊してしまった場合も補償されます。こちらも家族が補償対象となります。

通勤時の自転車使用による事故にも賠償補償は対応し、示談代行サービスも付いており、突然の事故の際には相手との交渉を代行してくれて頼りになります。

総合保険センター「自転車の責任保険」の申し込みはこちらから!

総合保険センターの「自転車の責任保険」のケガの補償内容

自転車事故などの交通事故でケガをした場合、基本コースなら5日以上入院の場合、入院一時保険金額5万円支払われます。

ワンランク上の充実コースに加入すると、保険料はひと月あたり417円ですが、個人賠償補償が3倍の3億円になり、入院保険金が日額3,400円とケガの補償が厚くなります。

総合保険センター「自転車の責任保険」の申し込みはこちらから!

安心と信頼の実績。総合保険センター

32年間、142万人(2021年1月時点)に利用されてきた総合保険センター。現在も年間約5万人が加入するほど人気があります

加入・申し込みはインターネットで簡単に出来ます。満70歳までの方が加入でき、申し込みしてから3日で保険適用期間がはじまる素早さも魅力のひとつ。

総合保険センター「自転車の責任保険」の申し込みはこちらから!

保険プラン 基本コース 充実コース
保険料 300円/月 417円/月
賠償責任補償 最高1億円 最高3億円
ご本人の補償(自転車事故) 後遺障害保険金 最高160万円 最高1,000万円
入院一時保険金額 5万円 10万円
入院保険金 日額3,400円
手術保険金 ・入院中の手術:34,000円
・上記以外の手術:17,000円
補償対象 ・賠償責任は家族も補償対象
示談代行
付帯サービス
支払方法 クレジットカード
月払/年払 年払

総合保険センター「自転車の責任保険」の申し込みはこちらから!

お子さま向けの保険も用意

小学生総合保険を中心に園児から大学生まで幅広く総合保険センターのこども総合保険を用意しています。総合保険センターは自転車保険のほかにも、こども向けの保険が人気です。お子様がいらっしゃる方はぜひ検討してみてください。

総合保険センターの園児総合保険
総合保険センターの小学生総合保険
総合保険センターの中学生総合保険
総合保険センターの高校生総合保険
総合保険センターの学生のための総合保険(大・短・専門学生向け)

総合保険センターの子供向け総合保険(こども総合保険・交通事故総合保険)の詳細はこちら

マサルでもわかる自転車保険トップ