TSマークの自転車保険と比較!おすすめの自転車保険はこちら

ts_mark

保険名:TSマーク付帯保険
プラン種類:赤色TSマーク、青色TSマーク
引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社

TSマークの自転車保険とは?

TSマークとは、自転車安全整備士の点検と整備を受けることで、自転車に貼り付けてもらえる赤または青のマークです。このTSマークのメリットは自転車事故で加害者になった際の賠償責任補償、被害者見舞金(赤色TSマークのみ)、と自転車事故でケガをしてしまった際の傷害補償の保険がついていることです。自転車は身近な乗り物だからこそ点検整備を受け、万が一に備えてはいかがでしょうか?

保険料は、自転車の点検整備料となり、代金の目安は店の整備代金にもよりますが1,000円から2,000円程度です。TSマークの有効期間は整備を受けてから1年間です。1年ごとに点検整備を受けることで安心して自転車に乗れますね。

TSマーク付帯保険の補償内容は?

それてはTS マーク自転車保険の補償内容を見ていきましょう。自転車を点検整備することで付帯される保険のため、保証内容が特別に手厚いというわけではありませんが、最低限の補償がついています。

青色TSマーク 赤色TSマーク
傷害補償 死亡・重度後遺障害(1~4級) 30万円 100万円
傷害補償 入院(15日以上) 1万円 10万円
賠償責任補償 死亡・重度後遺障害(1~7級) 1000万円 1億円
被害者見舞金 入院(15日以上) 1000万円 10万円

注意すべきポイントは「入院保険金」や「被害者見舞金」は日額ではなく15日以上の入院に対して1回支払われるという点です。

また示談代行サービスはついていませんので希望者は注意が必要です。そして補償の対象となるのは自転車に搭乗中の事故に限定されます。

TSマーク自転車保険の最大の特徴は、TSマークが貼り付けられた自転車に付帯する保険ということです。つまり、自転車に乗った家族や友人等も補償の対象になります。

会社やレンタルサイクルなど、たくさんの人と共有して自転車を使う場合はTSマークを貼ることで補償の付いた自転車に乗ることができます。事業者にとっては特に有効な保険と言えます。

TSマーク自転車保険の加入方法

自転車安全整備店で自転車の点検整備を行い、その自転車が安全であると確認できたら、自転車安全整備士にTSマークを貼ってもらうことで自動的に保険に入ったことになります。整備を受けた自転車店でTSマーク付帯保険加入書綴(お客様用)を受け取って、保険期間の1年間は保管します。

TSマークの有効期間は1年なので、継続するには毎年点検整備をうけて更新する必要があります。
自転車安全整備店であれば、自転車を購入した店でなくても点検整備を受けることができます。整備店かどうかはTSマーク取扱店と表示されていることからもわかりますし、全国自転車安全整備店一覧から探すこともできます。

TSマークを取り扱っている自転車店はこちらで調べられます。

自転車で事故をおこし、自分に過失がある場合は損害賠償金も高額となり、過去の事例をみると賠償額が数千万円になったケースもあります。
TSマーク付帯保険の特徴を理解し、万が一に備えて検討してみてはいかがでしょうか。

TSマークの自転車保険について詳細はこちら

他のおすすめの自転車保険を見つけるならこちらのページからどうぞ。

TSマークの自転車保険と比較!おすすめの自転車保険はこちら

マサルでもわかる自転車保険トップ

LINEで送る
Pocket