自転車泥棒を撃退!鍵の種類や鍵のかけ方など盗難を防ぐ5つの方法

自転車で出かけて用事を済ませ、さぁ帰ろうと思ったら、自転車が無い!!なんて経験をした人は多いのではないでしょうか。警察庁の資料(※1)によると、自転車の盗難件数は通報されているだけで約34万件(平成23年度)に達します。自転車を盗られてしまうのは心にもお財布にも大きなダメージです、まして高価なロードバイクや一緒に色んな場所に行った思い入れのある自転車ならそのダメージは計り知れません。

この記事では、自転車の盗難を防ぐための5つの方法と、それでも盗難にあってしまった場合に備えて、盗難保険をご紹介します。

(※1)警察庁「平成23年度の犯罪情勢 35ページ “自転車盗の認知・検挙状況の推移”」

どんなときでも鍵をかける

5416303111_7cc623d5fc_z

鍵をかけていなければ自転車は3秒で持って行かれてしまいます。事実、盗難される自転車のほとんどは鍵をかけてない状態で盗まれています。(※2)

プロの空き巣の犯行時間は平均で5?10分と言われており、犯行に時間をかけるほど捕まる確率が高まるため、彼らは驚くほど短い時間で犯行を行うそうです。

自転車に関しても、泥棒は犯行時間が長くなる事を敬遠する傾向があるそうです。もし自分が自転車泥棒だとして、鍵がついていなければ、それだけでもターゲットの自転車になりえるのです。「すぐに戻るから・・・」と油断せず鍵をかけましょう。

(※2)警察庁「平成23年度の犯罪情勢 35ページ “自転車盗の施錠の有無別認知件数の推移”」

頑丈な鍵を複数使う

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by スズキ ガク

1986年生まれのライター・編集ディレクター・元自転車屋の店員/ 大学を卒業後、自転車日本一周と、ユーラシア大陸輪行旅行を行う。 編集ディレクターとしての担当媒体は「未来住まい方会議 by YADOKARI