元自転車屋が教える!自転車のブレーキ調整方法

安全点検はまずブレーキから

メカニックによって整備の考え方は多少異なるのですが、私は自転車で一番大事な機能はブレーキだと考えています。それは、人の命に関わる機能だから。たとえば、タイヤがパンクしても乗り心地が悪くなるだけで、走ることはできます。ペダルが漕げなくても足で地面を蹴れば自転車は進みます。けれど、ブレーキが上手く働かないと、止まれずに怪我をしたり、人にぶつかったり傷つけてしまうことになります。今回は家でもできるブレーキ点検とメンテナンスの方法をお伝えします。

まずはブレーキの仕組みから!自転車が止まるメカニズム

ブレーキのパーツは主に

・ブレーキシュー(車輪に当たるゴムのパーツ)
・アーム(ブレーキシューを固定する金属部分)
・ワイヤー(ブレーキレバーから伸びるチューブと、そこから出ている細いワイヤー)
・ブレーキレバー(ブレーキの時に握るところ)

の4つで構成されています。後ほど、ご自身の自転車をチェックしてくださいね。

「ブレーキレバー」を握ると、「ワイヤー」がひっぱられ、「アーム」が動き、「ブレーキシュー」が車輪に当たり、スピードを落とす。ブレーキのメンテナンスは、この一連の流れをスムーズにすることが重要です。

注意!家で出来ることには限度があります

工具が無くてもできるブレーキ周りのメンテナンスは

・注油
・破損や故障のチェック
・ブレーキの効き具合の簡単な調整

の3つです。

工具や知識があれば、ブレーキシューやワイヤーの交換など、お店さながらに様々なことができます。しかし、ブレーキはヘタにいじると逆に事故を招く恐れがあるパーツ。しっかりしたメンテナンスは自転車屋さんに行く必要があります。とはいえ、上記3点のメンテナンスだけでも十分効果はあるので、まずはここから始めてくださいね。それでは具体的なメンテナンスの説明に入ります。

ブレーキまわりのHow to チェック

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!



Written by スズキ ガク

1986年生まれのライター・編集ディレクター・元自転車屋の店員/ 大学を卒業後、自転車日本一周と、ユーラシア大陸輪行旅行を行う。 編集ディレクターとしての担当媒体は「未来住まい方会議 by YADOKARI