狭くて賃貸でも大丈夫!室内にロードバイクを壁掛け保管する方法
date : 2015.11.26 update : 2017.10.14

皆さんは大切な自転車をどのように保管されていますか?

シティサイクルに代表されるママチャリ等でしたら野外の駐輪スペースへ置いておくものかと思いますが、ロードバイクやMTB等の高価なスポーツバイクを外に置いておくのは盗難されないかと不安ですよね。

かといって室内に入れるにしても生活スペースへ侵入してきて窮屈な暮らしになってしまう。これではせっかくの自転車ライフも楽しくありません。

そこで今回は筆者が実際に行っている保管方法をご紹介します。

ロードバイクは壁に掛けるべし!

ロードバイクをとりあえず廊下や空いたスペースに置かれている方は多いのではないでしょうか。もちろんそれも間違いではありませんが、やはり居住空間が狭くなってしまうデメリットがあります。

そこで実践したいのが”壁掛け”。よくショップなどで綺麗にディスプレイされているアレです。

しかし「いやいや、うちは賃貸だから壁に穴を開けることなんてできないよ」という方も多いことでしょう。そこでオススメしたいのが[ディアウォール]を使用する方法。
image09
画像の通り、新しく柱を立てればそこを壁とみなして様々な取り付けが可能となります。傷つけることなく様々な用途へ応用できるので非常に便利ですね。

柱を組み立てる

2×4材の木材を購入して床からの高さに合わせてカット。
image04
上下に壁へ固定するための[ディアウォール]を取り付けます。

WAKAI ディアウォール 上下パッド 1セットツーバイフォー
多くのホームセンターやネットショップで販売されているものですので入手も容易でしょう。価格は1,000円前後です。

もし、カットした木材の長さが足りず、グラグラしてしまう場合は100円ショップ等で売っているコルクコースターを挟んで調整しましょう。

バイクハンガーを取り付ける

まずはMINOURA製の[バイクハンガー4R]を入手します。

MINOURA バイクハンガー4R

(参考価格:3600円)

こちらの製品の他にも[4M]というモデルが存在しますが、こちらは主にMTB等のフラットバーの長さへ対応したモデルとなりますのでそれぞれの用途で使い分けましょう。

今回はハンドル幅の短いロードバイクについてですので[4R]の方がピッタリだと思います。

これを説明書に従って柱へゴリゴリ取り付け。
image06
ネジを埋め込む前に予備穴をあけておけば木材が割れてしまう心配も少なくなるでしょう。無事に取り付けが完了したらグラグラしないか最終確認。大切な自転車が落ちてしまっては元も子もありませんからね。

ここでワンポイント。自作柱という利点を生かして様々なアタッチメントを追加することが可能です。例えば洗濯物干しかけ等を一緒に取り付ければちょっとした小物を下げて保管することも出来ます。
image02
IMG_3518

部屋が狭い場合の収納術はとにかく「下げれるものは下げる」が原則ですよ。

ちなみに余談ですが、メンテナンスに使用する工具類も100円ショップのドア掛けアタッチメントやネットを組み合わせる事で空間を節約できます。
image05
image00

自転車を掛ける

ここまでくればもうご説明は不要だと思います。ロードバイクをハンガーへ引っ掛けてあげてください。
image08
image07
筆者の場合玄関先に設置しましたが、部屋の中へ取り付ければインテリアとしてもワンランク上のお部屋作りが可能だと思います。

毎朝ロードバイクを見て目覚め、ロードバイクとともに食事を摂り、帰宅すればロードバイクが迎え入れてくれ、ロードバイクと共に眠りへつく。

最高のライフスタイルですね!友人など呼べば「なんてイケてる部屋!」と羨望の眼差しで見られること間違いなしです。

縦型に収納したいなら

 BIKE HANGER-V
バイクハンガー4Rは自転車のトップチューブに引っ掛けて収納しましたが、部屋の間取りやスペースに合わせて縦型に収納したいときは、同じバイクハンガーシリーズでも「バイクハンガーV」を選ぶと良いでしょう。

バイクハンガーVはフロントホイールを引っ掛けて縦型に収納するスタンドです。もちろん木材も同じものを使用できます。部屋の状況によってはこちらを選んだ方が良い場合もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。壁に掛ければ生活の幅が広がりますし、何よりカッコいい。

そこまで大きな出費ではないと思いますので、気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。


Follow FRAME

Written by onzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。